NATURE ニュージーランド

ちょっとだけNZの自然に詳しくなれるネイチャーマガジン

ラグビーW杯をパブで観戦!早朝3時半でも超満員のオールブラックス戦レポート

ラグビーW杯をパブで観戦!早朝3時半でも超満員のオールブラックス戦レポート

ラグビーW杯2015の観戦レポート。第二弾の今回は、いよいよトーナメントもクライマックスに向かったころの観戦の模様だ。

ワールドカップ2015の準決勝。オールブラックス×南アフリカの試合はなんとしても生でパブリックビューイングたいと、僕は朝の3時に起きてパブに向かった。さて、パブでのパブリックビューイングは、どんな雰囲気だったんだろう?

早朝4時からの試合。パブは3時半に開店する。

ニュージーランド 外山みのる オールブラックス ラグビー

さすがに朝が早すぎるので、今回はオークランド中心部まで繰り出さずに近くのバーに行った。行ったのはマウント・イーデンのバー。NZはどの町にも必ず一つはスポーツバーがあって、オールブラックス戦であれば24時間体制で店を開けるのはもはや当たり前のようだ。早朝4時からの試合の今回は、3時半にお店が開いた。

僕は前回いい席が取れず首をのばして観戦したので、今回はいい席をとろうと3時半きっかりにお店を訪れてみた。すると・・

まさかの・・予約でいっぱい!!

ニュージーランド 外山みのる オールブラックス ラグビー

ニュージーランドはラグビー大国だとは知っているつもりだった。オールブラックスが世界ランキング1位なのも知っている。でも、さすがに3時半に行けば席が取れるだろうと見越していた。・・が、行ってびっくり!写真の通りどの席も「予約済み」だったのだ。

ニュージーランドでのオールブラックス戦のパブ観戦は、予約をしていくのが通例のよう。ただ今回は一席だけ都合よく空いていたので事なきを得て、場所を確保することができた。

地鳴りのような声援。決勝トーナメントの応援は熱量が違った!

相手がライバルの南アフリカだけあって、前日は地元キーウィたちも「オールブラックスは負けるかもしれない・・」というほど勝てるかどうかギリギリの力量差。それだけにキーウィたちの応援も力が入っていた。こっちがびくっとするほどの声援がとび、後半にオールブラックスが逆転トライを決めると地響きがするようなどんちゃん騒ぎ!!

前回(ナミビア戦)は皆かなり冷静に見てた印象があったのは、やはり相手が格下だったからだったのだろう。そういえば前回はパブなのにみなコーヒーで観戦してたけれど、今回はほぼ100%の客がビールだった。これも”本気度”の表れということだろうか(笑)

オールブラックス勝利で試合終了!店員は決勝の予約に大忙し。

ニュージーランド 外山みのる オールブラックス ラグビー

試合は20-18の僅差でオールブラックスの勝利!
試合が終わると誰もが「今日は気持ちよく仕事ができる」と、満面の笑みで帰宅していった。ふと店員を見ると、紙とペンを片手になにやら大忙し。よく見るとさっそく帰宅する客ほぼ全員から予約の注文を受けていた。僕も前にならえで決勝戦の席を予約。これで今度こそ安心して試合観戦ができそうだ。
(写真の店員さんはずっと試合に夢中だった(笑)大事なラグビーですし、何よりニュージーランドだし、ご愛嬌で。)

今回利用したパブはこちら!Mt.EdenにあるDe Post Belgian Beer Cafe。ここも雰囲気がよかった!

★観戦の記録・第一弾はこちら↓

2015年はラグビーワールドカップが大いに盛り上がった。日本代表が南アフリカから金星を奪ったニュースは世界中を駆け巡ったようで、ここニュージーランドでも、翌日の朝は新聞・ニュースはもちろん、地元の人たち会話にも日本代表のことが頻繁にあがったものだ...

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ABOUT THE AUTHOR

園芸/造園/コラム外山みのる
ニュージーランド在住。20歳でNZワーホリ後、海外自転車旅や山小屋バイト等を経て再びNZへ。お仕事は園芸や造園、コラム執筆等。

コメントはこちら

*

COMMENT ON FACEBOOK

こんな記事も読まれてます

cabbage tree キャベッジツリー ニュージーランド 植物

幹は煙突に、新芽は食料に。先住民マオリが愛用した「キャベッジ・ツリー」とは?

古くからほかの大陸から離れていたおかげで独特の生態系を持っているニュージーランド。生き物ではキーウィなどの飛べない鳥たちがよく知られているが、植物もキーウィに負けずNZ固有のものが多く、なんと植物の固有種率(=NZでしか見られない)は80%...
オスとメスでまったく違うクチバシを持つ鳥「フイア」。彼らが絶滅に追い込まれた理由とは・・

オスとメスでまったく違うクチバシを持つ鳥「フイア」。彼らが絶滅に追い込まれた理由とは・・

いつもは美しくて素晴らしいニュージーランドの自然を紹介する当HPだけど、今日だけはちょっと”負の側面”、つまりすでにいなくなってしまった鳥たちの話をしてみたいと思う。 たった100年ほど前まで、ニュージーランドの北島の森には、世界でも例のな...
北岳 山小屋アルバイト アルプス 南アルプス

頂上目指す登山はもうやめない?ニュージーランドに学ぶ、山そのものを楽しむ歩き方。

日本で登山をすると言えば、それはほとんど100%山頂に登ることを意味していると思う。 僕もこれまでまったく疑うことなく、登山というのは苦労して汗かいてどれだけ高い山に登るかである、と思ってきた。頂上を踏まない登山は成功とは言わない。登山地図...
Return Top