NATURE ニュージーランド

ちょっとだけNZの自然に詳しくなれるネイチャーマガジン

海外メディアが『ニュージーランドのベスト・トレッキング7選』発表!意外なコースも..!?

海外メディアが『ニュージーランドのベスト・トレッキング7選』発表!意外なコースも..!?

海外発の『VIVA Lifestyle and Travel』というオンラインメディアが、

『New Zealand’s 7 Most Breathtaking Hikes』

と題してニュージーランドのベストトレッキングコースを選出していた。ニュージーランドに何千とあるコースのなかで、栄えあるベスト7に選ばれたのはどのコースだろう?
誰もが知ってるあのコースから、そんなところも!?というような珍しいコースも選ばれている。あなたはいくつ歩いたことがあるだろう??

1.ミルフォード・トラック

Milford track photo by Flicker

距離:53キロ
日数:4日

「世界で最も美しい遊歩道」とグーグルに入れて検索をかけると真っ先に出てくるのがこのミルフォードトラック。南島の南部にある世界遺産地域フィヨルドランド国立公園内を3~4日かけて歩きとおす、NZでいちばん有名なトレッキングコースだ。シーズン中(10月~4月)は完全予約制で、半年前から予約をしないと歩けないほどの人気ぶり。

2.トンガリロ・サーキット

Tongariro circuit photo by Flicker

距離:43キロ
日数:3~4日

ロードオブザリングという映画で「滅びの山」として登場する山「ナウルホエ山」を有するトンガリロ国立公園を、山小屋やテント泊をしながら3~4日かけて歩くトンガリロ・サーキット。南島のうっそうとした原生林とはまた異なり、火星の表面のようなごつごつした休火山の大地が広がる、まさに”Breathtaking”なコースだ。

3.コロマンデル・ウォークウェイ

Coromandel Walk way photo by Flicker

距離:10キロ
時間:3.5時間

有名なカセドラル・コーブの遊歩道かと思いきや、それよりもっと北側、コロマンデル半島の北端の海岸沿いを歩く「コロマンデル・ウォークウェイ」がランクイン。Stoney Bay から Fletchers Bayまでの10キロと他と比べて短めながら、原生林、牧草地、ビーチと多様な風景が展開し、”北島で最も美しい海岸線トレッキング”の一つと謳われる。

4.レイク・ワイカレモアナ

Lake Waikaremoana photo by Flicker

距離:46キロ
日数:3~4日

北島中部のテ・ウレウェラ国立公園にある、舌を噛みそうな名前の湖「ワイカレモアナ湖 Lake Waikaremoana」を一周するトレッキング・コース。政府が定める”グレート・ウォーク”の一つにも入っている。コースの頂上からは原生林と湖の大展望が見られ、”ゴブリン・フォレスト”と形容される苔むした森はおとぎ話のように美しい。

5・セアリー・ターンズ・トラック (マウント・クック)

Sealy Tarns track photo by Flicker

距離:5.2キロ
時間:4時間

Sealy Tarns Track、シーリーターン、セアリーターンの日本語訳で検索できる。アオラキ/マウント・クックのビレッジから始まるショート・トラックとしてあまりに有名なこのトラックは、高山の中腹にある小さな池=Tarnsを目指して登っていく。時間があればその先にある有名なミューラーハット Mueller Hutという山小屋を目指してもいい。氷河と雪山の大パノラマが待っている。

6.エイベル・タズマン国立公園

abel tasman national park photo by Flicker

距離:51キロ
日数:3~5日

快晴の天気で知られる南島の町ネルソンを最寄とするエイベル・タズマン国立公園。安定した天候のなかで、黄金色のビーチと海岸沿いの原生林を交互に歩くコースはまさに天国のような気持ち良さだ。カヌーやカヤック、ウォータータクシーが充実し、体力や日程にあわせて、オリジナルのプランが立てられるのも〇。

7.ケプラー・トラック

Kepler Track photo by Flicker

距離:60キロ
日数:3~4日

政府の定めるグレート・ウォークの一つで、南島の南西部に固まっている「ミルフォード」・「ケプラー」・「ルートバーン」トラックと言えば、ニュージーランドのトレッキング好きの間では知らないものはいないほど有名なコースだ。ケプラートラックはテ・アナウという町からスタートし、原生林を流れおちる大滝や、周囲に迫る3000m級の山々の大パノラマを堪能できる。

コメントはこちら

*

COMMENT ON FACEBOOK

こんな記事も読まれてます

Return Top