NATURE ニュージーランド

ちょっとだけNZの自然に詳しくなれるネイチャーマガジン

街中の公園で見かけるマダラ模様の鳥。名前は何ていう?

街中の公園で見かけるマダラ模様の鳥。名前は何ていう?

ニュージーランドの公園や郊外のお庭などで、灰色っぽくてまだら模様のこんな鳥が、芝生や落ち葉の上にいるのを見たことはないだろうか?

song thrush ソングスラッシュ 灰色 まだら ニュージーランド オークランド 公園 芝生

ニュージーランドでよく見かける、この鳥の名前は何だろう?今日はこの鳥をくわしく見てみよう。

まだら模様の鳥、その名前は・・

公園やお庭、ちょっとした森のハイキングなんかでよく見かけるこの鳥。

この鳥は『ソング・スラッシュ』という鳥だ。英語名song thrush、和名はウタツグミ
見た目は違えど、以前紹介したブラック・バードと同じ仲間でもある。言われてみれば確かに姿形はよく似ているようだ。

街中で見かける黒い鳥。名前は何て言う?

12月にはいって夏の気配が漂ってきたニュージーランド。赤い花をつけるクリスマス・ツリーと呼ばれるポフツカワが海岸沿いに燃えるように咲き、街路の木々も一斉に色づいてきて、ビーチや公園はずいぶんと華やかな雰囲気になってきた。さて、そんな色とりどりの公園…

.

ソングスラッシュは和名にもなっている通り鳴き声がとてもきれいな鳥で、それを理由にニュージーランドにも持ち込まれたらしい。1867年、イングランドから船で運ばれ放たれたソングスラッシュたちはみるみるNZの気候に適応、今では北から南まで、ほぼNZ全土で見ることができる。

歌声をちょっと聞いてみよう。
本当~にいい声で鳴く。かつて、ヨーロッパからはるばる未開の孤島(ニュージーランド)にやってきたイギリス人たちが、故郷を懐かしんでソングスラッシュを放ったというのも、なんとなくわかる気もする。

卵はエメラルドブルー!ヒナの写真撮影にも成功!

以前ニュージーランドの種苗生産の現場で働いていたとき、ソングスラッシュは毎日のように現場周辺を飛び交っていた。ある日、たまたま親鳥が巣に戻るシーンを見つけ、「あ、巣があるんだな。」と思って様子を観に行ったら・・巣にはこんなカワイイ雛たちがギッシリ!

song thrush ソングスラッシュ 灰色 まだら ニュージーランド オークランド 公園 芝生 雛 ヒナ 鳥

ソングスラッシュのヒナたち

song thrush ソングスラッシュ 灰色 まだら ニュージーランド オークランド 公園 芝生 雛 ヒナ 鳥

ソングスラッシュのヒナたち。近づくと・・!?

ちなみに、ソングスラッシュの卵はこんなにカラフルなエメラルドブルー!
ワイナリーや庭木など身近なところに巣をこしらえる鳥だから、ひょっとしたらNZで巣を見かける機会が一番多い鳥かもしれない。

song thrush ソングスラッシュ 灰色 まだら ニュージーランド オークランド 公園 芝生 雛 ヒナ 鳥

ソングスラッシュの

約2週間ほどかけて成長して巣立ちを迎えるみたい。巣を見つけたら、そっと見守ってあげよう!

参考:New Zealand Birds online – song thrush
The Encyclopedia of NZ – song thrush

ABOUT THE AUTHOR

園芸/造園/個人ガイド/コラム外山みのる
ニュージーランド(オークランド)在住。20歳でNZワーホリ後、海外自転車旅や山小屋バイト等を経て再びNZへ。移住を目指して家族で奮闘中。お仕事は園芸や造園、個人ガイド、コラム執筆。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

こんな記事も読まれてます

Return Top