NATURE ニュージーランド

ちょっとだけNZの自然に詳しくなれるネイチャーマガジン

[NZ この植物は何だろう?] 街中に降るコットン!? ふわふわ白い綿は誰の落し物?

[NZ この植物は何だろう?] 街中に降るコットン!? ふわふわ白い綿は誰の落し物?

ニュージーランドのオークランドでは、12月ごろになると街を歩くとこんなものがふわふわ漂っているのが目に入るようになった。拾い上げてみるとこーんなにたくさん(下の写真)!風に舞って、白い糸の塊がそこかしこに転がっている。

気になっていた方もいるのではないだろうか??

cottonwood on the hand コットン 綿 ふわふわ ニュージーランド オークランド 街 

cottonwood on the hand コットン 綿 ふわふわ ニュージーランド オークランド 街 

 

これは何だろうなぁと思って、一生懸命調べてみた。
この綿の正体は、”あの木”の落し物のようだ。

ふわふわ白い綿の正体は、コットンウッド。

名前はズバリそのまま、イースタン・コットンウッド(Eastern Cottonwood)と言う。ひねりがなくてすぐ覚えてしまう^^。学名はPopulus deltoides、ポプラの仲間だ。英語名から察するに、アメリカ大陸原産のコットンを生む木ということらしい。

cottonwood on the hand コットン 綿 ふわふわ ニュージーランド オークランド 街 

葉っぱは日本の南京ハゼのようなハート形。かなり高木になる樹で、本場アメリカでは高さ40メートルにもなるんだとか。服の材料になるコットンとは別物で、こちらのコットンウッドのコットンは商業用としては使われていないようだ。

でも、上記の写真のようにたんまりと地面にたまっているのを見るとなぜかもったいないなぁと思ってしまうのは、僕だけだろうか!?

Eastern Cottonwood by naturewatch

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントはこちら

*

COMMENT ON FACEBOOK

こんな記事も読まれてます

Return Top