NATURE ニュージーランド

ちょっとだけNZの自然に詳しくなれるネイチャーマガジン

アサガオは英語でなんて言う?英語で覚えたいNZでよく見かける植物

広々とした芝生にバラをはじめとした色とりどりのお花。イギリスから引き継いだ英国式の庭園がごく普通に見られるニュージーランドでは、本当にガーデニングが盛んだ。ちょっと郊外のお宅を覗けば、「よく手入れされているなぁー!」と感心するくらい美しいお庭がたくさんあって、そんな庭園を見て歩くのもニュージーランドの楽しみの一つとなっている。

ニュージーランドの庭園 ガーデニング
クライストチャーチの一般のお宅。Well Loved(よく手入れされている)!!

僕がニュージーランドに渡ってきてそんな庭園を見ていて驚いたのは、意外と「クラシックなイギリス式」に捉われずにいろんな国の草花を使ってこの国の人たちがガーデニングを楽しんでいるということだ。たとえば日本やアジア原産の椿やアジサイなんかは頻繁に見かける”必須アイテム”と言っていいくらい、NZでは大人気の植物だ。

さて、そうなってくると「このお花、日本語名ならわかるのに、英語でなんて言うんだっけ?」と頭を悩ませることが多々起きてくる。そこで今日は僕が見かけたニュージーランドの園芸植物の英語名を挙げてみよう。簡単なコメントもつけてある。表の上部の「和名」「英語名」タブをクリックすればアイウエオ順になる。

和名英語一言コメント
アサガオMorning Glory
(モーニンググローリー)
おなじみの朝の花。NZではそれほど一般的ではないようで、ヒルガオの方をよくみる
ヒルガオBind Weed
(バインドウィード)
ちょっとした土手によく見られ、キレイ、でも立派な雑草で、駆除の対象でもある。
椿Cammelia
(カメリア)
バラと似てるからか、NZではよく見かける。
アジサイHydrangea
(ハイドレィンジア)
日本の誇る園芸品種。日蔭で育つ貴重なお花でNZでも大人気
モクレンMagnolia
(マグノリア)
モクレンでも常緑モクレンはMichellia(ミケリア)と呼ばれ、垣根でよく見る。
ナンテンNandina
(ナンディーナ)
日本原産。庭先でよく見かける。赤い葉がいいアクセントに。
ユリ
Lily
(リリー)
アヤメやランと混同しがち。って僕だけ!?
Orchid
(オーキッド)
胡蝶蘭( Phalaenopsis orchid ファレノプシス)はどの園芸店でも売っている。
アヤメ
Iris
(アイリス)
水辺に咲く紫の花
ハスLotus
(ロータス)
水面から花や葉が飛び出すのがLotus。
スイレンWater Lily
(ウォーターリリー)
水面に花や葉が浮かぶのがWater Lily。
ツツジAzalea
(アザレア)
園芸店で入手可能
シャクナゲ(石楠花)Rhododendron
(ロゥドデンドロン)
名前が長い(笑)!
アオキJapanese Aucuba
(オゥキュバ)
日本原産の日蔭に強い低木。NZでもたまに見かける。
タマリュウ(竜の髭)Mondo Grass
(モンド―グラス)
あるいは竜の髭。日本式庭園では必須アイテム
Chrysanthemum
(クリサンセマム)
長いので通称Mum(マム)。
キンポウゲButtercup
(バターカップ)
芝生にもよく生えてる黄色い花。
ラッパ水仙Daffodil
(ダフォーディル)
癌の啓発イベントdaffodil dayではラッパ水仙を胸に付ける。
芝生Lawn
(ローン)
芝刈り機はLawn Mower(ローンモゥアー)。
ナデシコDianthus
(ダイアンサス)
カーネーション(Carnation)もナデシコ科。
日日草Periwinkle
(パーウィンクル) 
学名のVincaでも通じる
ワスレナグサ(勿忘草)Forget-Me-Not
(フォーゲット・ミー・ノット)
名前の由来は
http://naturenz.net/?p=8 にて解説。
シクラメンCyclamen
(サイクラメン)
冬の貴重な園芸用の草花。
芝桜Moss Phonix
(モス・フォニックス)
英語にすると妙にカッコいい。
キンレンカNasturtium
(ナスターシャム)
食べれるハーブ。園芸品種ですが、雑草としても良く見かける。持って帰って挿し木しよう。
ストレチアBird of paradise
(バード・オブ・パラダイス)
一目見たら忘れない南国チックなオレンジの花
シャコバサボテンChristmas Castus
Cran Cactus
(クリスマス/クラブ・カクタス)
カニみたいに育つ姿からクラブカクタスとも。
スミレViolet
(ヴァイオレット)
英語にすると強そうな名前。
ヤシPalm tree
(パーム)
NZ原産種はNikau(ニカウ)。お隣オーストラリア産のヤシがよく植えられる。
クンシラン(君子蘭)Clivia
(クライビア/クリビア)
公園の大木の下などの日蔭には必ず植えられる。最もよく見るお花の一つ。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントはこちら

*

COMMENT ON FACEBOOK

こんな記事も読まれてます

NZ入国。100人並んだ税関で、なぜ僕だけ別室検査になったのか。

NZ入国。100人並んだ税関で、なぜ僕だけ別室検査になったのか。

ニュージーランド旅行の際、入国時の”最大の難関”となるのが税関手続きだろう。税関とは入国審査をおえた後の、持ち物検査などがある場所のこと。僕はNZ入国のときはいつもあそこでひっかかってしまう。 前回ニュージーランドに入国したときも、やっぱり...
東の海から西の海まで!オークランド『コースト・トゥ・コースト』で街並みウォーク!

東の海から西の海まで!オークランド『コースト・トゥ・コースト』で街並みウォーク!

ニュージーランドに数あるトレッキングコースと言えど、これほど特色あるコースはそうそうないだろう。 トレッキングとは言っても歩くのはアスファルト。東の海(太平洋)からスタートして、目指すは西側の海、タスマン海。オークランドの都市部を東西に貫く...
観光ビザでNZの銀行口座を開ける方法

観光ビザでNZの銀行口座を開ける方法

ニュージーランドの銀行の金利は世界的に見ても比較的高いことで知られている。 2016年現在でも、一ヶ月定期預金の金利は2.5%~。2年以上のコースともなれば4%を超えている。日本の0.1%さえ下回る金利からすればとても魅力的な数字だ。 でも...
海外7か所でWWOOF体験。イチバン良かったWWOOFと残念だったWWOOF

海外7か所でWWOOF体験。イチバン良かったWWOOFと残念だったWWOOF

ニュージーランドで農業体験と言えば、WWOOF(ウーフ)という制度があって多くの旅人に利用されている。 オーガニックや自然に興味があった僕も、無料で泊まれるうえにファーム生活が体験できるとあって、ワーホリ時代を含めてよく利用していた。オース...
NZの飛べない鳥・タカへ(無断転載を禁止します)

ニュージーランドの飛べない鳥たちは、なぜ激減してしまったのか?

鳥の楽園として知られるニュージーランド。 はるか昔からほかの大陸と離れていたため哺乳類が存在せず(コウモリをのぞく)、進化の実験場のような孤島で生き物たちは様々な進化を遂げてきた。 ニュージーランドの進化で特に注目すべきは、なんと言っても鳥...
ノースランド最高峰のトラック、Taita Bride Track。小川も多く、緑が濃い。

ノースランドの最高峰登山・・敗退!なんともNZらしい途中下山の理由とは?

ここ最近、「NZ各地域の最高峰を登ろう」とテーマを持って登山をしている。前回オークランド地域の最高峰に登ったので、次はノースランド地域(オークランド以北の全域)の最高峰に行こうと、週末をつかって遠征に行ってきた。 ノースランド最高峰は巨木カ...
Return Top