NATURE ニュージーランド

ちょっとだけNZの自然に詳しくなれるネイチャーマガジン

総勢200人以上!シェイクスピア(オークランド)での植林イベントがすごかった!

総勢200人以上!シェイクスピア(オークランド)での植林イベントがすごかった!

オークランドから一時間ほど北にいったところにあるシェイクスピア自然公園(shakespear regional park)。ここはオークランド市の自然公園であると同時に、鉄柵で囲われた鳥の保護区でもある。

毎年冬の時期になると、この保護区内で植林活動が行われていて、僕は2016年にやっと参加することができた。その時の様子をお伝えしてみよう。

シェイクスピア自然公園って?

シェイクスピア ボランティア 植林 イベント オークランド 自然 環境

シェイクスピア自然公園&鳥の保護区。羊もまだいる。

 

オークランドから見て北側、小さな半島の先にあるShakespear regional park。羊の放牧もいまだに行われている、半公園&半牧場のような場所だ。また、敷地は鉄柵で囲われていて、外来の哺乳類(イタチやネズミ)が入ってこれない、鳥類保護区にもなっている。

半島のすぐ先には鳥の楽園として知られるティリティリ島という島があり、そこから飛んでくる貴重な鳥たちの受け皿にもなっているようだ。ベルバード(Bell bird)やカカリキ(Kakariki)というインコ、カカ(Kaka)というオウムなどがシェイクスピアで見られる主な希少種だ。2017年にはキーウィもいよいよ繁殖のために放鳥されるという。

ハイキングコースも充実していて、オークランド随一の潮干狩りスポットでもあるシェイクスピア自然公園。オークランドに来たら必ず行っておきたいイチオシのスポットと言っていい。

【オークランドの自然公園】 シェイクスピア自然公園で見どころ満載のトレッキング!!

オークランドには26もの自然公園(Regional Park)がある。それぞれに特徴的な景色やウォーキングコースがあって素晴らしいハイキングが楽しめるものの、日本人旅行者にはまだまだ知られていない自然公園も多い。そこで、これらを一つ一つ実際に歩いてみて、レポートし…

植林ボランティアの様子は・・!

シェイクスピア ボランティア 植林 イベント オークランド 自然 環境

シェイクスピアでの植林イベント

 

僕はFBのほうで「オークランド・ハイキング・クラブ」というのを運営していて(よかったらご参加ください!)、せっかくだからとそのグループで参加者を募り、総勢30人くらいで植林ボランティアに参加した。

「こんなに人数連れて行ったら、すぐ植える木がなくなって迷惑かもな..!?」

と思っていたけれど、行ってみたらまったくのとりこし苦労だった。会場についたら、実に200人以上の人たちがシャベルを持って植林をしていたからだ!

これだけ規模が大きいと運営側もよくオーガナイズされていて、誘導係、植え方を教える係、場所を誘導する係、ボトルの水や差し入れのバナナを配る係ときっぱりと役割分担が決まっていた。

シェイクスピア ボランティア 植林 イベント オークランド 自然 環境

説明係から植え方を学ぶ

 

丘一面の広大な敷地に苗を植えていくのだがこれも一工夫が施されていた。

ベルト状に植える範囲が決まっているおかげで200人の大集団でも進む方向は常に一定、ゴールの先には炊き出しのブースがあって、植え切ってゴールしたものからソーセージと食パンのホットドックと、熱い紅茶がもらえる仕組みになっていた。もうトヨタもびっくりの全自動ベルトコンベア植林方式である。

数を植えるとそれなりに疲れるし、斜面でシャベルを振るうというのは慣れてないとなかなか体力がいる仕事だ。それでも、ここまでうまくオーガナイズしてくれると気分がいいし、やりきった感が誰の顔からも感じることができた。

シェイクスピアの植林イベントにはどうやって申し込む?

シェイクスピア ボランティア 植林 イベント オークランド 自然 環境

鉄柵で囲まれた保護区内に入っていく。これが唯一のゲートだ。

 

一般的なオークランド地域での自然保護ボランティアの探し方は以前も紹介したので、そちらを参考にしてほしい。

ニュージーランドで自然保護ボランティアに参加しよう!

ワーキングホリデーでニュージーランドに滞在していたなかで、いちばん思い出深い体験だったのが「自然保護のボランティア」だった。最初こそなかなか探し当てることができず、「どうやったらボランティアができるんだろう?」と悩んでいたけど、いったん探し方のコ…

………………

シェイクスピアに限って言えば、Shakespear Open Sanctuary という団体のHPを覗くのがいちばん確実だ。冬の季節、6~9月くらいに広報がでているはず。予約は特にいらず、心配ならメールで「〇〇名参加します」と表明だけすればOKの返事がもらえるはずだ。

そのほかの自然保護ボランティアの体験談はこちらから! ↓

団体名 仕事内容 参加方法と体験談
ティリティリマタンギ島 Tiritiri matangi Island エサ場や水場の管理、バードカウント、植林etc 体験談を読む
アーク・イン・ザ・パーク Ark in the Park トラップを森に仕掛けて害獣退治、ハイキングコースの整備 体験談を読む
モツイヘ島 Motuihe Island 植林、苗の管理 体験談を読む
モツオラ島 Motuora Island 植林、苗の管理 体験談を読む
ロトロア島 Rotoroa Island 植林 体験談を読む
カイパティキ・プロジェクト Kaipatiki Project 植林、苗の管理、外来の雑草退治 体験談を読む
モツタプ島 Motutapu Island 植林、苗の管理、雑草駆除 体験談を読む
シェイクスピア自然公園 Shakespear regional park 植林 体験談を読む

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

こんな記事も読まれてます

Return Top