NATURE ニュージーランド

ちょっとだけNZの自然に詳しくなれるネイチャーマガジン

神秘的すぎる!モナーク・バタフライのさなぎを観察→目の前で羽化させる方法

神秘的すぎる!モナーク・バタフライのさなぎを観察→目の前で羽化させる方法

ニュージーランドの最大の蝶として知られ、また最も身近な蝶でもある「モナーク・バタフライ(Monarch Butterfly : オオカバマダラ) 」。大空を飛ぶオレンジの蝶も美しいけれど、実はサナギのころも息をのむほど美しい姿をしている。

僕は昨シーズン(2016年)は40匹以上を育てて、羽化を見守り、空に放った。ここでは、この神秘的なまでのモナークのサナギを室内で観察し、目の前で羽化させる方法を書いてみよう。意外と簡単で、素晴らしい体験になる。ぜひやってみてほしい。

まずはモナークバタフライを育てよう!

swan plant スワン・プラント ニュージーランド

モナークのエサとなるスワンプラント。

 

モナークバタフライの幼虫のエサとなる植物は、スワンプラント Swan Plantという、和名で風船トウワタという一年草のような植物だ。ニュージーランドのオークランドはそれほど寒くないので、冬でも枯れず、年がら年中見ることができる。

スワンプラントについてはこちらに詳しく書いた↓

NZ園芸店での珍体験。モナーク・バタフライの餌となる植物を買って面白かった3つのこと

ニュージーランド最大の蝶、モナーク・バタフライ (Monarch Butterfly)。夏になるにつれて、オークランドの郊外などで、ふわふわと飛んでいるモナークを何度も見かけるようになってきた。モナークについてはこちらに詳しい ↓………..モナークについて調べてみる…

………

これを植えておくと、いつの間にかモナークがやってきて卵が産み落とされ、3週間くらいで立派な幼虫が何匹も見られるようになるはずだ。

モナークのサナギを採集して、見やすい場所に移す

S__23003138 swan plant ニュージーランド スワンプラント 売り場 モナーク バタフライ

モナークバタフライのサナギ

 

しっかり大きくなった幼虫君たちは、そのうち枝を降りて付近を歩き回って、さなぎとなってぶら下がれる場所を探そうとすることがおおい。僕の経験では、低木の茂みや、フェンスのかさ木(?)の雨が当たらないようなところでサナギになることが多かった。

なので、あらかじめ植物を網目の細かいネットで囲って上げておくと、害虫対策にもなって一石二鳥かもしれない。

モナークバタフライのサナギは、根元をちょっと糸で固定してある程度なので、糸をほぐすように(あるいは、ぶら下がっている小枝ごと)採集して、家に持ち帰ろう。

僕のモナークバタフライ・ファーム。安物のカーテンで囲ってあげた笑

僕のモナークバタフライ・ファーム。安物のカーテンで囲ってあげた笑

羽化に失敗!室内でモナークのさなぎを観察する理想の環境は?

サナギを持ち帰ったら、あとは基本的にどこかにぶら下げておけば、2週間ほどで勝手に羽化してくれる。

・・はずだったが、僕は最初に室内に持ち込んだモナークの羽化に失敗してしまった。
プラスチックの飼育ケースを横にして、天井部分にサナギの根元をセロテープで張り付けたのだが、どうやらこれがいけなかったらしい。

なぜかというと、これだと羽化した蝶が停まれる場所がないのだ。羽化のあと、サナギの殻にしがみつくのが居心地が悪いと蝶は足を伸ばして移動しようとする。周囲がつるつるだと、バランスを崩して羽根が伸びきる前に落ちてしまうのだ。だから、プラスチックケースに付けるのも、セロテープで固定するのも避けたほうがいい。

僕はその失敗を踏まえて、どうモナークのサナギを室内で観察するか考えてみた。イメージとしては、盆栽のような枝ぶりの枯れ枝に規則正しくサナギをぶら下げたい。そんなことを考えながらドライブしていたら・・あった!こんなところに理想の枝が!

ニュージーランドならどこでも生えている、フラックス (Flax)!
フラックスが花を咲かせるために伸ばす枝は強度があって、一昨年のものも、折れずによく残っているのを見かける。これを持って帰って使ってみると・・

フラックスの枝を使ってモナークのサナギを観察しよう!

フラックスの一昨年の枝を使ってみたら、ハマった。まさに、僕がほしかった「盆栽みたいなさなぎの木」だ。

モナークバタフライ monarch butter;fy

フラックスの枝でつくった、モナークのさなぎツリー

P2288264 - ver2 モナーク バタフライ サナギ ニュージーランド さなぎ 蛹 蝶

モナーク・ツリー。

 

さなぎをくっつけるコツは、デンタルフロスをつかうこと。

テープでくっつける場合は、はさみでなるべく切って細くしてから使う(羽化した成虫が滑ってしまうから)。サナギの根元に小枝とかがついていればテープで止めやすいが、無い場合は、サナギの柄部分にデンタルフロスを結ぶ。デンタルフロスを枝にくくってしまえばサナギが落ちることはまずないし、羽化の途中でつるりと滑ることもないはずだ。

羽化直前に見せる、モナークの奇跡

P2288264 - ver2 モナーク バタフライ サナギ ニュージーランド さなぎ 蛹 蝶

モナークバタフライ、一夜限りの宝石。

 

さて、長くなってしまったがやっとモナークの宝石のようなさなぎが観察できる条件が整った。

モナークのサナギはおおよそ2週間ほどで羽化する。
不思議なことに緑色だったサナギは羽化直前の夜だけ透けて見えるようになる。だから室内で観察する必要があるわけだ。
ここにちょっと光を当てると、それはもう神秘的な宝石としかいいようがない美しさだ。

羽化は早朝!早起きして見守ろう。

モナーク バタフライ 蝶 ニュージーランド monarch butterfly

Monarch Butterfly 早朝の羽化

 

羽化は午前中の早い時間帯、日の出~朝の10時ごろであることが多い。羽化は10分ほどであっという間。その瞬間を逃さないように、根気よく観察してみよう!

羽化の様子をタイムラプス動画で撮影した様子もアップしたので、併せて観ていってほしい!

関連記事

ついに撮れた!モナーク・バタフライの羽化をタイムラプス動画で観てみよう!!

『モナーク・バタフライを自宅に呼ぼう!』のプロジェクトを始めて1年目、これまで様々な視点からモナークバタフライの記事をかいてきた。オークランドの自宅の庭に餌となる「スワンプラント」を植えるところから始めて、一年目は40匹もの幼虫たちを育てることができ…
【ニュージーランドの蝶】 よく見かけるオレンジ色の蝶はなんて名前?+調べて分かった3つの発見

ニュージーランドでは夏に野外を歩いていると、オレンジ色のひときわ大きな蝶が飛んでいるのを目にすることができる。皆さんも、夏のニュージーランドで上の写真のような蝶を見たことはないだろうか?12月に入ってこのオレンジの蝶を頻繁にみかけるようになり、気に…

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

こんな記事も読まれてます

Return Top