NATURE ニュージーランド

ちょっとだけNZの自然に詳しくなれるネイチャーマガジン

記事&コラム/電子書籍

ニュージーランド関係の記事・コラム執筆業

媒体を問わずNZ関係、特にアウトドアや自然に関する記事の執筆を承っております。

これまでの主な実績は以下のサイトにて掲載中です。

①大手旅行比較サイト『トラベルコちゃん
旅の情報>海外現地口コミ ― 現地を知り尽くしたプロによる、海外“最旬”情報にて、オークランド情報担当中

②旅行サイト『TRIP’S ーすべて現地取材 本物の旅人のための旅Tip’sー
ニュージーランド記事担当中

電子書籍の出版業

ニュージーランドの自然・アウトドアに関する自身の体験をもとに、電子書籍の企画・出版も行っております。Amazonキンドルストアにて電子書籍をセルフパブリッシングし、これまで100冊以上を販売しています。

電子書籍に関するお仕事の依頼も承ります。ご意見ご感想もお待ちしております。

大陸横断!! オーストラリア自転車の旅 シドニー→メルボルン編 (2015年発売)

大陸横断!電子書籍

「海外を自転車で旅してみたい!!」
そんな夢をオーストラリアで実現し、東のシドニーから西のパースまで、自転車で大陸横断を果たした著者の2年間9000キロにわたる旅のエッセイ。
自転車旅は目的地に着くまでが面白い。思いもよらない動物たちとの出会いや壮大な景色を楽しみ、道中で幾度となく交わされる出会いと別れに感謝する。すべてが初めて尽くしの海外自転車旅、その旅の序盤《シドニー→メルボルン編》、全11話を収録。

売上60冊突破!

ニュージーランド グレートウォーク《ファンガヌイ・ジャーニー》カヌーでNZの大自然を旅した5日間 (2016年発売)

ニュージーランド グレートウォーク ファンガヌイ ジャーニー カヌーで旅した5日間

ニュージーランドでアウトドア三昧の生活を送るアウトドアライター・外山ミノルが送る、グレート・ウォーク体験の体当たりフォトエッセイ。

「ニュージーランドの国立公園で川下りができるって!?」
NZが誇る最高峰のトレッキングコース9選、『グレートウォーク』。その中でたった一つだけカヌーで川下りをするコースがあると聞いて行ってみた。原生林の真っただ中を流れる川にカヌーを浮かべ、キャンプをしながらパドルをこぎ続けた5日間、145キロのカヌー旅。水面すれすれの目線から見た、ニュージーランドの知られざる景色、先住民族マオリとの交流、暴風との闘いを描くNZアウトドア体験記シリーズ第一作。

カヌー部門初登場1位獲得!
売上60冊突破!

COMMENT ON FACEBOOK

こんな記事も読まれてます

“世界一幸せな動物”、ちびワラビ―「クオッカ」・・を、海に投げ入れたNZ人が逮捕される・・

“世界一幸せな動物”、ちびワラビ―「クオッカ」・・を、海に投げ入れたNZ人が逮捕される・・

オーストラリアの東海岸の大都市・パース。そこからさらにフェリーに乗ること一時間の沖合に、『ロットネスト・アイランド』という島がある。一見なんでもないこの島には、実は世界的に知られる、ある動物がいる。 「世界一幸せな動物」なんて称される小さな...
ニュージーランド晩夏の風物詩はセミの大合唱!NZセミのマオリ名とその詩的な由来

ニュージーランド晩夏の風物詩はセミの大合唱!NZセミのマオリ名とその詩的な由来

ニュージーランドでは夏も盛りを過ぎる2~3月ごろになると、鳥の声にとって代わるほどの大合唱がいたる所で聞こえてくるようになる。 何の合唱かというと、そう、日本ではおなじみの、セミの大合唱!ニュージーランドにもセミがいるのだ。 先日オークラン...
こ・・これは本物なの!?「ジャイアント・ウェタ」は目を疑う大きさだった・・

こ・・これは本物なの!?「ジャイアント・ウェタ」は目を疑う大きさだった・・

ニュージーランドはオークランドにある鳥の楽園「ティリティリ・マタンギ島」にて日本人向けのガイドをしているのだが、先日久しぶりに訪問したら、またまた奇跡的に巨大昆虫に出会ってしまった。しかも、以前見かけたのよりも一回り大きく、間違いなく成虫の...
cockles

ニュージーランドで潮干狩り?!ピピ・コックルはアサリのように美味しい。

あまり海の幸が食卓に乗らないニュージーランド。日本人にとってはあまり嬉しくないことのように思えるけれど、それはただ単に魚や貝をあまり食べない食文化によるものであって、そのせいか海に行けば荒らされていないのでカンタンに”食材”を調達することが...
留学生におすすめ!試験対策に『Simple Wiki』を活用しよう!

留学生におすすめ!試験対策に『Simple Wiki』を活用しよう!

ニュージーランドに限らず、海外に留学をすると、避けて通れないのがアサイメント(レポート)と試験だろう。 日本語でも大変なレポートを英語で何百字も書くというのは、正直慣れていないと大変な作業だ。 そこで多くの留学生はわからない単語やキーワード...
Return Top