NATURE ニュージーランド

ちょっとだけNZの自然に詳しくなれるネイチャーマガジン

マウント・イーデンのハイキング案内!野鳥と草花を思う存分楽しもう。

マウント・イーデンのハイキング案内!野鳥と草花を思う存分楽しもう。

言わずと知れたオークランドの観光名所、標高196mのマウント・イーデン(Mt.Eden)。

山の頂上からはシティの街並みが間近に見下ろせるとあって、週末は特にたくさんの人でにぎわっている。

都市と住宅街に囲まれたマウント・イーデンは実は意外なほど野鳥や草花が見られるスポットでもあり、僕は以前近くに住んでいたこともあってよく通っていた。この記事では、野鳥と草花を探しながら歩く、ハイキングスポットとしてのイーデンをお伝えしてみよう。

オークランドの『マウント・イーデン』でハイキング!

Mt.Eden Walkway

【レベル】初級
【タイム】30分~1.5時間
【距離】周遊コースで6km
【コース内標高差】約80m
【見どころ】シティの展望。気軽に見れる野鳥や草花

先日、ちょっと用事があったのでマウント・イーデンに久しぶりに登ってきた。
せっかくだから記録に残そうと、上のマップようなトレッキングログもつけて歩いてみた。こうして歩いてみると、街中の小山と言えど、外周を周れば6kmもあり、約1時間半のちゃんとしたハイキングが楽しめることがわかる。

ちょっと基本情報を書いておくと、マウント・イーデンはマオリ族の『パ』という居住区でもあったので、その歴史的配慮から頂上への車の乗り入れは禁止されている。なので、個人で行ってもツアーを使っても、車をふもとの駐車場に置いて自分の足で登っていくことになっている。

まっすぐ頂上まで最短ルートを歩けば15分くらいで山頂に着けるが、もし時間があれば、以前まで頂上までの車道として使われていた外周コースを歩いてみよう。よーく目を凝らしながら歩いてみると、意外とたくさんの野鳥や植物に出会うことができる。

マウント・イーデンで草花を探そう!

Mt.Eden road沿いの駐車場に車を停めて道なりにのぼっていくと、「ここから先は歩行者と自転車だけですよ」という案内が見えてくる。コースは元・車道だから広くて歩きやすく、勾配もそんなにないからゆっくり歩けば大丈夫だ。

Mt.Eden Walkway マウント イーデン オークランド 観光
Mt.Eden Walkway
コースには「歩行者専用」のサインが。

 .
マウント・イーデンは頂上以外は大きな木々に覆われている。
クリスマスツリーとして知られるポフツカワや、野鳥の好きなベリーがなる「ピュリリ」というNZ固有の木、「トタラ」という、昔はマオリ族がカヌーを創っていたという木が多い。樹齢百年以上は経っている木もあり、木漏れ日がある日は本当に気持ちのいいハイキングだ。(まっすぐ頂上にいってしまうなんて、本当にもったいない!)

「ピュリリ Puriri」の大木。年中花が咲くので、木の下には必ずかわいいお花が落ちている。
足元に落ちていたピュリリのお花とベリー。後述のニュージーランド鳩が大好きな実だ。

.
道端は日当たりがいいからか、たくさんのお花も咲いている。時期によってみられる花は違うが、初夏~夏にかけてはいろんな花が見られる。日本ではおなじみのキクや、ヒルガオなんかも。それらを目指して蝶々も舞っている。

イーデンのハイキングで出会ったヒルガオ(Bindweed)
こちらはメキシカン・デイジー。小ぶりの色とりどりの花がかわいい。
トタラの木で休んでいたモナーク・バタフライ。NZの夏の風物詩的存在だ。

 

マウント・イーデンで見られる野鳥

歩き始めて20分ほど。だんだんと景色もよくなってきた!

. 
イーデンには高木が多いからか、たくさんの野鳥を目にすることができる。
スズメ、燕、メジロ、ブラックバード、ソングスラッシュ、インディアン・マイナといった、オークランドの公園ではごくありふれた鳥たち(おおくは外来種だけど・・)だけでなく、僕が歩いた夏の日は 、ツイ(Tui)やケレル(Kereru,ニュージーランド鳩)、ファンテイル(Fantail)と言ったニュージーランド固有種も見かけることができた。

ニュージーランドの街中で見かける野鳥5選

翼を失って飛べなくなった鳥など、珍しい鳥たちの楽園として知られているニュージーランド。僕の住むオークランドではさすがにキーウィなどの飛べない鳥は見られないものの、街中でも驚くほど多くの野鳥を見ることができる。このページでは、ニュージーランドの都市…
20150106 - A New Zealand Tui
Tui
JJS_3553
Kereru, New Zealand Pigeon

.
以前僕はマウント・イーデンのすぐ裏手の家に住んでいたのだけど、その頃は毎晩のようにフクロウの声も聞こえてきた。モアポーク(Morepork)というNZのアオバズクで、これはその名の通り「モア・ポーク!(もっと豚肉をくれ!)」と鳴く。ちょっと哀愁があって、僕はこのモアポークの鳴き声を聞くとマウント・イーデンを思い出す。夜景を見に行く機会があったら、ぜひフクロウの声も探してみてほしい。

シティの絶景。マウント・イーデンの頂上へ!

時間にすれば30~40分くらいで頂上が見えてくる。
初めて登る人は、きっと予想以上の”火口”の大きさにびっくりするはずだ。もちろんもう死火山になっており噴火の心配はない。火口部はびっしりと緑で覆われている。お鉢周りをして、下りの(元)車道を使って、駐車場まで降りよう。

Mt.Edenの頂上。火口部はかなり大きい!奥にはシティの風景。(別の日に撮影した写真)
Mt.Eden頂上。展望が素晴らしい。こちらはシティとは反対側(西)の景色

マウント・イーデンへのアクセス

マウント・イーデンはシティから近く、バスなら20分くらい、ブリトマート駅からのバスなら、274,277あたりなら直行でふもとまでいける。また、歩いても1時間ほどでイーデンの入口まで行くことができる。時間に余裕があれば、のんびり山頂までの散策を楽しんでみてほしい。

コメントはこちら

*

COMMENT ON FACEBOOK

こんな記事も読まれてます

Return Top