NATURE ニュージーランド

ちょっとだけNZの自然に詳しくなれるネイチャーマガジン

NZで中古車を買う際に気を付けたい10の項目

NZで中古車を買う際に気を付けたい10の項目

ニュージーランドでは中古車の個人売買が本当に盛んだ。これまでも何回かにわけて、僕が実際に中古車を買った時の記事を掲載してきた。(記事最後のリンク参照)

さて、日本では中古車はディーラーから買うのが一般的だし、自分でボンネットを開けていい車かどうか判断できる人ってあまりいないと思う。かくいう僕もそうだった。中古車探しを始めて初めての試運転のときなどは、売り手のキーウィの若者がボンネットをあけて「さぁチェックしてみてよ!」と言われても、オイルチェックくらいしかできなかったものだ^^;。

その時の反省からいろいろ調べあげ、詳しい人に話を聞いたりして、中古車購入の際に気を付けたほうがい10の項目を作ってそれ以降は詳しくチェックするようにした。結果的にそれでいい車を買うことができたので、その10項目をここでもシェアしてみたいと思う。

ニュージーランド 外山みのる 個人ガイド 車 中古車 買 購入 注意

『NZで中古の車を買う際に気を付けたい10のこと』

1:REGOとWOFの次回更新時期

まずはこれ!Regoと呼ばれるRegistration(=車両税のような登録料)と、WOFと呼ばれる車検のような検査日が、それぞれ次はいつになるのかチェックしよう。

Regoは1か月~1年間の有効期限があり、WOFは後述のように車の製造年によって半年か1年毎にしなければならない。期限があまりにギリギリならば逆に値引き交渉の材料にもなるはずだ。

2:走行距離

日本では10万キロを超えると型落ち品だが、NZでは10万キロは新車も同然(笑)。20万キロをこえてくるとさすがに値も落ちてきて、30万キロに至れば廃車というのがNZの一般的な車の使い方ではないだろうか。

10万キロ代の車なら次に売る際にある程度の値段がつく計算ができるが、20万キロを軽く超える車を買う場合は自分がこの車の最後のオーナーとなることも視野に入れることになる(=売り手が付かないということ;)。

3:製造年

製造年は2000年がキーワード。
1999年までの製造の車はWOFは半年ごとにしなければならず、2000年製造以降は1年ごとのWOF更新で済む。WOFはカンタンな車検みたいなものだが毎回30~50ドルほどかかり、ひっかかると余計な出費がかさんでしまう。WOFは回数が少ないに越したことはない。

ニュージーランド 外山みのる 個人ガイド 車 中古車 買 購入 注意ニュージーランド 外山みのる 個人ガイド 車 中古車 買 購入 注意

4:エンジンベルト(タイイングベルト)の交換時期

車にはエンジンベルトという大事な部品がある。これはだいたい10万キロを目安に交換しなければならず、もし交換が遅れて運転中に千切れればエンジン故障で数千ドルの出費にもつながる事故になってしまうと言われている。エンジンベルト交換にはおおよそNZ500-700ドルほどかかるので、自分の代で交換が必要になるかどうかは知っておく必要がある。

なので、「10万キロでベルト交換してない車」よりも「14万キロでベルト交換済みの車」の方が結果的には安く済むかもしれない。

ただ、最近の車ではエンジンベルトがない車種もあるので、それならよりGoodだろう。

5:オイル+オイルフィルター

オイルはだいたい5,000キロ~10,000キロで交換とされる。オイル交換の費用は50-90ドルくらい。オイルフィルター(エレメント)の交換も15,000キロ程度毎に交換が必要。「フィルター交換済み」と謳っている車だとありがたい。

6:クーラント液の色

ラジエーターのことで、エンジンの冷却を担う液体もチェックしよう。これらは普通、誤飲防止や不凍剤のために緑や赤色をしている。これにさびが混じって茶色くなってないかチェックしよう。NZでは氷点下にほぼならない地域もあって専用液の代わりに水を使ってる場合もある。まぁ水だからといって壊れたりはしないけど・・専用のクーラント液を使ってるほうがよくメンテナンスされてる可能性はあるだろう。

7:ボディのサビ

さびが多いとWOFで落とされやすいと聞く。将来的な出費を防ぐためにも、サビが多い車は避けよう。もしくは値引きの口実にしてもいい(笑)

ニュージーランド 外山みのる 個人ガイド 車 中古車 買 購入 注意

8:タイヤのすり減り具合

靴と一緒でタイヤもすり減っていると交換が必要になる。あまりにすり減っていると自分の代で4本とも修理の可能性が高くなるから、できるだけくっきり溝があるタイヤがいい。

9:エアコン・ヒーター

季節によっては見落としがちなエアコンやヒーターも、試運転の際にチェックしよう。

10:ライトやロックなど電気系統

これも点灯しないとWOFで落とされ修理となってしまう。一通りチェックしておこう。

次点:予備タイヤ・備品の有無

忘れがちな予備タイヤや各種取扱い説明書、オプションで工具なんかもついているのか、オーナーに聞いてみよう。バッテリーケーブル(バッテリがあがったときの修理道具)なんて地味だが、あるとないとではバッテリがあがってしまった時の対応が変わってくる。

これからNZで中古車を買おうとされる方の参考になれば幸いです!

そのほか、NZ中古車関係の記事はこちら!

 NATURE ニュージーランド
 
NZで中古車を買ってわかった、面白すぎる3つの”NZらしい”中古車事情

ニュージーランドに渡航して3か月目、学校が始まってちょうど1ヶ月が過ぎたころに、僕は中古車を購入した。理由は造園/園芸の仕事をターゲットにするため、どうしても現場や会社が郊外にあることが多く、車なしでは仕事探しもままならないと判断したからだ。ついでに…
NZで中古車購入。その後の手続きはぜんぶオンラインでできるって本当?

ニュージーランドで中古車を買ったら、所有者変更の手続きをしに郵便局へ行かなきゃいけないと思っていないだろうか?僕もいろいろな人に中古車購入のアドバイスを聞いたとき、購入後の最後のシメみたいな作業として売り手と買い手が一緒に郵便局に行き、車のオーナ…

ABOUT THE AUTHOR

園芸/造園/個人ガイド/コラム外山みのる
ニュージーランド(オークランド)在住。20歳でNZワーホリ後、海外自転車旅や山小屋バイト等を経て再びNZへ。移住を目指して家族で奮闘中。お仕事は園芸や造園、個人ガイド、コラム執筆。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

こんな記事も読まれてます

Return Top