NATURE ニュージーランド

ちょっとだけNZの自然に詳しくなれるネイチャーマガジン

ニュージーランドでいちばん優雅な鳥、黒鳥(ブラックスワン)

ニュージーランドでいちばん優雅な鳥、黒鳥(ブラックスワン)

ロトルアに行った時、僕は初めて黒鳥に出会った。
2006年当時、僕はバックパッカーとしてニュージーランド中を旅していて、たまたまロトルアの湖畔に近い安宿にチェックインしていた。湖畔の夕暮れを楽しむ人たちに交じって歩いていると、なんだか黒くて大きな鳥がたくさん浮かんでいる。岸部に立ち止まって見ていると、彼らは目の前までやってきてくれた。
この黒くて大きな鳥はなんてやつだろう・・?
宿に戻って調べてみると、この鳥は見た目そのままにブラックスワン、つまり黒鳥と呼ばれる鳥だった。

ロトルアの湖に浮かぶ鳥、黒鳥(ブラックスワン)

ロトルア湖のブラックスワン
ロトルア湖のブラックスワン。2006年のバックパッカー時代に撮った写真。

ブラックスワンはニュージーランドの全土で見られるが、きっと多くの観光客が最初に出会うのはロトルアの湖になるんじゃないだろうか。この湖(名前もそのままにロトルア湖という)なら視界に入らないことはまずないほど多くのブラックスワンが優雅に浮かんでいる。

パンくずやフィッシュチップスのかけらなど投げようものなら、お目当てのブラックスワンは、カモメや鴨などに交じってすさまじい勢いで飛んでくる。ブラックスワンには優雅なままでいてほしかった・・なんてきっと誰もが思うけれど、彼らも生活があるのだから仕方がない。目の前に来てくれるだけ、ラッキーだ。

黒鳥に生まれる、真っ白なヒナたち

black swan chicks photo by Flicker

 

僕が常々面白いと思うのは、ブラックスワンの子どもは真っ白で、ほかの鴨たちのヒナと色カタチが本当によく似ていることだ。水鳥系のヒナは白くてフサフサじゃないとまずい理由なんてあるんだろうか?そう疑問に思わずにはいられないほど、あの黒い鳥からこんな真っ白いヒナが生まれるとはにわかには信じがたい。しかし、真っ白なヒナが5羽も6羽も歩いている姿は、笑みをこぼさずにはいられない光景だ。

オークランドでもブラックスワンを見ることができる

ノースショア・タカプナで見かけた黒鳥
ノースショア・タカプナで見かけた黒鳥

 

実はオークランドの街中でもこの黒い優雅な水鳥を見ることができる場所はたくさんある。

一番都心部に近い場所は、ハーバーブリッジを渡った先にあるタカプナと言う地域にある湖・ププケ湖だろう。周辺は小さな森もあって、30分くらいのハイキングがてらに水鳥を観察することができる。

また、僕が最もおススメするのはオークランド動物園があるウェスタン・スプリングスだ。ここは上記のププケ湖以上に広々とした湖と芝生の公園が広がっていて、もはや動物園の一部じゃないかと思えるほどたくさんの水鳥を見ることができる。

ちなみに・・、
このブラックスワンは記録上はオーストラリアから100羽ほどが持ち込まれたとあるので「移入種」「外来種」とされているものの、自力で渡ってきた個体も多いようで、現在では「在来種」としても扱われている。僕も長らく勘違いしていたけど、優雅なブラックスワンは、立派なニュージーランドの鳥でもあったのだ。

関連記事:

オークランドのタカプナでハイキング!?ププケ湖のネイチャートレイル

所要があってオークランドシティからハーバーブリッジを渡った先の地域・ノースショアへ行ってきた。ここは割と高級な住宅街が並ぶ地域として知られていて、その中心部タカプナともなれば気の利いたビーチもあったりして、夏の盛りになるとちょっとしたリゾートとい…

ABOUT THE AUTHOR

園芸/造園/個人ガイド/コラム外山みのる
ニュージーランド(オークランド)在住。20歳でNZワーホリ後、海外自転車旅や山小屋バイト等を経て再びNZへ。移住を目指して家族で奮闘中。お仕事は園芸や造園、個人ガイド、コラム執筆。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

こんな記事も読まれてます

Return Top