NATURE ニュージーランド

ちょっとだけNZの自然に詳しくなれるネイチャーマガジン

ウルル(エアーズロック)が登山禁止に。NZの聖地「トンガリロ」はどうなる?

ウルル(エアーズロック)が登山禁止に。NZの聖地「トンガリロ」はどうなる?

長年続いていた論争に、ついに終止符が打たれるようだ。

お隣の国・オーストラリアが誇る世界遺産・ウルル(エアーズロック)。この山の頂への登山が、2019年から禁止になるというニュースが入ってきた。ウルルは「先住民の聖地」としても知られており、土地の権利を持つアボリジニが長い間登頂を禁止してほしいと政府を協議を続けていた。そのロビー活動がようやく実を結んだ、とても画期的なニュースだと思う。

で、なぜ「Naure ニュージーランド」でオーストラリアの話を持ち出したかというと、実はニュージーランドにも同じような火種が各地でくすぶっているからだ。このウルルのニュースより少し前にも、NZ北島・トンガリロ山の登頂の是非を巡るニュースがでていたので紹介してみよう。

「聖地」と「観光」の間で揺れる、ニュージーランドのいまを、トンガリロの一例を見ながら追ってみたい。

ウルルが登頂禁止に。ニュージーランドへの波及は?

ウルル by Flicker

 ,

年間25万人もの観光客が訪れるウルルは、文字通りオーストラリア観光のドル箱的存在だ。でも、その巨大な奇岩は何万年も前から暮らしてきたアボリジニの聖地でもある。先住民の聖地に土足で登る・・これは彼らに敬意を払った正しい行いなんだろうか?・・そう疑問に思う人が、年々増えてきている。

・・一昔前なら、ウルルに観光に行くこと=頂上へ登ること、と言っても過言ではなかっただろう。日本の映画でも堂々と世界の中心で愛を叫んでいるし・・・。でも、近年は「ウルルは聖地」であるという認識が広まり、登頂をするのは全体の20%程度にまで落ち込んでいたという。「われわれの聖地に足を踏み込まないでほしい。」これは考えてみたら至極当前の要求であり、世界的に先住民の権利回復が叫ばれている昨今、ウルルが登頂禁止になるのも世界的な流れに沿ったものだと言っていい。

さて、そうなると気になるのがオーストラリアと同じく先住民を持つニュージーランドだ。

ニュージーランドの先住民、マオリ族。NZの原始の森に暮らした彼らには、土地に関わる多くの伝説が残り、それに関連する聖地が多い。自然、人口や観光客が増えるにつれ、「聖地を汚さないでくれ」という声も高まってきている。
聖地と観光の間で揺れる場所で代表的なのは、意外かもしれないけれど、北島にある世界遺産地域「トンガリロ」だ。かつてマオリ族の首長がイギリス女王に「この山々を守ってほしい」と譲渡し、国立公園・世界遺産となったという美談も残るトンガリロだけど、聖地へ観光客が立ち入ることを危惧する声も根強い。

マオリ族の聖地・トンガリロ。登頂禁止を求める声も。

https://www.flickr.com/photos/elisfanclub/6198669507/in/photolist-arKNuc-arKQ3T-arKzVc-arNtqy-arNdj9-arKBji-arNudY-arNsfh-arNdsA-arKPkn-arNvaN-arKANx-arKyeg-arKACx-arKFUg-Q91AVK-5ExeDk-7KX1w-bpoX6F-bpoVMR-7F9Jy-bpoTPR-5ExDdT-bpoZZv-7KX1y-8MSKdh-bpoRH8-bpoYXk-7F9JB-bpoRXP-4xYTq9-7F9Jz-7F9bh-8MPGeD-7Ko3o-bpoRaM-bpoUFH-7KX1u-5EBB4y-bpoY6X-bpoXoD-bpoYpa-5EvVZe-7KSBv-7KX1x-7KX1v-7F9JA-bpoWtk-bpoZfT-5ExwLH
トンガリロ国立公園でのトレッキング風景 by Flicker

ニュージーランドのオンラインニュース「Stuff.co.nz」の2017年10月のニュースに、興味深い記事がある。
タイトルは「Trampers told not to climb Tongariro Crossing’s Mount Doom」。意訳すると、「登山者にトンガリロ・クロッシングのナウルホエ山への登頂自粛を呼びかけへ」。

トンガリロ国立公園は主に3つの山「トンガリロ山」「ナウルホエ山」「ルアペフ山」からなっており、有名なデイウォーク「トンガリロ・クロッシング」は前者2つの山の間を抜ける8時間のコースだ。サイドトリップとしてこれらの山々の山頂まで登ることもできる。記事によると、2017年の夏からナウルホエ山への標識を外し、レンジャーらが現地で登山客への“登頂自粛”を呼びかけるという。ちなみに、ナウルホエ山は映画ロード・オブ・ザ・リングの「滅びの山」のロケ地として使われたことで一躍有名になった山でもある。

この3山を含むトンガリロ国立公園全体は、マオリ族の伝説が語り継がれる土地だ。

伝説上のポリネシアの土地・ハワイキからカヌーによってやってきた神官ナトロイランギは、ベイオブプレンティ―地域に上陸、内陸探検を始めることにした。ロトルア、タウポを通過してトンガリロ山を発見、これに登ろうと決意する。しかし、トンガリロでは吹雪に見舞われて、凍え死にしそうになってしまう。そこでナトロイランギは、ホワイト島(北島のベイオブプレンティー地域に浮かぶ島)に残っていた妹2人に「火を送ってくれ!」と頼んだ。声は南風に乗って届くと、不思議なことに彼と妹たちの間にあった環太平洋火山帯が次々に爆発、トンガリロまで火が届いたのだ。そうしてナイトロランギは一命を取り留め、その伝説を生んだトンガリロは長きにわたってTapu(神聖な場所)として畏れられてきたのだった。

そんな口承伝説の残る土地の頂上に立つというのは、やはりその先祖を守る立場のマオリ族にとっては喜べることではないはずだ。「聖地を汚さないでほしい」という主張が出てくるのも当然の話だと思う。

ナウルホエ山(筆者撮影2016)

.

ニュースによれば今回の自粛呼びかけは禁止ではなく、あくまで登山者の判断を仰ぐための呼びかけにすぎないという。ただ、オーストラリアで先例ができた以上、この隣国を後追いすることが多いニュージーランドでも同じ機運が高まってくるのも時間の問題かもしれない。ニュージーランドと言う国が、先住民の利権と観光業との折り合いをどうつけるのか、今後も見守っていきたいと思う。

ニュース元の記事:
・Stuff.co.nz – Trampers told not to climb Tongariro Crossing’s Mount Doom
・日本経済新聞 – 豪観光地「エアーズロック」19年から登山禁止に。先住民の「聖地」保護
・wikipedia – Ngātoro-i-rangi

コメントはこちら

*

COMMENT ON FACEBOOK

こんな記事も読まれてます

Return Top