NATURE ニュージーランド

ちょっとだけNZの自然に詳しくなれるネイチャーマガジン

キーウィ

Tagged

もうすぐ誕生!NZの新しいグレートウォーク「パパロア・トラック」はどんなコース?
3443

もうすぐ誕生!NZの新しいグレートウォーク「パパロア・トラック」はどんなコース?

ニュージーランドに行ったら大自然の中でトレッキングをしてみたい!という方も多いだろう。 NZでのトレッキングは観光の目玉と言っていいほど人気があり、それだけにロンリープラネットなどのガイドブックには目移りするほどたくさんのコースが紹介されている。 でも、じゃぁ限りある時間の中で、ニュージーランドらしい景色に出会うにはど...
ここに行けばNZの飛べない鳥・キーウィが見れる!全13件観光施設リスト
14117

ここに行けばNZの飛べない鳥・キーウィが見れる!全13件観光施設リスト

世界でもニュージーランドにだけ生息する飛べない鳥・キーウィ。 国鳥にもなっているこの鳥を、旅行中に「なんとか一目見ておきたい!」と思う方も多いと思う。 もちろん野生や野生状態のキーウィを見るのが理想だけど、絶滅危惧種の上に夜行性なのでそうそう簡単にはお目にかかれないのがつらいところ。そこで今日はニュージーランドの動物園...
ニュージーランドで生のキーウィをほぼ確実に見る方法はこれ!!
4855

ニュージーランドで生のキーウィをほぼ確実に見る方法はこれ!!

ニュージーランドの国鳥・キーウィを、旅行中になんとか一度は目にしておきたいという方は多いと思う。でも、NZの動物園にある「暗室=キーウィハウス」で30分粘っても一羽も見れなかった・・なんて話はよく聞くし、見れたとしても「暗闇で動く毛玉」くらいにしか分からなかった・・(苦笑)なんて、もはや笑い話のような体験談も聞こえてく...
https://www.flickr.com/photos/nationalzoo/6379061997/
6809

ニュージーランドの国鳥・キーウィの鳴き声が聞きたい!おすすめのウェブサイト3選

ニュージーランドの国鳥にもなっている飛べない鳥、キーウィ。 現地のお土産店やガイドブックの写真では頻繁に見かけるほど有名だけど、実のところ数が減っているうえに夜行性なので、ほとんどお目にかかる機会はないと言っていい。NZに住んで3年目の僕でも、いまだに「野生のキーウィを見たことがある」というニュージーランド人に会ったこ...
NZの新たな名産品!?『キーウィベリー』ってどんなフルーツ?
3817

NZの新たな名産品!?『キーウィベリー』ってどんなフルーツ?

秋になってスーパーで面白いフルーツを見かけるようになってきた。 それは小ぶりなフルーつで、一つ一つは大きなマスカットくらいなんだけど、商品名は「キーウィベリー」と名付けられている。 「キーウィ」なのに「ベリー」?この意外な組み合わせに興味がわいて、ちょっと割高だけどスーパーで見つけた一パックを買って食べてみた。 キーウ...
https://www.flickr.com/photos/nationalzoo/4478839639/ kiwi キーウィ
1843

オークランドにキーウィが帰ってくる!フヌア自然公園に40羽のキーウィ放鳥へ

今日はちょっと明るいニュースだ。 数が減少し、絶滅も心配されるニュージーランドの国鳥・キーウィが、なんと数十年ぶりにオークランド地域に帰ってくることが決まったようだ。キーウィ放鳥のニュースを追ってみよう。 キーウィがオークランドに帰ってくる! .. まず、キーウィ放鳥のニュースの前に、背景の説明がいると思うのだけど、実...
キーウィの生存率はたったの5%!?NZが外来種ゼロを目指す切実なワケ。
3913

キーウィの生存率はたったの5%!?NZが外来種ゼロを目指す切実なワケ。

先日の記事「なぜニュージーランドは外来種を根絶しようとするのか?」ではいくつか書ききれないことがあったので続きを書いてみようと思う。 ニュージーランドは「2050年までに外来種を根絶する」と宣言をして世界を驚かせたのだが、こんなに強気な政策をぶち上げたのには当然ながら切実なワケがある。外来種の影響をもろに受けるのは飛べ...
ティリティリ・マタンギ島
2788

新着!ティリティリ・マタンギ島の美しさが分かるおすすめ動画5選!

以前からたびたび紹介しているオークランド沖合の鳥の楽園『ティリティリ・マタンギ島』。 NZを代表する鳥の保護区でもあるティリティリ島は、ほかでは見られない貴重な鳥たちが数多く生息している。タカへやペンギンなどを一目見ようと、夏のシーズンは定員150人のフェリーの予約が取りにくくなるほど人気の島だ。 そんな人気急上昇中の...
ランギトト島(+モトゥタプ島)の貴重な鳥類たちを写真で紹介!
4118

ランギトト島(+モトゥタプ島)の貴重な鳥類たちを写真で紹介!

3連休を利用して、ランギトト島とモトゥタプ島をテントを背負って歩いてきた。 ランギトト島はオークランド中心部からフェリーですぐいける島としてよく知られるが、モトゥタプ島というのはランギトトと短い橋で結ばれている隣り合わせの島で、こちらは貴重な鳥たちの保護区になっている。 それだけに2日間もこれらの島を歩くと、たくさんの...
2017年、オークランドに野生のキーウィがやってくる!?
2233

2017年、オークランドに野生のキーウィがやってくる!?

飛べない鳥たちの代表格と言ってもいい、ニュージーランドのキーウィ。 動物園では見ることができるこの鳥だけど、実のところ、野生のキーウィを見るのは一般の観光客にとってはかなり難しい。飛べないことが災いして、急激に数が減ってしまっているからだ。 オークランドもその例外でなく、野生のキーウィの生息地と言ったらコロマンデル半島...

こんな記事も読まれてます

チャンスは数年に一度!ニュージーランドの飛べないオウム『カカポ』に会いに行ってきた!

チャンスは数年に一度!ニュージーランドの飛べないオウム『カカポ』に会いに行ってきた!

2018年9月28日。この日は僕にとって、ちょっと特別な日になった。 なぜなら、総数148羽しかいない(2018年現在)ニュージーランドの飛べない鳥の一種「カカポ」に、10年以上も想い焦がれた末にようやく会うことができたからだ。 まんまるで...
カウリガム - カウリミュージアムカウリガム - カウリミュージアム

巨木カウリを観る前に立ち寄りたい。マタコヘの「カウリ・ミュージアム」は驚きがいっぱい

ニュージーランドでちょっと一風変わった旅がしたいと思ったら、僕は迷わずオークランド以北の「ノースランド」をおススメしたい。NZという国が産声を上げた「ワイタンギ条約」の締結地ワイタンギをはじめ、NZ最初の首都・ラッセルなど、ファー・ノースと...
マフランギ自然公園

オークランド近郊でキャンプをしよう。【マフランギ自然公園】のテント泊レポ

ぼくがまだ東京で仕事をしていたころ、よく神奈川の丹沢にキャンプをしに出かけていた。仕事がおわってすぐにテント場に向えば、夜の8時には山の中に張ったテントの中で紅茶をすすることができる。その手頃さが良くて、何度もただただテント泊をしたいがため...
こんな街中で羊の放牧!?オークランド近郊の”穴場”スポット『Mount St John Domain』でのんびり観光

こんな街中で羊の放牧!?オークランド近郊の”穴場”スポット『Mount St John Domain』でのんびり観光

オークランド郊外で、牧草地で草を食む羊の写真が撮れる場所として有名なのは、ガイドブックにも載っている『ワンツリーヒル』だろう。しかし、実は羊が見れるのはワンツリーヒルだけではない。オークランドには約50もの死火山があって、その多くはワンツリ...
オークランド 観光スポット アラタキ ビジターセンター 観光案内所

オークランドの隠れた観光スポット、絶景のアラタキ・ビジターセンターへ!

オークランドという街は人口100万人を超える大都会という側面がクローズアップされがちだが、実はすぐそばに手つかずの大自然が残るニュージーランドきってのアウトドアスポットでもある。 特に素晴らしい自然が残るのは、オークランドの西に広がるワイタ...
メリノウールよりすごいアウトドアウェア新素材。軽くて暖かいNZ産「ポッサム・ファー」って!?

メリノウールよりすごいアウトドアウェア新素材。軽くて暖かいNZ産「ポッサム・ファー」って!?

マックパックやカトマンドゥ、アイスブレーカーなど、数々の良質なアウトドアブランドを世に送り出し続けている国、ニュージーランド。国の代名詞ともいえる羊から採ったメリノウールはその品質の良さでほかの追従を許さず、快適で温かいメリノウール製品はア...
Return Top