NATURE ニュージーランド

ちょっとだけNZの自然に詳しくなれるネイチャーマガジン

ランギトト島の隣の島、モトゥタプ島で植林活動に参加しよう!

ランギトト島の隣の島、モトゥタプ島で植林活動に参加しよう!

ランギトト島の隣に、ちょっとだけ陸続きの島がある。
モトゥタプ島 Motutapu Islandと呼ばれるその島は、かつては牧草地だったものの、長年の植林活動の成果が上がって貴重な鳥たちの楽園に変わりつつある。

モツタプ島の自然を支えているのが、毎年何千人と参加するボランティア活動だ。通年参加できるこのボランティアの詳細を追ってみよう。

モトゥタプ島とは?

ランギトト島のすぐ隣にあるモツタプ島。実はランギトトとも地続きになっていて、モトゥタプ島にあるキャンプ場まで歩いて渡ることもできる。(モトゥタプ島への定期フェリーは残念ながら出ていない)

かつては一面の牧草地だった島も、近年のボランティアの植林の努力によって緑が帰ってきた。2000年代にはいってタカへという飛べない鳥もこの島に放たれ、2016年にはついにキーウィも放鳥されるまでになった。10年もたてば、じきにニュージーランドの鳥たちの楽園に生まれ変わるんだろう。

モトゥタプ島でのボランティアの仕事は?

モツタプ島ボランティアの様子 photo by Maunga Kereru

 

ボランティアの主な仕事は、植林、苗木の管理、雑草の駆除などだ。

一年を通していつでも参加でき、毎月2回ペースで「ボランティア・デー」が設けられている。冬場がニュージーランドにおける植林シーズンなので、冬の6~9月あたりは植林デーが別に設置されている。

僕が参加したのは植林デーだったが、50人くらい集まった参加者と一緒にシャベルを借りて、レンジャーの指示を受けながらいろいろな種類の木を植えていった。ハチミツのもとにもなるマヌカの木も植えた。僕らが植えた木も、きっと10年後には大きな森になっているだろう。

夏場は植林ができないから、代わりに植林に使う苗木を管理(植え替えたり、水をあげたり)する仕事がある。体力があれば、島のあちこちに移動して雑草をとる”Weed Buster”に参加しても面白いかもしれない。

モトゥタプ島ボランティアへの参加方法は?

モツタプ島 photo by ScanningPlanetEarth.com

 

The Motutapu Restration TrustのHPに一年の日程が載っている。ちょっと早めにメールで予約をすれば、ほとんどの確率で参加できるはずだ。

フェリー代はたしか通常なら30ドルくらいかかるが、ボランティアメンバーはさらに割引があったと思う(すみません、うろ覚え..)。ほとんど無料同然で植林ボランティア体験ができるのはありがたい。

ちなみに、そのまま帰らず島に泊まることも可能だ。翌日はそのまま歩いてランギトト観光もできるから、そうしてみるのも面白い。

そのほかのボランティア体験談はこちらから!↓

団体名 仕事内容 参加方法と体験談
ティリティリマタンギ島 Tiritiri matangi Island エサ場や水場の管理、バードカウント、植林etc 体験談を読む
アーク・イン・ザ・パーク Ark in the Park トラップを森に仕掛けて害獣退治、ハイキングコースの整備 体験談を読む
モツイヘ島 Motuihe Island 植林、苗の管理 体験談を読む
モツオラ島 Motuora Island 植林、苗の管理 体験談を読む
ロトロア島 Rotoroa Island 植林 体験談を読む
カイパティキ・プロジェクト Kaipatiki Project 植林、苗の管理、外来の雑草退治 体験談を読む
モツタプ島 Motutapu Island 植林、苗の管理、雑草駆除 体験談を読む
シェイクスピア自然公園 Shakespear regional park 植林 体験談を読む

コメントはこちら

*

COMMENT ON FACEBOOK

こんな記事も読まれてます

Return Top