NATURE ニュージーランド

ちょっとだけNZの自然に詳しくなれるネイチャーマガジン

NZの象徴と扱われるシダ「シルバーファーン」の見事な生命力

NZの象徴と扱われるシダ「シルバーファーン」の見事な生命力

所要があってオークランドから橋を渡って北側のノースショアと呼ばれる地域に行った。高級住宅街が広がる海沿いの土地がまるまるハイキングコースになっている森林公園があったので、せっかくだからと歩いてみることに。Kauri Point Centennial Parkという森林公園では、意外なほど生命力あふれた植物たちに出会えので、少し紹介してみよう。

オークランドのカウリポイント・センテニアル・パーク

オークランド カウリ 公園

今回歩いてみたのはこの森林公園。Centennial というのは100周年とかそういった意味があるから、オークランド市の成り立ちにちなんでできた公園なのだろう。高級住宅街の隅っこにある森なので、こぎれいな”公園”なのかなと思っていたけど、小さいながらしっかり原生林。ニュージーランドの自然公園というか森のある公園は、こういう「自然を残すところはしっかり残す」とはっきり自然との境界線をつくる発想のものが多いように思う。だからここのように「住宅街に原生林」といった場所が忽然と現れる。

ラッキーなシルバーファーン

シルバーファーン 芽吹き

シルバーファーン

しばらく海岸に向かって森を歩いていると、谷間になった山肌に面白いものを見つけた。シルバーファーン、木性シダと呼ばれる木のように大きく育つNZ固有のシダだ。

背丈は2メートルほどのまだ小さなシルバーファーンなのだけど、こんなに一斉に芽吹いているのはとても珍しい。周りを見ると、谷間でやや湿った環境、大きな木の日蔭という木性シダにとって最高の生育条件。いいところに着地して芽吹けた幸運なやつだ。なんともラッキーなファーンに出会えたなぁと嬉しくなって何枚も写真を撮った。

マオリも利用したシルバーファーン

夜道に置いたシルバーファーン

夜道に置いたシルバーファーン

このシルバーファーンにはニュージーランド人なら誰もが知っている逸話がある。シルバーファーンという名前の由来は、葉を裏返すと緑ではなく銀色をしているからなのだけど、これをかつてのマオリ族(先住民族)は巧みに利用していた。

マオリ族は部族同士の戦闘が夜間に行われる際、仲間同士のやりとりに松明やかけ声を使うことをしなかった。そうすると敵に場所を悟られてしまうからだ。そこで、彼らは森の植物をうまく利用した。シルバーファーンを裏返して地面におけば、ちょうど月光に反射する天然の矢印と化す。そうして自分の向かった先を仲間に示すことで、無言のうちに敵陣に近づき戦闘を行うことができたという。

そんな逸話は転じて現代では「前進」や「躍動」の象徴となり、有名なラグビーの「オールブラックス」もこのシルバーファーンをエンブレムに使っているほどだ。日本で桜を知らない人はいないように、シルバーファーンはおそらくニュージーランドで一番知られた植物なんじゃないだろうか。

all-blacks-logo-vector-image

オールブラックスのエンブレム(ElaKiri.com)

そんなシルバーファーンが新たな”躍動”をめいいっぱい伸ばそうとしている姿というのは、なんて縁起のいい光景だろう。力強く芽吹くシルバーファンは、ニュージーランド版四葉のクローバーと言ってもいいのかもしれない。

ABOUT THE AUTHOR

園芸/造園/個人ガイド/コラム外山みのる
ニュージーランド(オークランド)在住。20歳でNZワーホリ後、海外自転車旅や山小屋バイト等を経て再びNZへ。移住を目指して家族で奮闘中。お仕事は園芸や造園、個人ガイド、コラム執筆。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

こんな記事も読まれてます

Return Top