NATURE ニュージーランド

ちょっとだけNZの自然に詳しくなれるネイチャーマガジン

【続報・NZクジラ座礁】原因はサメ? “人間の鎖”でクジラを守れ!

昨日からお伝えしているニュージーランドのクジラ集団座礁。
2日目となった今日(11日)も、NZ国内メディアでは慌ただしくニュースが飛び交っている。いまだに200頭ものクジラが座礁したまま残っているものの、座礁の新たな原因が把握され、救助方法も確立しつつある。
今日一日の最新ニュースを追ってみよう。

ニュージーランドで過去最大規模、400頭ものクジラが座礁。一体何が起きたのか?

ニュージーランド南島、ネルソンから近いフェアウェル岬 (farewell spit)で2月10日早朝、400頭以上ものクジラが座礁しているのが見つかった。現場は浅瀬が広がる湾曲した浜辺で、これまで416頭ものゴンドウクジラ(Pilot whale)が打ち上げられているのが確認され、す…

.

2月10日:ニュージーランドにて過去最悪のクジラ集団座礁

過去最悪のクジラの座礁事故。浜のクジラはすでに死亡していた。by RNZ

 

ニュージーランド南島のネルソンにほど近い「フェアウェル岬」にて、クジラが集団座礁しているのが発見された。座礁したのは「Pilot Whale」と呼ばれるゴンドウクジラで、416頭が座礁し、すでに300頭以上は死亡していた。これはNZ本島での集団座礁としては過去最悪の数字だ。100頭ほどが浅瀬で身動きが取れなくなっており、述べ500名以上のボランティアが集まって日没まで救出活動が続けられた。
深夜の満潮時に海にいるのは危険ということで救助活動はいったん打ち切られ、11日の朝から再開されることになっていた。

2月11日:新たに200頭が座礁・・!

座礁したクジラとボランティア by RNZ

 

座礁後の2度の満潮を利用して、打ち上げられた100頭以上のクジラもその多くは一旦は海に帰された。

ところが、2日目の日没時点で浜に残ったクジラはなんと200頭にも増えてしまった(!!)。

どうやら、人間の手で海に帰ったはずのクジラに加えて、新たな群れが再び浅瀬に乗り上げてしまったようだ。

一体クジラたちに何が起こっているのだろう?!
専門家による調査が行われ、海中で起こっている出来事が少しずつ解明されつつある。

クジラの連続座礁。原因はサメの襲撃?

Great White Shark

Great White Shark (ホオジロザメ)

 

フェアウェル岬は遠浅の湾になっており、クジラにとって「天然の罠」と言われている場所だ。今回の集団座礁も、おそらく地理的要因から起こったのだろうと思われていた。

ところが、専門家が詳しく調査したところ、座礁したクジラには複数の襲われた跡が見つかったという。
DOC(環境省)のマイク・オーグ氏はこう説明している。

「何頭かのクジラに、小さいですがサメに噛まれた跡が残っています。まだ新しい傷跡ですし、この海域はホオジロザメの生息域としても知られています。つまり、サメに襲われて逃げているうちに、浅瀬に迷い込んだ可能性もあります。」

2度にも渡る集団座礁は、「サメに襲われた」こと、「逃げ込んだ先が偶然”天然のクジラのワナ”」だったこと、この2つの要因が運悪く重なってしまったせいで起こったのかもしれない。

人間の鎖でクジラを守れ!

人間の鎖でクジラが再び浅瀬に入るのを防ぐ。photo by Sirocco FB


(01:30辺りに「人間の鎖」が出てくる)

2日(11日)の満潮時に、クジラを海に帰す様子もニュースとなって放送されていた。
100名以上のボランティアたちが海に入り、手を繋いで沖の方を眺めている。
海に戻ったクジラたちが再び浅瀬に戻ってこないようにと、いわば人間の鎖で道をふさいだのだ。

「彼ら(ボランティアたち)は新たな歴史の中にいる。」

ニュースはそう地元民たちの献身性を称えていた。真夏の日差しの中、なんとか2日間にわたってクジラたちが生きのびられているのは、ひとの手によって絶えず海水が掛けられているからに他ならない。

「クジラが安全に海に帰るまで僕らも帰らない。」

メディアにそう語るボランティアたちの決意は固い。3日目のレスキューがうまくいくことを願うばかりだ。

追記:3日目の様子。座礁したクジラは海へ戻ったが、300もの死骸は爆発する危険があるらしい。

【終幕・NZクジラ座礁】残ったクジラが“爆発”する!? 専門家による後処理へ

ニュージーランドで史上最悪レベルの事故となった2017年2月のクジラの集団座礁。3日目に入って浜に残っていたすべてのクジラは海に帰され、浜にはつかの間の平穏が訪れている。しかし、残った300頭ほどのクジラの死骸の後処理も簡単ではないらしい。というのも、浜で…

ABOUT THE AUTHOR

園芸/造園/個人ガイド/コラム外山みのる
ニュージーランド(オークランド)在住。20歳でNZワーホリ後、海外自転車旅や山小屋バイト等を経て再びNZへ。移住を目指して家族で奮闘中。お仕事は園芸や造園、個人ガイド、コラム執筆。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

こんな記事も読まれてます

Return Top