NATURE ニュージーランド

ちょっとだけNZの自然に詳しくなれるネイチャーマガジン

マウント・イーデン頂上への車の乗り入れが禁止に。その意外な3つの理由とは?

マウント・イーデン頂上への車の乗り入れが禁止に。その意外な3つの理由とは?

オークランドのシティ近郊で最も高い山(標高196m)として知られるマウント・イーデン。
オークランドに約50残る死火山の一つであり、その眺望の良さから手軽に行ける観光スポットとして人気がある。

そのマウントイーデン、これまでは頂上へ車で行くことができたのに、2016年1月から車の頂上乗り入れが全面禁止となってしまった。でも、どうしてなんだろう?観光客やツアー客はどうしたらよいのだろう?

今日はその禁止の理由と背景を探ってみよう。

マウント・イーデン 頂上 シティ 展望 オークランド 個人ガイド

頂上への車のアクセス禁止。その理由は?

マウント・イーデンの頂上への車の乗り入れが禁止になった最大の理由。それは、マオリ文化への配慮だ。

もともとNZの先住民族のマオリ族らは、部族の土地を守るために、見晴らしのいい高台を砦(pa=パ という)や居住区として使っていた。

オークランド博物館のある死火山の一つ「オークランド・ドメイン」にもかつてマオリ族が住んでいたという史実からも、オークランドの死火山群がマオリ族にとって重要な土地であったことが分かる。

オークランド・ドメインはウナギが採れる池だった!?トタラの記念樹から探るドメインの歴史

オークランドの中心部にほど近い場所にある同市最大の公園『オークランド・ドメイン』。なだらかな丘に一面の芝が美しく、頂点にはゴシック様式の重厚なオークランド博物館がそびえる風光明媚な観光スポットだ。   aucland museum博物館のある丘に立てば、クリケット…

実はそんなマオリの重要な土地に対して、イーデンへの頂上への車の乗り入れを禁止してほしいという要望が以前よりマオリ側から出されていた。マオリとオークランド市との話し合いの結果、2011年にはバスの頂上乗り入れが禁止されたのを皮切りに、最終的には一般車の乗り入れも禁止にしようと決められていたのだという。

2016年1月から始まった車の乗り入れ全面禁止というのは、マオリの長年の要望でもあったというわけだ。

その他の理由。レクリエーションと、死火山保護

さらに2つ目の理由として、車の乗り入れがなくなることによって喧騒がへって、徒歩で登る人々がより安心して眺望を楽しめるようになるということも、ニュースでは取り上げられていた。

個人的にも、「頂上への乗り入れ禁止」のレクリエーションにあたえる効果は高いと思う。禁止になった後に頂上に歩いて登ってみると、車の喧騒から離れるというのはただそれだけで心が休まるものだと再確認できた。穏やかな風の音がよく聞こえ、心なしか人々も静かに過ごしている印象だった。車のないイーデン頂上はまるで別物のようだ。

最後の3つ目は、「死火山を車の乗り入れによるダメージから保護する」という理由もあるという。オークランドに今に残る死火山群は歴史の生き証人。その重要なサンプルであるマウント・イーデンを守ろうという意見も専門家から出されているようだ。

申請すればこれまで通り車で頂上へいける

マウント・イーデン 頂上 シティ 展望 オークランド 個人ガイド

今回のこの措置は、全面的な立ち入り禁止ではなく、高齢者や障害者などの車が必要な方たちについては乗り入れを許可していく方針だという。

ただ、コードキーで開閉できる新しい電子ゲートを設置するのに多額の費用がかかり、計画はあるものの予算の工面はまだできていないということで・・ゲートの設置は数年先の話になりそうだ。

観光客はどう登ればいいの?

さて、一般観光客への影響はあるのだろうか?

2016年以降はすべての人はふもとの駐車場に車を置いて、そこから15分ほどかけて徒歩で登ることになる。幸いマウントイーデンの勾配はそれほどきつくなく、標高200mほどと言っても駐車場の時点でそれなりに標高があるから、200mきっかり足で登るわけでもない。気分を切り替えて、街中のちょっとした森林浴と考えればむしろ得をした気分にさえなるはずだ。

シティの中心部から歩いてきても頂上までは1時間足らず。時間の許す方はのんびり散歩を楽しんでみてもいい。

これからのマウント・イーデンは地元民にとっては安心して静かな景色を楽しめる散歩/ジョギングコースに。観光客にとってはすばらしい景色に加えて少しのエクササイズを楽しむ場所として再出発することになるのだろう。

ちなみに、駐車場の場所はマウントイーデンの西側と東側にある。周辺の路上も駐車可能。

マウント・イーデンのハイキング案内!野鳥と草花を思う存分楽しもう。

言わずと知れたオークランドの観光名所、標高196mのマウント・イーデン(Mt.Eden)。山の頂上からはシティの街並みが間近に見下ろせるとあって、週末は特にたくさんの人でにぎわっている。都市と住宅街に囲まれたマウント・イーデンは実は意外なほど野鳥や草花が見ら…

ABOUT THE AUTHOR

園芸/造園/個人ガイド/コラム外山みのる
ニュージーランド(オークランド)在住。20歳でNZワーホリ後、海外自転車旅や山小屋バイト等を経て再びNZへ。移住を目指して家族で奮闘中。お仕事は園芸や造園、個人ガイド、コラム執筆。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

こんな記事も読まれてます

Return Top