NATURE ニュージーランド

ちょっとだけNZの自然に詳しくなれるネイチャーマガジン

フォックス氷河のレイク・マセソン。鏡に映る最高峰は見逃せないベスト・ビュー!

フォックス氷河のレイク・マセソン。鏡に映る最高峰は見逃せないベスト・ビュー!

NZ南島の西海岸の観光スポットいえば、なんといっても「氷河」だろう。というか、それしか思い浮かばないくらい、旅行で訪れる人の多くは氷河を観に西海岸にいくはずだ。

例えばクライストチャーチから西海岸に向かう場合、峠を越えて「パンケーキロック」が見どころのグレイマウスに到着、そこから一路南下して、有名な二つの氷河「フォックス氷河」や「フランツ・ジョセフ氷河」を訪れてテアナウやクイーンズタウンに向かうのが一般的なコースだ。どちらの氷河も山のふもとまでせり出すような迫力があって素晴らしい。

でも実は、僕にとって西海岸での忘れられない想い出は、そんな氷河よりも、それらがかつて創りだしたという湖を通してみる景色だった。フォックス氷河に近いレイク・マセソンという湖は、鏡のように周囲を映し、ニュージーランド最高峰のマウント・クックもみごとに湖面に描いてくれる。今日はそんな別名・ミラーレイクとも呼ばれる、レイク・マセソンを歩いてみよう。

フォックス氷河のレイク・マセソンへ

「フランツ・ジョセフかフォックス氷河、どっちに行ったらいいんだろう?」

たぶんそう悩む人も多いはず。僕も旅をしていたときはそうだった。でも、今なら明確に答えがあって、僕は断然フォックス氷河がいい理由はもちろん、そこにはレイク・マセソンがあるから。僕がフォックスに滞在したのは2006年だったから、今から10年も前の話になる。フォックス氷河にも登ったはずなのにその記憶はまるでなく、その代わりに氷河のふもとの町からレイク・マセソンまで歩いて訪ね、早朝の鏡のような湖を一周した思い出はどういうわけか色濃く残っている。静かで、神秘的な空間だった。本来の目的地である氷河ウォークを押しのけてまで人の記憶に残るのだから、レイク・マセソンは間違いなく一級品の光景だ。

マセソン湖 レイクマセソン matheson
Lake Mathesonまでの道のり。道中の景色もすでに一級品

マセソン湖はフォックス氷河のふもとの町からレイク・マセソンまで歩いて一時間ほど。車なら10分もかからない。一面の牧草地を貫く一直線の道路をのんびりと歩くと、馬や羊やヒバリがたくさん見れて、まったく退屈することなく湖に到着する。

早朝に湖を一周すれば・・

マセソン湖を一周するコースは約1時間30分(2.6km)で、道も平坦で歩きやすいお散歩コースといった様子だ。僕は日が昇ってから宿を出て歩いて向かったので、展望台に着いたのは確か9時近かったと思う。その時に撮った写真はこんな感じ。

マセソン湖 レイクマセソン matheson
レイク・マセソンからマウント・クックを眺める(著者撮影)

多少波が立ってしまっているが、それでもこの森に囲まれた小さな湖と3000m級の山々のコントラストを前にすると、心洗われるような気持ちになった。

このあたり一帯は、最後の氷河期のころはフォックス氷河におおわれていたという。巨大な氷の重圧で土地はえぐられ、氷河の後退とともに湖が点々と残ったのだ。森からしみだすタンニンという物質によって湖水は黒っぽく、明け方の風の凪いだ瞬間はまさに鏡となって山々を映しだしてくれる。途方もない時間をかけて創り上げた、地球の鼓動の造形美。条件がすべてそろえば、こんな景色が見られる。
Aoraki Mirrored on Lake Matheson
まさに、信じられないような景色だ。

ちなみに、上の写真と同じ構図のポストカードはよく売られているけど、どっちが上なのか下なのか、裏替えしてみるまで本当によく分からない。レイク・マセソンはそれくらい100%周囲を映しこんでくれる。フォックス氷河に行ったらぜひ歩いてもらいたいスポットだ。

参考:NZ環境省 Lake Matheson Walk

ABOUT THE AUTHOR

園芸/造園/個人ガイド/コラム外山みのる
ニュージーランド(オークランド)在住。20歳でNZワーホリ後、海外自転車旅や山小屋バイト等を経て再びNZへ。移住を目指して家族で奮闘中。お仕事は園芸や造園、個人ガイド、コラム執筆。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

こんな記事も読まれてます

Return Top