NATURE ニュージーランド

ちょっとだけNZの自然に詳しくなれるネイチャーマガジン

今月の人気記事トップ5 [2017年5月]

その月に発表した記事の中で、特によく読まれた記事をPV(ページビュー)順に紹介するコーナー「今月の人気記事トップ5」。2017年5月のトップは、ダントツでNZの新たな”星空保護区”候補についての記事だった。
今月は初めてFB上の広告も打ってみたので、その結果も併せて載せておきたい。

5月の人気記事 No.5:秋のNZで紅葉を楽しもう。オークランドの紅葉スポット8選

秋のNZで紅葉を楽しもう。オークランドの紅葉スポット8選

4~5月ごろにかけて、僕の住むオークランドも周囲の木々が色づき始めてきた。ニュージーランドの紅葉(黄葉)と言えば南島のアロータウンやクイーンズタウンなどが知られているけれど、さてオークランドのシティーやその周辺では紅葉を楽しめる場所はあるんだろう…

.
.
ほぼ秋も終わりかけの時期に”滑り込み”で上げた記事だったけれど、「オークランド」と「紅葉」という組み合わせが珍しかったのか短期間でよく読まれた。

日本のように「週末に紅葉を観に行こう」という雰囲気のまったくないニュージーランドだけど、都市部周辺でも丹念に探せばハッとするような秋の景色に出会える。今年の紅葉を逃した方も、来年用の豆知識と思って読んでおこう。

5月の人気記事 No.4:昆虫界のベビー級チャンピオン!!?世界最重量の昆虫「ジャイアント・ウェタ」に出会った!

昆虫界のベビー級チャンピオン!!?世界最重量の昆虫「ジャイアント・ウェタ」に出会った!

トレッキングやキャンプなど、自然の中で遊ぶアクティビティでの楽しみの一つは、なんといってもそこに住む生き物たちとの遭遇だろう。特にニュージーランドは固有種の宝庫で、鳥の8割ほどが固有種だし、もっと言えば植物もそのほとんどがNZでしか見られないものと言…

.
.

ニュージーランドの昆虫の代表と言ったら間違いなく「ウェタ」だ。
70種類以上が分布し、その最大のものは”世界最大”の重さにまでなる。ティリティリ島という島で最大種の「ジャイアント・ウェタ」についに出会ったときの体験談。

5月の人気記事 No.3:美しいルピナスの花が駆除の対象!?NZでルピナスが嫌われている理由とは。

美しいルピナスの花が駆除の対象!?NZでルピナスが嫌われている理由とは。

雪を冠した山々と雪解け水の川、そして平地に咲き乱れるルピナスの花・・・ニュージーランドのガイドブックやパンフレットの表紙には、きまって色とりどりのルピナスが咲き乱れる写真が使われている。きっとルピナスという花を知らなくても、どこかで見たことがある…

.
.
意外と知られていないNZルピナスの現地評。
美しいルピナスの花の影には、暮らしを追われた生き物たちがいるんです・・。

5月の人気記事 No.2:ブドウ2粒の申告漏れで罰金400ドル!!本当に厳しいニュージーランドの税関検査。

ブドウ2粒の申告漏れで罰金400ドル!!本当に厳しいニュージーランドの税関検査。

NZ入国の際、だれもが不安になるのが手荷物検査(税関手続き)だろう。僕もNZ入国の際は必ず別室送りにされてしまうし(理由は下のリンクに・・苦笑)、税関でいろいろ突っ込まれて大変だった、といった話はほんっとうによく聞く。さて、そんなNZの税関について、NZ…

.
.

5月最後の記事だったけれど、あれよと言う間に人気記事に。
入国の税関で、鞄の底でつぶれていた2粒のブドウがバレて罰金400ドル。検査官は一体なんでこんなに厳しいんだろう?
NZに持ち込んでいいもの、いけないものの考え方もご紹介。

5月の人気記事 No.1:テカポを超える星空!?「グレートバリア島」が星空保護区申請へ!

テカポを超える星空!?「グレートバリア島」が星空保護区申請へ!

ニュージーランドで星空観察と言えば南島の「レイク・テカポ」が真っ先に挙げられる。テカポは街を挙げて本気で星空世界遺産をめざしている小さな町で、現に「ダークナイト・リザーブ(星空の保護区)」としてすでに登録もされ、世界中から夜空を見に観光客がこの町…

.
.
5月の一位はNZのグレートバリア島が「星空保護区」に名乗りを上げた、という記事だった。
先月の一位「サザンライツ=南半球のオーロラ」の記事といい、日本人にとって「ニュージーランドで夜空を見上げる」ことはTo do listのかなり上位にあることが伺える。また星空関係は記事にしていきたいと思う。

FBいいね!が252→388に。広告の成果! アクセス総数は微増の1万6千PV。

FB上でも『Nature ニュージーランド』のページを作っているのだけど、ちょっと実験と思って10日間だけFB広告を利用してみた。結果から言うと、FB広告は大成功!150以上の新規の「page like」を獲得、そのせいもあってかアクセス総数も上昇。FB広告は、タイミングを見てまたやってみてもいいかなと思う。ご参考までに:)

ABOUT THE AUTHOR

園芸/造園/個人ガイド/コラム外山みのる
ニュージーランド(オークランド)在住。20歳でNZワーホリ後、海外自転車旅や山小屋バイト等を経て再びNZへ。移住を目指して家族で奮闘中。お仕事は園芸や造園、個人ガイド、コラム執筆。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

こんな記事も読まれてます

Return Top