NATURE ニュージーランド

ちょっとだけNZの自然に詳しくなれるネイチャーマガジン

【ワイタケレ自然公園】ピハビーチのその先へ!ホワイツ・ビーチの絶景を目指す

【ワイタケレ自然公園】ピハビーチのその先へ!ホワイツ・ビーチの絶景を目指す

オークランド地域には26もの自然公園(regional park)がある。そのうち最も有名なのは、なんといってもオークランド西に広がるワイタケレ自然公園だ。

ここは1万6千ヘクタールという広大な自然がそのまま残された貴重な自然林地帯。ハイキングコースがよく整備されており、その長さはなんと250キロにも及ぶ。(東京⇔浜松間と同じ距離だ。)ルートを示すサインがあって初心者でも迷うことはなく、樹の根を傷つけないようにボードウォークも設置されていたりと、人にも環境にも配慮が行き届いてる。トレッキング&ハイキングをするには最高の環境が整っていると言ってもいい。

さて、今日は西海岸の名所と名高いピハ・ビーチを歩き、さらにその先にあるヒミツのビーチ、「ホワイツ・ビーチ」へ向かうコースを紹介しよう。登りは多いが、それに見合った風景を魅せてくれる。さっそく写真とデータで振り返ってみよう。

ノース・ピハビーチからホワイツ・ビーチへ

ノースピハビーチ~ホワイトビーチのループ・トラック
(Loop: Laird thomson track – Rose Track – White Track)

  • 【レベル】中級 (登り降りあり)
  • 【タイム】2時間
  • 【距離】9km
  • 【コース内標高差】210m
  • 【みどころ】ノースピハビーチと、その先にあるホワイツ・ビーチ。その両方を見下ろせる岬からの展望。

ワイタケレ自然公園のビーチと言ったらまず名が挙がる「ピハ・ビーチ」。そのさらに一つ北側に小さなビーチ「ホワイツ・ビーチ」があって、往復2時間のトレッキングで見に行くことができる。

上のGPSマップでは丘の上の道路からスタートとなっているが、ノースピハ・ビーチの最奥部にある駐車場からでもスタートできる。
ノースピハを一番北側まで歩いていくと、
「こんな所にコースの入口があるの?」
とおもうような隅っこに、Laird Thomson Trackの入口が見えてくる。急こう配の坂はキツイが、「Te Waha Point」という丘からの景色は絶景だ。ピハビーチをいつもとは反対側から眺め、北側にはまだ見ぬ「ホワイツ・ビーチ」が見える。

ホワイツビーチは両側を崖に囲まれた小さなビーチで、まるでプライベートビーチようだ。Rose Trackというコースでビーチまで実際に降りることができる。絶景ポイント「Te Waha Point」からなら往復30分程度でホワイツビーチまで降りられる。

White Track:ニカウの森を抜けてピハビーチへ

天然のニカウの森。ホワイト・トラックにて
天然のニカウの森。ホワイト・トラックにて

 

このコースの最高地点である標高210mまで上がれば(丘の上の未舗装路 anawhata road)、あとはwhite Trackという森の中を通るコースを使って、ノース・ピハビーチまで降りていくだけだ。僕にとってはこの森はかなり印象的だった。ゆうに百年以上は生きているであろうNZ固有のヤシの木、ニカウ・パームの大木がこれでもかと生えていて、場所によってはニカウしか生えていない森だったからだ。

以前の記事「ニュージーランドのヤシの木「ニカウ」。発見したマオリ族がガッカリした理由とは?」で紹介したように、ニュージーランドのヤシはとんでもなくゆっくり育つ植物だ。幹ができるのにさえ、50年くらいかかると言われている。そんなニカウが見上げるほど育った森は間違いなく原生林。きっと自然に生きていたマオリ族や、ヨーロッパからの初期入植者たちもここを通り、ヤシを利用したんだろう。僕はそんな場所を歩いている。そう思うと、なんだか太古のニュージーランドとどこか繋がることができたような気がして、なんだか嬉しくなってしまった。

ノース・ピハ・ビーチを北に向けて歩く
ノース・ピハ・ビーチを北に向けて歩く
ノース・ピハ・ビーチの奥にあるコース入口
ノース・ピハ・ビーチの奥にあるコース入口
Te Waha Pointからピハを見下ろす
Te Waha Pointからピハを見下ろす
Whites Beach ホワイツ ビーチ
ホワイツ・ビーチ。ピハの北側にある。

 

 

 

 

 

ABOUT THE AUTHOR

園芸/造園/個人ガイド/コラム外山みのる
ニュージーランド(オークランド)在住。20歳でNZワーホリ後、海外自転車旅や山小屋バイト等を経て再びNZへ。移住を目指して家族で奮闘中。お仕事は園芸や造園、個人ガイド、コラム執筆。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

こんな記事も読まれてます

Return Top