NATURE ニュージーランド

ちょっとだけNZの自然に詳しくなれるネイチャーマガジン

オークランドを一望!!スカイタワーの360°回転展望レストラン『オービット』を勧める3つの理由

オークランドを一望!!スカイタワーの360°回転展望レストラン『オービット』を勧める3つの理由

”南半球一高い”と言われるニュージーランドのスカイタワー。
あまり高い建物のないオークランドで328mのタワーは抜きんでた高さを誇り、この街の観光には欠かせない観光スポットになっている。

NZと日本を行き来するフライトの多くが発着することもあってか、多くの人にとってはNZ滞在の最初か最後の数日を過ごす街でもある、オークランド。

限りのある時間のなかで、オークランドの見どころを余すところなく見て回りたいと思われる方も多いはずだ。

そこで僕がおすすめしたいのは、スカイタワーの360度回転展望レストラン「オービット」。ここは名前の通り、レストランごと回転し、オークランドの大展望が楽しめる「観光スポット」でもある。先日お祝いをかねてオービットに行ってきたので、その時に感じた3つのおすすめポイントを紹介してみよう。

オービットのおススメ・ポイント1: スカイタワー入場料が無料になる!

www.skycityauckland.co.nz

www.skycityauckland.co.nz

オービットはスカイタワーというこの国の”一等地”にあるレストランとしてはとてもリーズナブルだと思う。ディナーコースは75ドル、ランチコースは55ドル(2016年)。しかもこの値段、スカイタワーの入場料が込みだから驚かされる。

スカイタワーの展望台の入場料は実は28ドルもする。しかも、展望台というのは普通に登るだけでは景色を楽しんで写真を撮ったらものの10分で終わってしまうもの。レストランなら2時間も滞在できて、リーズナブルに本格的なディナーが楽しめる。これなら利用しない手はないだろう。

オービットのおススメ・ポイント2: 高すぎず、低すぎず。夜景が楽しい&美しい!!

 

オークランドはNZの最大都市といっても比較的小柄な街なので、僕は正直、夜景は期待していなかった。でも夕食に席についてみて、びっくり!さすがに都会の真ん中だけあって、眩しいほどのイルミネーションだったからだ。

遠くにフェリー乗り場やオークランド博物館の高台が見えたりして、「あ、あそこ行ったことある場所だね!」なんて盛り上がった。レストランのある階の190メートルという高さは、オークランドの夜景を眺めるにはぴったりなんだろう。1時間弱でレストランが一周するので、2時間ほど滞在すればたっぷり夜景を楽しめる。

オービットのおススメ・ポイント3: 食事も本格的!!NZらしいメニューも。

retrip.jp

retrip.jp

食事の内容も、リーズナブルなのにしっかり楽しめる。3品のコースなのだが、メインコースにはラム肉のステーキのような「ニュージーランドらしい」メニューもあって、メニュー表のたくさんある料理の中から一品ずつ選ぶのはとても楽しいものだった。最後のスイーツも、甘すぎない日本人の口に合う上品なもの。これはなかなか満足度が高い!

ワインやビールは別料金だが、地元オークランドの銘柄やNZ各地のワインも頂けたりして、ワインもお好きな方でも充分楽しめると思う。

旅の最終日にオービットで夕食を楽しもう。

Orbit-Revolving-Restaurant-Auckland

www.latitude37.co.nz

オークランドは日本とのフライトの発着の街。翌日の帰国便のためにオークランドのホテルに一泊する方もたくさんいるだろう。

もし、最終日の夜に時間があったなら、夕食はスカイタワーのオービットでとってみてはどうだろう?オークランドの夜景を楽しみながら、NZ産のワインを片手に、これまでの旅の思い出を語り合ってみる・・まさにニュージーランドの旅の最終日にぴったりのシチュエーションではないだろうか。

スカイタワーの回転展望レストラン・オービットの詳細はこちら。
予約が必須ですので、1週間くらい前にはオンライン予約で席を確保しておこう。

[Orbit 360° Dining]
HP: https://www.skycityauckland.co.nz/restaurants/orbit/menu/

【営業時間】
[ランチ]
平日11.30am – 2.15pm
週末11am-2.30pm

[ハイティー(High Tea)]
2.30pm – 4.30pm ※土日のみ

[ディナー]
5.30pm – 9.30pm

【コース料金】
ディナー:75ドル
ランチ:55ドル
ブランチ(単品):20ドル~

【地図】
Level 52, Sky Tower
Corner of Federal and Victoria Streets, Auckland

ABOUT THE AUTHOR

園芸/造園/個人ガイド/コラム外山みのる
ニュージーランド(オークランド)在住。20歳でNZワーホリ後、海外自転車旅や山小屋バイト等を経て再びNZへ。移住を目指して家族で奮闘中。お仕事は園芸や造園、個人ガイド、コラム執筆。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

こんな記事も読まれてます

Return Top