NATURE ニュージーランド

ちょっとだけNZの自然に詳しくなれるネイチャーマガジン

“鳥の楽園” ティリティリ・マタンギ島の公認日本語ガイドを利用するには?

“鳥の楽園” ティリティリ・マタンギ島の公認日本語ガイドを利用するには?

”鳥の楽園”として知られるオークランド沖合の島「ティリティリ・マタンギ島 Tiritiri Matangi Island」。

ここはNZで最もよく知られる鳥類保護区の一つで、フェリーが運航しており観光客も自由にバードウォッチングを楽しむことができる。NZ本島ではめったに見られない鳥たちが暮らす島は、愛鳥家だけでなく一般観光客にも人気で、夏場はフェリーが満席になるほどだ。

さて、島にやってきた観光客の多くは1人10ドルのガイドウォークに申し込むのだけど(わずか10ドルで2時間以上もガイドしてくれるので、これは必ず利用したほうがいい)、オンラインブッキングで普通に申し込みをすると、当日は英語のガイドウォークに参加することになる。でも、それだと、「英語で鳥の専門的な説明を聞くのも大変・・」と不安になってしまう人も少なくないだろうし、かつては僕もそうだった。

そこで、ティリティリマタンギ島には日本人ガイドも数名在籍しているので活用してみよう。僕自身も2016年から研修を受けて正式に島のガイドとなることができたので、今日は『ティリティリマタンギ島の日本語ガイドの利用方法』について書いてみたい。

ティリティリ・マタンギ島の日本語ガイドに登録しました!

ティリティリ島の公認ガイドになりました。
ティリティリ島の公認ガイドになりました。

思い起こせば2006年にワーホリでNZを訪れてティリティリ・マタンギ島(以下ティリ島)に惚れ込んでから、僕とティリ島とのかかわりも10年以上が経った。あまりに好きすぎてワーホリ時代と専門学生時代に合計5週間もの泊まり込みのボランティアワークを行ったことが縁でガイドを志すようになり、2015年には6回(週一回の計6週間!)のガイドウォーク研修を受け、ついに島の公認ガイドになることができた。

2018年現在は、本業があるので平日のガイドはできないものの、週末(土日)であれば早めに要望を伝えてもらえれば日本人の方々ためにティリ島でのガイドウォークをすることができる

以下では、ティリティリ島観光の一連の流れと、日本人ガイドの利用方法をご紹介してみよう。

ティリティリ島のフェリー&ガイド予約から、当日の流れを解説!

ティリティリ島到着時の風景
ティリティリ島到着時の風景

.
まず、ティリ島のフェリーとガイドウォークの予約・支払いについて。
予約は、すべてフェリー会社のオンライン予約フォームから行う
フェリー会社のフラーズ(Fullers)のHP(https://www.fullers.co.nz/destinations/tiritiri-matangi-island/)から訪問したい日の便を選び、同じ画面で「ガイドウォーク」もあわせて購入しよう。

(※もしくは、直接オークランドのフェリー乗り場に行っても予約・購入はできる。)

大人はフェリー&ガイド料で85ドル、子どもは47.5ドル。
高そうに思えるが、フェリーは片道75分と長く、島のガイドウォーク2時間も含めて80ドルならむしろとってもリーズナブルな価格だと思う。

当日の流れは、
朝09:00にオークランド中心地のフェリー乗り場を出発し、午前中はガイドウォーク、午後は自由散策。帰りの便は15:30に島をでる。島に着くとさっそく環境省職員からのちょっとした説明があって、ガイドさんを割り振られてガイドウォークがスタート、ガイドウォークの所要時間は90分~2時間ほどだ。ちょうどお昼ごろにガイドウォークの”ゴール”となる灯台周辺に到着&解散、午後の2~3時間は自由に散策するのが一般的なティリ島の過ごし方だ。

ティリティリ島の日本人ガイドの利用方法

 .

takahe@ tiritiri matangi

さて、本題の「日本人ガイドの利用方法」について。
まず、ちょっと残念だけど、フェリーHPのオンライン予約ページには「日本語ガイドを利用する」という選択肢がない。というより、オンライン予約の際にガイドの言語を選ぶことはできない仕様になっている。

そこで、日本語のガイドをお願いする場合は、以下の手順で手配をしよう。

1.まず、通常通りにオンラインでフェリー&ガイドウォークのチケットを購入する。

2.ガイドウォークを主催するティリティリ島保護団体(Supporters of Tiritiri Matangi)にメールを送り、「〇月▲日に島に行くけど、日本語ガイドがほしい」とお願いしよう。

3.そうすれば、保護団体が日本人ガイドをアレンジしてくれるーーという流れになっている。ティリティリ島の日本人ボランティアは僕を含めて数名在籍しているので、きっとそのうちの一人がガイドとして一緒に島を歩いてくれるはずだ。

特に僕に(みのるに)お願いしたいという場合は、このHPの「お問い合わせ」から「〇月▲日にガイドをお願いしたいけど、都合はどう??」と僕に連絡をいただければ、僕の都合のつく日であればすぐに日本語ガイドウォークをセッティングすることができる。ただ、公認ガイドの規約上、各種予約や支払いは、お客さま各自で行うことになっているのでご注意を。

ちなみに、日本人ガイドを利用するからと言って僕から余計なお金は取ることはなく、通常の参加費10ドルを払うだけでOK。あくまでガイドは有志によるボランティアという位置づけだ。

ということで、ちょっと仕組みがややこしいけれど、もし疑問質問・または僕へのガイドの依頼などがあれば、トップページのお問い合わせからメッセージをしてほしい。お待ちしてます。

ティリ島の関連記事はこちら

オークランドの沖合にあるティリティリ・マタンギ島(Tiritiri Matangi Island)。この島はニュージーランドで絶滅の恐れのある貴重な鳥たちが飛び交う、“鳥の楽園”だ。この記事では、ティリティリ島に行ったら見ておきたい鳥たちを10種類挙げてみよう。1.タカへ …

オークランドで自然を楽しみたいと思ったら真っ先に候補に挙がるのは、沖合の島「ティリティリ・マタンギ島」だ。ここはニュージーランドで絶滅の危機に瀕する鳥たちを野生の状態で見られる鳥類保護の島。軽いハイキングもできて一日中遊べる、NZ屈指の観光スポッ…

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

COMMENTS

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 柿沼 美香里

    外山みのるさま  はじめてメールを差し上げます。東京都在住の50代の主婦です。来月初めに
    1人旅でオークランドに参ります。ティリティリマタンギ島への観光についてひとつ質問させていただきたくメールさせていただいています。

    オークランドの6,7月は比較的雨が多い時期と聞いております。せっかく島の散策をするなら、やはり天気が良い日にしたいなと思うのですが、冬のこの時期でもフェリーやガイドウォークの予約は渡航前に済ませておいた方が無難でしょうか? やはり冬でも直前は満席になっていることが多いですか?
    オークランドに到着してから天気予報を見て、島に行く日を決めようかな? と考えているのですがー。

    オークランド到着7月11日で、 12日、13日、14日のどこかで 島へ行く予定です。
    お忙しい所 大変申し訳ありません。どうぞよろしくおねがいいたします。

    柿沼 美香里(かきぬま みかり)

    • コメントありがとうございます。
      そうですね、たしかに7月は雨がちの天気です。ティリ島については、冬の平日であれば満席になることは稀だと思うので、到着後にチケット確保でも問題ないと思います。晴れることを祈ってます!

コメントはこちら

*

COMMENT ON FACEBOOK

こんな記事も読まれてます

Return Top