NATURE ニュージーランド

ちょっとだけNZの自然に詳しくなれるネイチャーマガジン

メリノウールよりすごいアウトドアウェア新素材。軽くて暖かいNZ産「ポッサム・ファー」って!?

メリノウールよりすごいアウトドアウェア新素材。軽くて暖かいNZ産「ポッサム・ファー」って!?

マックパックやカトマンドゥ、アイスブレーカーなど、数々の良質なアウトドアブランドを世に送り出し続けている国、ニュージーランド。国の代名詞ともいえる羊から採ったメリノウールはその品質の良さでほかの追従を許さず、快適で温かいメリノウール製品はアウトドアシーンでは必須のアイテムと言っていい。

そんなニュージーランドにおいて、「メリノウールを超える素材」として近年注目を浴びている素材がある。それは、NZでは害獣とされている「ポッサム(和名はフクロギツネ)・ファー」だ。メリノウールよりも軽く、暖かい。そしてそんな大注目の素材「ポッサム・ファー」の由来や特徴、そしてメリノウールとブレンドした究極のウェアもご紹介しよう。

ニュージーランド発の究極のアウトドアウェア素材「ポッサム・ファー」って?

ポッサム。和名はフクロギツネ。
ポッサム。和名はフクロギツネ。photo by Flicker

.
聞きなれない素材、「ポッサムファー」。
ポッサム(Possumu)とはオーストラリア原産の和名・フクロギツネのことで、ニュージーランド産はやや黒っぽい色をしている。特に近年に産業化された毛皮というわけではなく、NZではもともと一定の生産量があった素材だ。どうしてここ数年で注目を浴びるようになったのかというと、ちょっと話題は逸れるようだけどNZ政府が「2050年までにポッサムを含む害獣をNZから根絶します!」と宣言をしたことにある。

なぜニュージーランドは外来種を根絶しようとするのか?

「2050年までにニュージーランドの外来哺乳類をゼロにします。」首都ウェリントンで、当時の首相ジョン・キーがそんな発表をしたのは2016年7月のことだった。ニュージーランド独自の生き物たちを守るために、問題となっている外来の哺乳類、たとえばポッサムやネズミ…

.
ポッサムはNZでは害獣として扱われるため、ポッサムファーを積極的に用いることでポッサムの数を減らそうという機運が高まっている。このことが、ポッサムファーに改めてスポットライトを当てることになった。

しかし、この厄介者のポッサム。これまであまり使われてなかったのが不思議なくらい、上質な毛皮を持つことが分かってきている。ウールやほかの素材と違う最大の特徴は、毛皮の一本一本の繊維に空洞があることだ。空洞があることで軽く、どの素材よりも熱を保つことができ、その暖かさはホッキョクグマとホッキョクギツネに次ぐとさえ(!)言われている

.

ポッサムファーとメリノウールの混合は、アウトドアウェアの究極の素材だ。
ポッサムファーとメリノウールの混合は、アウトドアウェアの究極の素材だ。

.

さらに90年代の初めに「ポッサムファーとメリノウールは混合可能で、相性は抜群」だという研究結果が出て、ポッサムファーを巡る動きに変化が起こった。それまではポッサムファーだけで編んだウェアやニット帽などがよく見られたが、これらは軽さが災いしてか”毛皮感”がすごくて人気がなかった。しかしNZが誇るメリノウールとポッサムファーを混合したことで、軽く、保温・透湿性にすぐれ、柔らかくしなやかという究極の素材が誕生したのだ。

現在ニュージーランドでは盛んにポッサムファーの研究&技術開発がなされ、アウトドアウェアやスポーツウェア、ハンティング用のウェアなどに利用されている。雪の高山や原始の森など、過酷な環境でこそポッサムファー&メリノウールの混合ウェアが支持されている証しだろう。

日本でもアマゾンで購入できる!NZ産ポッサムファー&メリノウールのアウトドアウェア

ポッサムファーとメリノウールのウェアはamazonでも購入できる

.

さて、そんなポッサムファー&メリノウール混合のウェアは、日本では買えるのだろうか?
調べてみると、アマゾンでは「Mcdonald NZ」という会社がウェアやアクセサリの取り扱いを始めているようだ。まだまだ新素材だからかウェアとなるとそれなりの値段はするが、ニットや手袋などのアクセサリは手頃な値段なので、購入を検討してみてはどうだろう。これらはアウトドアシーンだけでなく、普段使いやプレゼントなんかにも使えるだろう。

ポッサムファー製品はその使い勝手の良さだけでなく、購入することでニュージーランドの自然を守ることにもつながっていく。NZの貴重な自然を、”買って応援”していこう。

ポッサム&メリノ&シルクを使ったVネックセーター。インナーとして使えば保温&透湿にすぐれたレイヤーに。

.

ポッサムファーの軽い質感とメリノウールの柔らかさが絶妙で個性あるニット帽に。

.

ポッサムファーの特徴である保温性が最大限に発揮されるのは手袋だろう。メリノ混合で、もの持ちもよい。

.

お土産としても最適なマフラー。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントはこちら

*

COMMENT ON FACEBOOK

こんな記事も読まれてます

Return Top