NATURE ニュージーランド

ちょっとだけNZの自然に詳しくなれるネイチャーマガジン

真っ白でかわいい鳥のヒナたち!11~12月はムリワイビーチのベスト・シーズン

ガネット(カツオドリ)のコロニーが見られる、オークランド近郊の観光スポット「ムリワイビーチ」。冬の間をオーストラリアで過ごしたガネットたちは毎年春になるとNZに戻ってくる。つがいをつくるのがだいたい10月~11月くらい。首を重ね合わせるように踊る特徴的な求愛ダンスを経て、11月~12月になるといよいよ卵をあたため真っ白なヒナが誕生する。サファリパークのように慌ただしいガネットコロニーの様子をみてみよう。

ヒナはふわっふわの真っ白。12月のガネットコロニー

2015年の11月末にお客さんを連れて何度目かのムリワイビーチに足を運んだ。車を停めてドアを開けると、まだコロニーが見えない位置だというのにもうギャァギャァと聞こえてくる。とっくにコロニーは満席状態、子育て真っ最中なのだろう。

歩いて5分のコロニー展望台に行くと、満席どころかヒナが続々と孵ったおかげであふれかえり、まるでサファリパークよろしく生き物だらけのコロニーになっていた。・・ここは何度見てもすごい。野生の生き物の営みがダイナミックに熱をもって伝わってくる。

Gannet with baby
ガネットの親子 Photo by Guiseppe

ヒナはもうすでに大きくなっているものもいて、親と同じくらいの背丈の子もいる。でも、真っ白ふわふわだ。ヒナのシーズンは年によって若干違うだろうが、だいたい11月中旬~1月あたりとみてよさそうだ。この時期に足を運ぶ機会があれば、ぜひふわふわのヒナを見に行ってほしい。

実はNZで3か所しかない、ガネットコロニー

gannets

オークランドから半日あれば行って帰れるムリワイのガネットコロニーだが、実はこれ、とても貴重な場所で、ニュージーランドでもアクセス可能なガネットコロニーは3か所しかない。

  1. ムリワイビーチ(オークランド)
  2. キッドナッパーズ岬(ネイピア)
  3. フェアウェル・スピット(ネルソン / エイベルタズマン)

2と3はツアー等があるものの、街から遠く離れているからたどり着くのも一苦労だろう。もっともアクセスのいいムリワイに行くのがやはりおススメだ。

参考:The Encyclopedia of New Zealand : Gannet

ガネットの分布図
NZガネットコロニー分布図 (出典:NZ Encyclopedia

 

コメントはこちら

*

COMMENT ON FACEBOOK

こんな記事も読まれてます

Return Top