NATURE ニュージーランド

ちょっとだけNZの自然に詳しくなれるネイチャーマガジン

【グレートウォーク – ファンガヌイ・リバー】 カヌーでの川下りを実行に移すまでの3つのステップ

【グレートウォーク – ファンガヌイ・リバー】 カヌーでの川下りを実行に移すまでの3つのステップ

ニュージーランドが誇るトレッキングコースのトップ9、グレートウォーク。その中でも唯一歩きではなく川下りが楽しめるのが、ワンガヌイ・リバー・ジャーニーだ。

前の記事ではこの川下りの概要について書いたので、ここでは具体的に実行に移すための3つのステップをご紹介しよう。

【ファンガヌイ・リバー】グレートウォーク唯一の川下りに挑戦!

トレッキング大国ニュージーランドには、「グレート・ウォーク」と呼ばれている特別なコースがある。特に景観のすばらしいコースを環境省がそう格付けしているもので、コース数は北島に3本、南島に6本の合計9本。トンガリロやミルフォードなどの世界遺産も含まれてい…

ステップ1 カヌー/カヤックのレンタル

headerpic01

ワンガヌイ・リバー・ジャーニーはグレートウォークだけあって、カヌーを持たない旅行者でも5日間の川下りができるような仕組みが整えられている。

まずはカヌー/カヤックの手配をしよう。レンタル・ツアー会社は以下の3件が有名どころで、いづれもワンガヌイ・リバーの専門なので言ってみればこの川のプロたち。安心して任せることができる。料金、サービス内容は3社ともだいたい横一線。ただし若干オプションなどに違いが見られる。

カヌーレンタルに共通する主なサービスは以下通り。

・カヌーカヤックのレンタル
・予備のパドル
・ライフジャケット
・荷物一式が入る防水ケース
・マップ
・川まで/からの送迎
・旅中の自家用車の保管
・初日のカンタンな操作講習

レンタルカヌーのツアー会社は以下の3社(2016年現在)。

  • Whanganui River Canoes
    唯一「ホリデーパーク」という宿泊施設を併設したツアー会社なので、前日泊がしやすいのが最大の利点。ロケーションはスタート地点よりもフィニッシュ地点に近いRaetihiという町にある。レンタル料金は5日間で200ドル。
  • Taumarunui Canoe Hire
    スタート地点であるtaumarunuiから3kmの地点にある。僕が使ったツアー会社。広い敷地を利用しての前泊キャンプは無料、そのほか一泊65ドルのバックパッカー向けのユニットもあった。レンタル料金は5日間で200ドル。
  • Yeti Tours
    okakuneという、ゴール地点に近い町にある。料金はこちらもレンタル料は5日間200ドル、町には多少ショップもあって買い出しも可能。

ステップ2  ハット・パスを購入する

ニュージーランド ハット

夏期シーズン(10月~4月末)はハット・パスというものを事前に購入する必要がある。カンタンに言ってしまえば山小屋(ハット)/キャンプサイトの予約がいりますよということだ。(ちなみに、ハイシーズン以外は予約は不要、料金も安くなる。)

山小屋やキャンプサイトの予約は、各街にある環境保全省(DOC= department of conservation。通称ドック。)のオフィスかオンラインで行うことができる。オフィスは多くの場合、街の観光案内所とセットになっていることが多いので、すでにNZ入りされている場合はオフィスに行けばいろいろ聞けて便利かもしれない。

クレジットカード払いでよければオンライン・ブッキングが手っ取り早い。以下の公式ページから指示通りに泊まりたい日とハット名を選べばOK。空席状況がリアルタイムで確認できるので便利です。ハットは夏の休日などは比較的埋まってしまうが、キャンプサイトなら大抵いつでも空いている。

参考:DOC Online Bookingページ

気になるハットの料金は、が一人32ドル、キャンプ場は14ドル(2016年)。5日間の場合の2泊目にあたる「Whakahoro bunkroom」はなぜか10ドル。ギリギリ国立公園の外・・!?なんだろうか。

NZのハットの仕組みについては以前解説したので、最後のリンクを見てほしい。

ステップ3 前泊できる場所を確保する

PC307088 ファンガヌイ ワンガヌイ リバー 川 キャンプ カヌー カヤック 川下り
taumarunui Canue Hireのキャンプ場。無料!

旅の当日の集合時間は早いので、どうしてもツアー会社の場所と同じ町で前泊することになる。上記の3件のツアー会社はどれも小さな町にあるので、宿の選択肢は多くはない。

ベストなのはやはりツアー会社の提供する宿に泊まることだろう。上記3件のうち上の2件はキャンプサイトも含めて宿泊施設を提供している。僕もTaumarunui Canoe Hireの広い敷地にテントを張って泊まった(上の写真)。また、3件目に紹介しているyeti toursは自前の宿はないものの、Whanganui River Canoesの運営するholiday parkに泊まれば距離的には近いので問題ないだろう。宿泊施設についてはツアー会社にメールを送れば親切に対応してくれるはずだ。

Raetihi Holiday Park

出発地点であるTaumarunuiにも一件ホリデーパークがある。

Taumarunui holiday park

わかりにくい手続きも、こうやって順を追ってみるとそれほど難しくはないはず!ファンガヌイリバージャーニーの実際の模様は、電子書籍として出版しているので、99円の特別価格なのでポチッと呼んでみてほしい!

★ワンガヌイリバー関係の記事はこちら!

【ファンガヌイ・リバー】グレートウォーク唯一の川下りに挑戦!

トレッキング大国ニュージーランドには、「グレート・ウォーク」と呼ばれている特別なコースがある。特に景観のすばらしいコースを環境省がそう格付けしているもので、コース数は北島に3本、南島に6本の合計9本。トンガリロやミルフォードなどの世界遺産も含まれてい…

★ハットの予約方法はこちら!

ニュージーランドの山小屋(ハット)の泊まり方を徹底解説!!~グレートウォーク編~

ニュージーランドのトレッキングの魅力のひとつは、何と言っても山小屋(ハット)に泊まることだろう。NZには920ものハットがあり、歴史を感じさせてくれるもの、最新設備を持ったものなど、個性豊かなハットがたくさんある。それらを利用しながら大自然を満喫するの…
ニュージーランドの山小屋(ハット)の泊まり方を徹底解説!!

ニュージーランドのトレッキング(登山)の魅力の一つは、なんといっても山小屋(Hut)に泊まることだろう。NZでは山歩きが国民的アクティビティとして定着していることに加え、ハンティングなどのために建てられたものも山小屋に転用されるなど、本当にNZ全国津々浦々…

コメントはこちら

*

COMMENT ON FACEBOOK

こんな記事も読まれてます

Return Top