NATURE ニュージーランド

ちょっとだけNZの自然に詳しくなれるネイチャーマガジン

NZで中古車を買ってわかった、面白すぎる3つの”NZらしい”中古車事情

NZで中古車を買ってわかった、面白すぎる3つの”NZらしい”中古車事情

ニュージーランドに渡航して3か月目、学校が始まってちょうど1ヶ月が過ぎたころに、僕は中古車を購入した。理由は造園/園芸の仕事をターゲットにするため、どうしても現場や会社が郊外にあることが多く、車なしでは仕事探しもままならないと判断したからだ。ついでにトレッキングをするにも車はどうしても要るし・・ということで、予定外の出費をすることになった。

さて、今日はそんな中古車探しの毎日を送っていた中で、とりわけ面白かった発見を、”ニュージーランドらしい中古車事情”として3点だけご紹介してみよう。どれもこれも「いかにもニュージーランド」らしいアバウトさがあって、僕は中古車探しを経てますますこの国が気に入ってしまった(笑)

ニュージーランド 車 中古車 購入 売買

面白い中古車事情①:街中のトレジャーハンティング

日本では考えられないことだけど、ニュージーランドでは中古車ディーラーの利用と同じくらい、個人間の売買が盛んだ。以前紹介したTrade meというヤフオク的なサイトでも、[中古車]はカテゴリーの一つどころか一つの独立サイトくらいの規模で取引がされている。かくいう僕も、今回車を買ったのはこのトレードミー経由だった。

さて、NZでは、実はそんなTrade meよりもディーラーよりも、もっとも安く車が買える可能性がある。
それはなんと「路上で中古車を探すこと」!
路上に停められた車をよく見ると、窓にこんな広告が貼ってあるのに気が付くだろう。

 

ニュージーランド NZ 車 中古車 売買 個人

「この条件で、気に入ったら僕に連絡してねー」と張り紙がしてあって、実際に連絡すると試乗→購入(引き渡し)という流れになるわけだ。探してみると至るところに広告付きの中古車が見つかるので、本気で探し出すとついつい路駐された車ばかりに目が行くようになってしまう。これはもう、ちょっとした宝探しのような感覚だ。たぶん、NZに長く住んでるひとほど似たような経験があるのではないだろうか(笑)。

面白い中古車事情②: 40万キロ級のモンスター車が走っている

NZの中古車はとにかく走行距離が半端ではない。
日本だと10万キロを超えた中古車は”型落ち品”になるとされているが、どうやらこれは日本だけの感覚のよう。

ニュージーランドでは、10万キロと言えば、ちょっと大げさに言えばまるで「新車」扱い。
15万キロでそこそこ、20万キロでまだまだ、30万キロでよく乗ったなぁという感覚だろうか。ネットには30万キロ代がざらに売られている。トレードミーで40万キロの車がで売られているのを見たときは、さすがに二度見をしてしまったけれど・・。

モノが壊れたら当たり前のように自分たちで修理しちゃうNZ人の性格が垣間見れるようで面白い。

面白い中古車事情③: 買い方はまるでコンビニのおにぎり

s-nissan TINO 2000 trademe ニュージーランド 車 中古車 購入 売買
僕が実際に購入した車。これはTrade meの広告だ。

 .

僕の実際の取引は、本当にあっという間で拍子抜けするほどカンタンだった。

トレードミーでいい車を見つけたので連絡を取ってみると、翌日試乗させてもらえることになって、実際に見て乗ってみると予想のナナメ上の快適さで一目ぼれし、即決で「OK」!次の日、免許証だけ持って車のオーナーの家に行き、パソコンを開いて目の前でオンライン送金して、名義変更も30分もかからずオンラインで済ませて、またね!といって”新車”に乗って帰ってきた。

気分的にはコンビニでジュースやおにぎりを買うような手軽さ。まったく日本ではありえないようなホントの話だ。ニュージーランドの車の売買がここまでカンタンだとは思ってもいなかった。広告掲載もやり取りも支払いも名義変更も、ぜーんぶスマホでできるからそこできる芸当なのだろう。

どうやら車の名義変更がオンラインで変更できるはあまり知られていないようなので、今度は具体的な名義変更の方法なんかも掲載していきたいと思う。

ABOUT THE AUTHOR

園芸/造園/個人ガイド/コラム外山みのる
ニュージーランド(オークランド)在住。20歳でNZワーホリ後、海外自転車旅や山小屋バイト等を経て再びNZへ。移住を目指して家族で奮闘中。お仕事は園芸や造園、個人ガイド、コラム執筆。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

こんな記事も読まれてます

Return Top