NATURE ニュージーランド

ちょっとだけNZの自然に詳しくなれるネイチャーマガジン

ラグビーW杯2015!オールブラックス戦をパブで観戦してみた!

ラグビーW杯2015!オールブラックス戦をパブで観戦してみた!

2015年はラグビーワールドカップが大いに盛り上がった。

日本代表が南アフリカから金星を奪ったニュースは世界中を駆け巡ったようで、ここニュージーランドでも、翌日の朝は新聞・ニュースはもちろん、地元の人たち会話にも日本代表のことが頻繁にあがったものだ。僕も専門学校で何度おめでとうと言われたことか(笑)

さてニュージーランドはと言えば、代表のオールブラックスは堂々の世界ランク1位でW杯2連覇もかかっており、ワールドカップは本当に盛り上がった。第2戦ナミビア戦は平日の朝7時(NZ時間)からという仕事前の時間帯だったが、パブリックビューイングの雰囲気を感じたくて大きなパブを選んで足を運んでみることにした。現地オークランドのパブでのオールブラックス観戦で感じたことをまとめみよう。

オールブラックス all blacks ラグビー ニュージーランド

パブは仕事前のサラリーマンで超満員!

早朝にも関わらず、オールブラックスが有名なハカの踊りを披露するころには、パブも慌ただしく人が出入りし、スーツ姿のサラリーマンたちで大賑わい。狭いパブに100人以上はいただろう。超満員で立ち見もできず帰る人もいたほど。みなそわそわして、観戦を楽しみにしていた様子が伝わってくる。

ニュージーランド人は紳士に観戦

面白いのは皆ビールではなくエスプレッソを注文していたことだ。なんて律儀な! 朝とはいえ、オーストラリアなら確実に”Grab a beer(ビールをつかめ!!)”だろう。この辺はお国柄なんだろうか。僕もフラットホワイトとサンドウィッチを注文。座席からキッチンを見ると、オーダーシートが1mくらい垂れ下がっていた笑。

紳士のスポーツ!? 相手チームにも賛辞!!

たとえばサッカー日本代表の観戦で、相手チームがゴールを決めたら新宿のスポーツバーのお客は盛大に拍手をするだろうか。

ニュージーランド人は自国のトライと同じくらいに、相手のトライにも賛辞を送っていた。これには感動!絶対王者のオールブラックスのサポーターだからできることなのか、NZ人の気質なのかはわからないが、きっとどちらも関係しているんだろう。

「おれたちは純粋にいいプレーを観にきているんだ」
NZ人の観戦の仕方はそんな気高さすら感じさせてくれる。それだけラグビーを愛してやまないということなんだろう。

オールブラックス all blacks ラグビー ニュージーランド

ラグビーW杯2015は時差の関係でNZ時間の早朝か深夜に放送されたが、多くのNZ人と同じように無理をしてでも観戦をした。どうせNZに住むのなら、できるだけ現地の人と同じように生活をして溶け込んでいきたいと思ったからだ。

ちなみに今回早朝6時から店を開けてくれた素晴らしいパブはここ!
オークランド中心部のフェリー乗り場沿いの通りにあって、しかも築100年を超える雰囲気あるパブだった。

The Northern Steamship (http://www.northernsteamship.co.nz/)

コメントはこちら

*

COMMENT ON FACEBOOK

こんな記事も読まれてます

Return Top