NATURE ニュージーランド

ちょっとだけNZの自然に詳しくなれるネイチャーマガジン

カレカレビーチでキャンプの夜!テント担いで、「トンネルキャンプサイト」へ

カレカレビーチでキャンプの夜!テント担いで、「トンネルキャンプサイト」へ

オークランドにはたくさんのビーチがあるけれど、僕がいちばん気に入っているのはカレカレビーチという西海岸のビーチだ。森に囲まれた黒砂のビーチは観光客もおらず、いついっても波と風の音だけが聞こえ、ちょっとしたパワースポットのような気配さえある。

今回、ずっと行ってみたかったカレカレビーチ上の唯一のキャンプサイト「トンネル・キャンプサイト」に泊まってきたのでレポートしてみよう。大都会オークランドのすぐそばとは思えない、素晴らしいテント・ナイトを過ごすことができた。

カレカレビーチをトレッキング:概要

カレカレビーチ「トンネル・キャンプサイト」とZion Hill Trackをつなげたループトラック

【レベル】中級 (※砂浜を歩くのは体力がいる)
【タイム】一泊二日 (※泊まらなくても4時間で歩ける)
【距離】10㎞
【コース内標高】265m
【見どころ】カレカレビーチ唯一のキャンプサイトと、崖からの大展望

上のマップはスタート&ゴール地点がキャンプサイトからになっているが、正確にはカレカレビーチの駐車場からスタートする。

カレカレビーチをひたすら南へ歩き、40分でトンネル・キャンプサイトに到着。ビーチでゆっくりして夜を迎え、満点の星空を眺めよう。(注:水道や川がないので水は持参する)

翌朝はしばらくビーチを南下し、山に入っていくと同時にコースはUターンして北上する。Zion Hill Trackを登り、崖の上の森を通って絶景を眺め、カレカレビーチの駐車場まで戻っていく。

タイムとしては、ざっくりとビーチを1.5時間、森を2.5時間でトータル4時間と捉えておくと分かりやすいかもしれない。

トンネル・キャンプサイトへ!

カレカレビーチ テント キャンプ ハイキング トレッキング 
カレカレビーチを南へトレッキング。砂に足を取られて、なかなか前に進まない。

 

はじめてトレッキングの対象としてカレカレビーチを歩いたのだけど、ここは果てしない砂の世界だ。砂浜でもない。砂丘でもヌルい。そう、まるで砂漠を歩いているという表現がいちばんしっくりくる。

カレカレビーチ カレカレ トレッキング ハイキング オークランド キャンプ テント
トンネル・キャンプサイトは、このトンネルのすぐ向こう!

 

トンネル・キャンプサイトという妙なネーミングは、キャンプ場の隣に人がやっと通れるくらいの短いトンネルが掘られているから、らしい。トンネルをくぐると、ちょうど浜風が防げそうな窪地が芝生になっていて、湿地のような水たまりにはトンボや蜂、水鳥が自然のままに暮らしていた。まるで砂漠の中のオアシスのようだ。

カレカレビーチ カレカレ トレッキング ハイキング オークランド キャンプ テント
カレカレのトンネルキャンプサイトの隣の湿地。ありのままの自然だ。
カレカレビーチ テント キャンプ ハイキング トレッキング 
トンネル・キャンプサイトでテントを張った。

 

僕が泊まった日は雲がなく、ミルキーウェイ(天の川)や南十字星もばっちり見えた。
小さな明かりを頼りに本を読む。大地に挟まれ、星空を見上げ、本を読む。ただそれだけのことが、心の底から充実感を与えてくれる。

ザイオン山(273m)登頂。崖からカレカレビーチを堪能!

トンネル・キャンプサイトからもうしばらく浜を歩くと、コースは森に入っていく。一気に標高を稼ぎ、まずはザイオン山(Zion Hill)へ向かうことになる。

カレカレビーチ カレカレ トレッキング ハイキング オークランド キャンプ テント
ザイオン・ヒル・トラック。明るく、いい森だ。

 

カレカレビーチ沿いの森は、カウリやその他ネイティブツリーたちの老木が茂る、明るくていい森だ。きっと人の手が入っていない原生林なんだろう。

僕はいつもこんな素晴らしい成熟した森を見ると、
「モアが絶滅せずにこの森を歩いていたら、どんなに面白かろう。」
と思ってしまう。モアとは昔NZにいたエミューのような飛べない鳥だ。モアがいれば、きっと森歩きも違った緊張感のようなものを持てたに違いない。

カレカレビーチのそばまでくると、標高を下げる前に大展望が広がる。これをご褒美に一気に下り、また日常へと戻っていく。

カレカレビーチ テント キャンプ ハイキング トレッキング 
カレカレビーチのザイオンヒルトラックが最後に見せてくれた大展望

 

オークランドのトレッキングコース・ガイドはこちらから!

オークランド地域のキャンプ場情報(探し方から予約方法まで)はこちら!

オークランド地域でキャンプがしたい!キャンプ場の探し方と予約方法。

ニュージーランドの自然と言えば南島の森や海がイメージされるかもしれないけれど、意外なことに大都市オークランド近郊にもキャンプ場を伴った“宿泊できる自然”がたくさん眠っている。特にリージョナル・パークと呼ばれる、日本語で県立公園や自然公園と言った感じ…

コメントはこちら

*

COMMENT ON FACEBOOK

こんな記事も読まれてます

Return Top