NATURE ニュージーランド

ちょっとだけNZの自然に詳しくなれるネイチャーマガジン

NZ園芸店での珍体験。モナーク・バタフライの餌となる植物を買って面白かった3つのこと

NZ園芸店での珍体験。モナーク・バタフライの餌となる植物を買って面白かった3つのこと

ニュージーランド最大の蝶、モナーク・バタフライ (Monarch Butterfly)。
夏になるにつれて、オークランドの郊外などで、ふわふわと飛んでいるモナークを何度も見かけるようになってきた。

モナークについてはこちらに詳しい ↓

【ニュージーランドの蝶】 よく見かけるオレンジ色の蝶はなんて名前?+調べて分かった3つの発見

ニュージーランドでは夏に野外を歩いていると、オレンジ色のひときわ大きな蝶が飛んでいるのを目にすることができる。皆さんも、夏のニュージーランドで上の写真のような蝶を見たことはないだろうか?12月に入ってこのオレンジの蝶を頻繁にみかけるようになり、気に…

………..

モナークについて調べてみると、幼虫の餌となる植物はswan plant という、日本語で風船唐綿(ふうせんとうわた)という一年草で、どうやら自宅にこの植物を植えればお庭に飛んできてくれるらしい。それならばと、さっそく園芸店に買いに行ってみた。そこで僕が見たものとは・・・!?

NZの園芸店でモナークの餌「swan plant」購入!

家から近い大きな園芸店「kings plant barn」(HPはこちら)へ行ってみた。このキングスは、ここに行けば大抵の植物は揃うと言っていい大型の園芸店で、オークランド郊外にいくつも支店がある。

スワン・プラントというのはあまり見慣れない植物だったから、見つかるかどうか心配だったものの・・あった!しかも売り場の一番目立つところに、堂々と展示されている。

S__23003138 swan plant ニュージーランド スワンプラント 売り場 モナーク バタフライ
スワンプラントの売り場。まさにお店の一等地に置いてあった!

 

スワンプラントは、見た目はこんな感じ。卵がいくつも産み付けられたらすぐ葉っぱが足りなくなってしまうだろうから、ちょっと多いかな?と言うくらい買った方がいいかもしれない。

S__23003138 swan plant ニュージーランド スワンプラント 売り場 モナーク バタフライ
スワンプラント。2鉢で12ドルなり。

園芸店の”珍百景” スワンプラントにオマケがついてきた!

上の写真のようにたくさんスワンプラントの鉢が並んでいたので、さぁどれにしようかと選んでいたら、面白いものを見つけてしまった。

 

なんだと思う?

 

これ、これ!

S__23003138 swan plant ニュージーランド スワンプラント 売り場 モナーク バタフライ
スワンプラントを買ったら、幼虫がついてきた!

 

モナークバタフライを呼びたくて買いに来たのに、もう幼虫が付いちゃっている(笑)!

それどころか、よくよく見ると大小様々の幼虫がそこかしこにいて、遠目にも幼虫たちが商品をガシガシと食べているのが見て取れる。おそらくは屋外展示なのでモナークが飛んできて勝手に卵を産み付けていったんだろう。しかし明らかにたくさんいるのに、店員さんは幼虫たちを駆除せず完全に放し飼いにしているのも、なんだかNZらしくて面白い。

この売り場では、あまりにも幼虫が多いので、幼虫つきの鉢を選ぶどころか、できるだけ付いてない鉢を選ぶのに苦労したくらいだった。

園芸店の”珍百景”2 もっとスゴイおまけがついてきた!

できるだけ幼虫がすくなくて、なおかつ枝ぶりのいいスワンプラントはないか・・と探していたところ、さらにすごいオマケがついている鉢も見つけてしまった。

幼虫ではなく、その先・・。

もうおわかりだろうか。

そう、これ!

S__23003138 swan plant ニュージーランド スワンプラント 売り場 モナーク バタフライ
ついには、サナギまで発見・・どこまで自由なんだろう。

 

売り場で商品たべて、むしろ食べ終わって、店内で蛹になっちゃってる・・。

蛹つきの鉢なら、もうほとんどready to goではある。それはそうだ、確かにスワンプラントとはモナーク蝶を自宅に呼びたい人が買う植物。しかしまさかサナギ付きまで売られているとは思いもしなかった。もちろん、面白さもあって即購入してしまった。

園芸店の”珍百景”3 さっそく地元住民に話しかけられる

スワンプラントを抱えて駐車場に出ると、さっそく隣に停めてあった車の運転手に話しかけられた。もちろん、知らない人だ。

「スワンプラントを買ったんだね!モナークを呼ぶのかい?」

「そうだよ。みて、もう幼虫もサナギも付いてる。」

「ほんとだ!私の家にもスワンプラントがあるけど、モナークが何匹も周囲を舞っててキレイだよ。でも、植物はもう卵だらけだけどね。ハハハ・・」

なんて、他愛もない会話をして車に乗り込んだ。

ニュージーランド人は本当に気軽に気さくに誰とでも話をはじめるし、鳥や植物など自然のこととなるとなおさら話しかけてきてくれる。ニュージーランドの面白いところだ。

モナークの植物を育てれば、自然にニュージーランド人との接点もできるし、話のネタにもなって、さらには自然を理解することもできる。なんだ、いいことばかりじゃないか。

皆さんも、機会があればNZでぜひスワンプラントをお住まいの庭に植えてみよう。きっといいことがあるかもしれない。

モナーク関連記事はこちらから!

神秘的すぎる!モナーク・バタフライのさなぎを観察→目の前で羽化させる方法

ニュージーランドの最大の蝶として知られ、また最も身近な蝶でもある「モナーク・バタフライ(Monarch Butterfly : オオカバマダラ) 」。大空を飛ぶオレンジの蝶も美しいけれど、実はサナギのころも息をのむほど美しい姿をしている。僕は昨シーズン(2016年)は40匹以…
ついに撮れた!モナーク・バタフライの羽化をタイムラプス動画で観てみよう!!

『モナーク・バタフライを自宅に呼ぼう!』のプロジェクトを始めて1年目、これまで様々な視点からモナークバタフライの記事をかいてきた。オークランドの自宅の庭に餌となる「スワンプラント」を植えるところから始めて、一年目は40匹もの幼虫たちを育てることができ…

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

こんな記事も読まれてます

Return Top