NATURE ニュージーランド

ちょっとだけNZの自然に詳しくなれるネイチャーマガジン

[NZ この植物は何だろう?] 街中に降るコットン!? ふわふわ白い綿は誰の落し物?

[NZ この植物は何だろう?] 街中に降るコットン!? ふわふわ白い綿は誰の落し物?

ニュージーランドのオークランドでは、12月ごろになると街を歩くとこんなものがふわふわ漂っているのが目に入るようになった。拾い上げてみるとこーんなにたくさん(下の写真)!風に舞って、白い糸の塊がそこかしこに転がっている。

気になっていた方もいるのではないだろうか??

cottonwood on the hand コットン 綿 ふわふわ ニュージーランド オークランド 街 

cottonwood on the hand コットン 綿 ふわふわ ニュージーランド オークランド 街 

 

これは何だろうなぁと思って、一生懸命調べてみた。
この綿の正体は、”あの木”の落し物のようだ。

ふわふわ白い綿の正体は、コットンウッド。

名前はズバリそのまま、イースタン・コットンウッド(Eastern Cottonwood)と言う。ひねりがなくてすぐ覚えてしまう^^。学名はPopulus deltoides、ポプラの仲間だ。英語名から察するに、アメリカ大陸原産のコットンを生む木ということらしい。

cottonwood on the hand コットン 綿 ふわふわ ニュージーランド オークランド 街 

葉っぱは日本の南京ハゼのようなハート形。かなり高木になる樹で、本場アメリカでは高さ40メートルにもなるんだとか。服の材料になるコットンとは別物で、こちらのコットンウッドのコットンは商業用としては使われていないようだ。

でも、上記の写真のようにたんまりと地面にたまっているのを見るとなぜかもったいないなぁと思ってしまうのは、僕だけだろうか!?

Eastern Cottonwood by naturewatch

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントはこちら

*

COMMENT ON FACEBOOK

こんな記事も読まれてます

ラスプ・ファーン rasp fern

どうしてこんなに赤いの?NZのシダ「ラスプファーン」の赤さのヒミツ

ニュージーランドでトレッキングをしていてよく出会う植物はなんといってもファーン(シダ)だろう。NZの森には木のように生えるシダも多く、上にも下にもシダが茂る森は一度みたら忘れないインパクトがある。 さて、今日はそんなニュージーランドのシダの...
野生のペンギンが見たい!オークランドから行けるペンギン・スポットはここ!

野生のペンギンが見たい!オークランドから行けるペンギン・スポットはここ!

ペンギンと言えば南極の氷の上にいるイメージがあるけれど、ここニュージーランドにもペンギンがいる。いるどころか、NZでしか見れない種類も多く、世界のどの国よりも種類が豊富な「ペンギン王国」でもある。 全18種類のペンギンのうち7種がNZに生息...
電子書籍『NZグレートウォーク ファンガヌイ・ジャーニー カヌーで旅した5日間』を出版!

電子書籍『NZグレートウォーク ファンガヌイ・ジャーニー カヌーで旅した5日間』を出版!

ニュージーランドには政府公認の最高峰トレッキングコース『グレートウォーク Great Walks』というものがある。 グレートウォークとは、NZのトレッキングコースのなかでも特に素晴らしいコースを代表してそう呼ばれるもので、北島に3か所、南...
まるで野外美術館!?ブリックベイ・ワイナリーの「Sculpture Trail」は隠れた観光スポット!

まるで野外美術館!?ブリックベイ・ワイナリーの「Sculpture Trail」は隠れた観光スポット!

オークランドから北に一時間、毎週土曜のマーケットでも知られる「マタカナ地方」は、ワイナリーの宝庫だ。オークランドからの日帰り観光で「マタカナツアー」を選ぶ人はとても多いし、僕のツアーでも「マタカナのワイナリーを周りたい!」とよく要望が届く。...
昆虫界のベビー級チャンピオン!!?世界最重量の昆虫「ジャイアント・ウェタ」に出会った!

昆虫界のベビー級チャンピオン!!?世界最重量の昆虫「ジャイアント・ウェタ」に出会った!

トレッキングやキャンプなど、自然の中で遊ぶアクティビティでの楽しみの一つは、なんといってもそこに住む生き物たちとの遭遇だろう。特にニュージーランドは固有種の宝庫で、鳥の8割ほどが固有種だし、もっと言えば植物もそのほとんどがNZでしか見られな...
Return Top