NATURE ニュージーランド

ちょっとだけNZの自然に詳しくなれるネイチャーマガジン

ニュージーランドの冬至と夏至はいつ?日の出日の入り、日照時間の長さ。

この記事を書いている6月21日、ちょうど「今日は冬至なんだよ」とニュースがやっていた。ニュージーランドは明日から何秒かずつ日照時間が長くなり、雨がちな冬の向こうにある春を待ちわびる日々が続く。

さて、ニュージーランドで最も日照時間の短い「冬至」は6月21日。
これって、いったい何時間くらい太陽が顔を出してくれていて、ついでに言えば「夏至」はいつで、何時間くらい太陽が出ているんだろう?ニュースを見ていてちょっと気になったので、調べてみた。

ニュージーランドの冬至と夏至

オークランドの冬の寒い朝・・
オークランドの冬の寒い朝・・

.
まず、上述の通り、ニュージーランドの日照時間の最も短い「冬至」の日は、2017年度は6月21日(水)だ。
(日の出は07時33分49秒、日の入りは17時11分43秒)
北半球では同じ日が「夏至」に当たる。

同じように、日照時間の最も長い「夏至」は、2017年度は12月22日(金)
(日の出:05時58分45秒、日の入り:20時40分28秒!!)
同様に北半球では同じ日が「冬至」だ。

ちなみに、基本的に6月21日/22日は冬至、12月21日/22日が夏至になる。2018年、2019年の冬至・夏至の予定は以下の通りだ。

2018:ニュージーランドの冬至 06月21日
2018:ニュージーランドの夏至 12月22日

2019年:ニュージーランドの冬至 06月22日
2019年:ニュージーランドの夏至 12月22日

冬至と夏至の日照時間の長さは?

オークランドの夕暮れ・・
オークランドの夕暮れ@tiritiri matangi island

.
さて、気になる日照時間なんだけど、これが数字にしてみると驚くほど違う。

オークランドを例にとると、
2017年6月21日の冬至は、たった9時間37分58秒。
これに対して12月21日の、日照時間が最も長い12月22日は、14時間41分42秒。
その差はなんと約5時間もあるのだ。

これに加えて夏の間はNZには「サマータイム」という一時間だけ時計を進める制度がある。
この日照時間の長さとサマータイムによって、夏のニュージーランドは夜中9時ごろまでやたらめったら明るいという状況になっているのだろう。

冬のオークランドはよく降る雨も嫌だけど、朝起きたら7時ごろまで真っ暗というのも夜中に起きだしているみたいで目覚めが悪い。早く日の出と同時に起きられるくらい、日照時間が伸びてくれるのを待つばかりだ。

ABOUT THE AUTHOR

園芸/造園/個人ガイド/コラム外山みのる
ニュージーランド(オークランド)在住。20歳でNZワーホリ後、海外自転車旅や山小屋バイト等を経て再びNZへ。移住を目指して家族で奮闘中。お仕事は園芸や造園、個人ガイド、コラム執筆。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

こんな記事も読まれてます

Return Top