NATURE ニュージーランド

ちょっとだけNZの自然に詳しくなれるネイチャーマガジン

落差20m!ファンガレイの名所「ピロア大滝」で滝行体験

落差20m!ファンガレイの名所「ピロア大滝」で滝行体験

これまで数々の滝を訪ねて歩いた僕は、いよいよオークランド地域から抜け出してファンガレイにも足を伸ばすことになった。

今回行ってみたのは、ファンガレイの街から車で約40分、ダートの道の先にある隠れた名所「ピロア大滝」。

滝行の写真も撮れたので合わせてご紹介してみよう!

ファンガレイのPiroa Fallsへ!

オークランドからも日帰りでいけて、地元の観光案内では”Hidden Jem”(隠れた宝石)とも称される大滝、「Piroa Falls(ピロア・フォールス)」。

オークランドから車で1時間30分、ファンガレイからなら車で約40分、森の中のダートを走ってやっとたどり着けるこの滝は、知る人ぞ知る観光名所だ。落差が20mもありながら幅も広く、一眼レフのスローシャッターで撮ればかなり気持ちのいい写真も期待できる。

pria fallsの看板

.

僕と友人らがgoogle mapと格闘しながらピロア大滝についたのは、午前10時ごろだった。
ダートの田舎道を走ること15分、
「ほんとにこんなところに観光スポットがあるのか?」
と不安になってきたころに、森の中に「Piroa Falls」の看板を見つけた。

ピロア大滝の駐車場に到着。かなり僻地なのに、すでに5台以上の車があって驚いた。
ピロア大滝へのコース。ちょっとした川沿いの散歩道で5分くらい。

.

僕が行ったときは、ちょうど地元のマオリの人たちが滝壺で遊びをしていた。
写真も撮れないし、しばらく様子を見ていると、なにやら屈強な男たちが森の中をがさがさ登って滝の上側に登っていく。

「ま、まさか・・飛び込む気?」

と思っていたら、案の定、雄叫びとともに100キロはありそうな体を空中に放り投げてしまった。滝壺浅そうだけど大丈夫なのか・・?と、見ているこっちが勝手にハラハラしてしまう。でもどうやら十分深かったようで、男たちはものすごい水しぶきをあげて水の中に落ちていった。

ピロア大滝。10mはあろうかという高さから、滝壺に飛び込む地元の男達・・・

 

Piroa Falls(ピロア大滝)で滝行体験!

飛び込みを20分ほど楽しんだ男たちが帰っていくと、やっと本来の静かな大滝に出会うことができた。前評判通り、滝の幅が広くて、写真に収めるとなんともきれいな絹のような滝になった。

Piroa Falls

.
滝行もできそうだったから、滝の下に座ってみた。

真下までは行けないので、滝の目前の岩に座った。じっとしていると轟音を轟かせて落ちる水と風を背中全体にダイレクトに感じる。しばらく目を閉じて、体全体を自然の中に預けてみた。滝行をやったことがある人はわかると思うけれど、この瞬間は本当に体の全感覚がクリアになる。吐く息さえ冷たく清涼な空気に入れ替わったようだ。ピロア大滝のパワーを全身に感じる、素晴らしい体験だった。

滝行体験@Piroa Falls photo by Tomoya
滝行体験@Piroa Falls by Tomoya

 

ピロア大滝はオークランドからチョット遠いけど、土ボタルが見られる「ワイプケーブ」などと組み合わせて予定を立てるとよいと思う。無料で土ボタルが見られる洞窟については先日記事にしたので、そちらを参照してほしい。

ワイトモケーブだけじゃない。無料で入れるワイプ・ケーブで“土ボタルの星空”観賞!

ニュージーランドの土ボタル(グロウワーム)鑑賞と言ったら、オークランドから車で2時間ほどの南にある「ワイトモ・ケーブ」が有名だと思う。もしかしたらあまりに有名すぎて、ここでしか土ボタルを観られないと思っている人も多いかもしれない。でも、実のところ…

もう一つの滝行体験はこちら!

オークランドで滝行体験!モコロア・フォールスに打たれてきた

以前「オークランドで最も美しい滝」と紹介した、ワイタケレの「モコロア滝(モコロア・フォールス)」。顔立ちの整った端正な佇まいを見せてくれるこの滝を一目見た時から、僕にはずっと温めている企画があった。そう、それは、「この滝で“滝行”をやってみたい!」…

オークランド地域のハイキング&アクティビティ案内はこちらのMapからどうぞ。

ABOUT THE AUTHOR

園芸/造園/個人ガイド/コラム外山みのる
ニュージーランド(オークランド)在住。20歳でNZワーホリ後、海外自転車旅や山小屋バイト等を経て再びNZへ。移住を目指して家族で奮闘中。お仕事は園芸や造園、個人ガイド、コラム執筆。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

こんな記事も読まれてます

Return Top