NATURE ニュージーランド

ちょっとだけNZの自然に詳しくなれるネイチャーマガジン

何が原因?2018年5月より、オークランドのワイタケレ自然公園が立ち入り禁止に!?

何が原因?2018年5月より、オークランドのワイタケレ自然公園が立ち入り禁止に!?

いつかお知らせすることになるんだろうな、と思っていたニュースが、予想よりもはるかに早く届いてしまった。
オークランド近郊のハイキングスポット、「Waitakere regional Park ワイタケレ自然公園」が、2018年中に全面的に立ち入り禁止になることが分かった。毎年多くの旅行者が訪れる、有名なトレッキングコースをたくさん抱える原生林地帯が、なぜ立ち入り禁止になってしまうのだろう?今日は閉鎖の原因とともに、ニュースの詳細を追ってみたい。

2018年5月より、ワイタケレ自然公園は立ち入り禁止区域に。

2018年2月、残念なニュースが入ってきた。
ニュースタイトルは「Auckland Council votes to close Waitakere Ranges」。つまりオークランド市はワイタケレにある原生林地帯への立ち入りを禁止することに合意した、という。これまでも原生林の一部閉鎖は始まっていたが、2018年5月1日(予定)から全面的な立ち入り禁止という強い手段に引き上げられることになった。

ワイタケレ自然公園は、2018年5月から立ち入り禁止に
ワイタケレ自然公園は、2018年5月から立ち入り禁止に

でも、なぜ今このタイミングで立ち入り禁止という決定が下されたのだろう?

そもそも、1万6千ヘクタールという広大な原生林を有するワイタケレ自然公園は、貴重な動植物が数多く生息しており、オークランドで最も生物相が豊かな地域の一つだ。なかでも、とりわけワイタケレを有名にしているのは「Kauri カウリ」という大木だろう。NZ北島のごく一部にしか分布しない大木で、日本の縄文杉と同じように樹齢は最大で2000~3000年もあるとされ、ワイタケレにも樹齢1000年のカウリが残る。

しかし、近年はそんな貴重なカウリに病気が見つかり、ハイキングコース沿いのカウリが次々と枯れてしまう事態になってしまっていた。「Kauri dieback カウリダイバック=立ち枯れ病」と名付けられた病気は、ここ5年間で倍以上にも範囲が広がっているという。「このままでは次の5年でほとんどのカウリが病気にかかって枯れてしまう・・・」そんな緊迫した状況のなかで、オークランド市はついに、「森を守るためにワイタケレ自然公園を立ち入り禁止区域にしよう」と決断をしたのだった。

カウリの立ち枯れ病の主な原因は「ハイキング」!

僕がであった立ち枯れしたカウリ 2017年
僕がであった立ち枯れしたカウリ 2017年

.

つまり、ワイタケレ閉鎖の一番の目的は「カウリを病気の蔓延から守ること」だ。でも、どうして「木の病気」と「立ち入り禁止」が関係してくるのだろう??

これは、残念なことに、カウリの立ち枯れ病の一番原因が、われわれ人間のハイキングにあるからだ。

病気の原因となっている細菌は、実はそれ自体は移動手段を持たない。菌は雨などの水に流されたり、動物の足の裏についた泥などにくっついて森の中を移動する。そう、だから、大型哺乳類が一切いないニュージーランドにおいて、考えられる最大の原因は「ハイカーの靴についた泥」(!)と言うことになる。

実際、ある調査結果によれば、カウリの立ち枯れ病はハイキングコース沿いに集中しているという。ハイカーに”ヒッチハイク”して病気が移動し、蔓延しているのは一目瞭然なのだ。

実は2017年度からマオリ族は独自に「ワイタケレ自然公園を立ち入り禁止にしましょう」とRahui (=ban=禁止)宣言を出し、オークランド市も「コースの一部閉鎖」を発表して数か月間モニタリングを進めていた。でも、マオリの宣言も、一部閉鎖も、病菌の蔓延を止めるには十分ではなかったのだろう。今回の市の決定によって、先住民と市の足並みがいよいよ揃い、一丸となってカウリを後世に残す努力が始まったと言える。

ビーチはOK!ワイタケレ自然公園閉鎖の詳細は?

NZの原生植物、カウリ

.

今回のニュースが発表されたのは2018年の2月。「いますぐワイタケレが立ち入り禁止になる!」・・というわけではなく、これから数か月間、意見交換などをしたうえで、5月からの施行を予定している。カウリの木を守るための措置なので、ビーチや牧草地などは除外されるようで、有名な「ピハビーチ」や「カレカレビーチ」などは引き続き遊びにいける。

ざっと今回のニュースをまとめてみると、

  • ワイタケレ自然公園は2018年5月から全面立ち入り禁止に
  • カウリのない地域、たとえばビーチや牧草地などは除外される。ピハ&カレカレビーチはOK。
  • あまりに有名なハイキングコースは早期再開を検討中。たとえば「アラタキネイチャートレイル」等は、必要な対策を取った後(例えばボードウォーク化・砂利を敷き詰めるetc)に、再び公開予定
  • 禁止期間の長さは検討中
  • オークランド南部のHunua Regional parkの一部コースも閉鎖

★2017年の「一部閉鎖」のときの記事はこちら。病気についても解説してあるので併せてどうぞ!↓

NZのアウトドア好きにはちょっと不安なニュースが入ってきた。NZメディアのStuff.comやMaori TVのニュースによると、近い将来、オークランド近郊の原生林「ワイタケレ自然公園(Waitakere Regional Park)」への立ち入りが禁止になってしまうかもしれないという。そ...

ニュースソース:
ヘラルドオンライン:Simon Wilson: Auckland Council to close Waitakere Ranges

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントはこちら

*

COMMENT ON FACEBOOK

こんな記事も読まれてます

Return Top