NATURE ニュージーランド

ちょっとだけNZの自然に詳しくなれるネイチャーマガジン

ワイヘキ島、ワイタンギ、ワイタケレ・・・よくみるマオリ語の「WAI」ってどんな意味?

ワイヘキ島、ワイタンギ、ワイタケレ・・・よくみるマオリ語の「WAI」ってどんな意味?

ニュージーランドにはマオリ語の地名がたくさんある。
知られた地名だけでも、ロトルア、カイコウラ、タウポ、テカポ、トンガリロ・・挙げてみるときりがないくらい、英語ではないマオリ語独特の地名ばかりだ。

さて、よくよくそれらマオリ語の地名を見ていると、似たような名前が多いことにも気づくだろう。
たとえば、オークラランド沖合のワインで有名な島は「ワイヘキ島 waiheke island」。
ピハビーチのある山地は「ワイタケレ waitakere」。
ニュージーランドという国が始まるきっかけとなった条約が結ばれた地も「ワイタンギ waitaingi」。
そう、どの地名にも最初に「ワイ WAI」が付いている。

ワイというのがマオリ語でどんな意味を持つのだろう?

マオリ語でワイ (WAI)が付く土地はどんな場所?

さて、いきなり答えに行く前に、地図を眺めてみよう。「ワイ」その地域に豊富にある、「あるもの」を表しているからだ。

オークランド沖合、ワインで知られるワイヘキ島。

s-waiheke ワイヘキ ワイヘケ島 オークランド 観光地 ワイン

西オークランドに広がるワイタケレ。

s-waitakere

ワイタンギは、オークランドからさらに北に車で2時間、北島の北部にある小さな町だ。
ワイタンギ条約というNZ発祥となる条約の締結地として名前が知られている。

s-waitangi

どうだろう?そう、ワイがつく地名はどれも「海辺」の土地で、山がちな場所にあることが分かる。

WAIの意味は「水」だった

「ワイ」の答え、それは、マオリ語で「水」を指す言葉だ。
ほかにも、小川、液体、など複数の意味を持つが、そのどれもが「水」に由来している。

つまり、地名にワイがつく地名は、「海に面した土地」もしくは「水の豊富な土地」という意味をこめて、そう呼んでいたのだった。

ちなみに、ワイヘキ(waiheke)の意味はcascading water=流れ落ちる水、

ワイタケレ(waitakere)はこれも同じくcascading waterとかdeep waterで、やはり水が多い、この場合は海と川の両方を指しての意味だろう。

ワイタンギ条約の締結地、ワイタンギ(waitangi) は、tangi= weeping water、意訳すれば水のしたたる場所、やはり水の豊富な場所という意味で用いられてる。

 

すべてのニュージーランドのマオリ名の土地に意味があって、いくつかの単語を組み合わせた名前であることが分かる。その名の由来に思いを馳せてみると、ニュージーランド滞在もきっとさらに面白くなるのではないだろうか。

★オンラインマオリ語辞典の紹介はこちら!↓

キーウィやカカポってどんな意味?NZの鳥をオンライン・マオリ語辞典で検索!

ニュージーランドの鳥たちの名前を覚えるのは、ほかの国とは違ってチョット苦労することが多い。その理由は多くの名前にマオリ語が使われているからだ。例えば「キーウィ」、「カカポ」はまだ覚えやすいとしても、「ティエケ」、「カカリキ」、「ティティポウナム」…

ABOUT THE AUTHOR

園芸/造園/個人ガイド/コラム外山みのる
ニュージーランド(オークランド)在住。20歳でNZワーホリ後、海外自転車旅や山小屋バイト等を経て再びNZへ。移住を目指して家族で奮闘中。お仕事は園芸や造園、個人ガイド、コラム執筆。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

こんな記事も読まれてます

Return Top