NATURE ニュージーランド

ちょっとだけNZの自然に詳しくなれるネイチャーマガジン

Play/Pause

New Posts

More

鳥と生きもの

More

お花や植物

More

NZアウトドアブランド&ギア

メリノウールよりすごいアウトドアウェア新素材。軽くて暖かいNZ産「ポッサム・ファー」って!?
7099

メリノウールよりすごいアウトドアウェア新素材。軽くて暖かいNZ産「ポッサム・ファー」って!?

マックパックやカトマンドゥ、アイスブレーカーなど、数々の良質なアウトドアブランドを世に送り出し続けている国、ニュージーランド。国の代名詞ともいえる羊から採ったメリノウールはその品質の良さでほかの追従を許さず、快適で温かいメリノウール製品はア...
NZのKatumanduで登山靴購入!さて、お手入れ方法は??
3887

NZのKatumanduで登山靴購入!さて、お手入れ方法は??

ニュージーランドのアウトドアブランドと言えば真っ先に名前の挙がるKatumandu(カトマンズ/カトマンドゥ)。 先日、年に四回ある割引きセールの時をねらって、以前から欲しいと思っていた登山靴を購入してきた。 . さて、真新しい登山靴を手に...
More

新着記事

karamatura Loop Track
275

動画で紹介!ワイタケレ原生林を歩くカラマツラ・ループ・トラック

これまで難易度様々なトレッキングコースを紹介してきたけれど、今回はちょっと新しい試み。Gopro8を手に入れたので、動画撮影もしながら歩いてみた。今日紹介するのは、まだこのHPでアップしてないオークランド近郊のおすすめコース、ワイタケレ・リージョナルパークの「Karamatura Loop Track (カラマツラ・ル...
pikopiko
2947

マオリ族も食べていた!?ニュージーランドの森で採れる山菜7選

ニュージーランドのトレッキングコースは、日本のそれに比べてずいぶんと長いものが多い。人気が高いグレートウォークスを筆頭に、NZでは数日かけて歩く縦走コースが主流だし、なかには国を南北に3000キロ縦断するテ・アラロアなんて究極のコースもあるくらいだ。 さて、そんなニュージーランドの長い山歩きにおいては、少しでも道中の”...
https://www.flickr.com/photos/beauconsidine/48828194316/in/photolist-2hoMg2f-2hsvq7n-27eMDFy-26qmWzy-YVAkhe-8qmJjD-H8uJYb-XNogjC-24U2ERt-2gQYmhf-LWs6sE-PvHC7P-2hCg2tw-2gssDFb-QM2gdd-2i5gmqo-NzhJVL-21CoL8s-2a3dTAV-C1yGVy-2hb85JX-T7H9Vh-L8AmG3-247wq8Z-2hqf7rE-2hb2Awt-25gnk5t-2htneMz-quayPB-2h16nHP-PxWA1D-2hjixb5-2h4efLV-2gSh2RM-2aTaNQN-22nLFAn-MBBVL5-PgdFcZ-2gQvyER-2gEfUev-2h7uYX4-z5gaH9-zU5v7h-2h6UtuK-QvpXdp-MqF68b-sZMiQL-2e23zB6-NRyeN1-2hJkfXA
2147

NZ最大の蝶・オオカバマダラが激減中!?原因はいったい何?

大きなオレンジ色の蝶が青空を舞う姿は、夏のニュージーランドの風物詩とも言っていいくらいよく見かける光景だろう。オレンジの蝶とは、ニュージーランド最大の蝶として知られるモナーク・バタフライ Monarch Butterfly(和名はオオカバマダラ)。色が派手なおかげで遠くからでも見つけられる、NZで最もポピュラーな生きも...
NZでスピアフィッシング
2244

僕がニュージーランドでスピアフィッシング(水中銃)を始めた3つの理由

12~2月の、真夏を迎えたニュージーランド。僕は週末を迎えるたびにそわそわして、ありったけの遊び道具を車に詰め込んで出かける日々が続いている。行き先は、もちろん海!それもビーチではなくて、ひと気の少ない岩場に狙いを定め、ウェットスーツを着込んで銃を持って潜りにでかけている。そう、スピアフィッシングにハマッてしまったのだ...
ロトルアのブルーレイク
2712

【ロトルア】静かな湖畔が美しい、ブルーレイクでハイキング!

ロトルアと言えば温泉やマオリの文化体験がよく知られているけれど、一方で「素晴らしい湖がたくさんあるアクティブティ天国」でもある。地図でロトルアをみてみると、中心部から東側に大小さまざまな湖があって、しかもアウトドアの国・ニュージーランドだけにどの湖もハイキングコースが通っているのだ。 この記事では、その中でも比較的アク...
紅葉みごとな秋のニュージーランド。でも、原生林は紅葉しないって本当!?
3294

紅葉みごとな秋のニュージーランド。でも、原生林は紅葉しないって本当!?

4月から5月ごろにかけて、秋のニュージーランドでは紅葉がピークを迎える。 僕の住むオークランドでも街路樹や街中の木々が赤や黄色に色づいてきていて(この記事は5月上旬に執筆)、人々の目を楽しませてくれている。南島のアロータウンという町では毎年この時期になるとオータム・フェスティバルと題して紅葉を背景に開拓時代に思いを馳せ...
NZ在住者が勧める、オークランド近郊のファーマーズ・マーケットTOP5!
4271

NZ在住者が勧める、オークランド近郊のファーマーズ・マーケットTOP5!

NZ各地で開催される週末のファーマーズマーケットに足を運んだことはあるだろうか?週末の青い空のもと、コーヒーを片手に活気あふれるマーケットを歩いてみよう。色とりどりの食べ物に、個性豊かなアートや雑貨・・そこでしか買えない“一品もの”を生産者さんと言葉を交わして購入したり、地元アーティストのライブミュージックに耳を傾けた...
落差153m! NZ北島が誇る最大の滝『ワイレレ・フォールス』の頂上へいこう!
3594

落差153m! NZ北島が誇る最大の滝『ワイレレ・フォールス』の頂上へいこう!

トレッキングにおいて、「滝」というのは最高のギフトだ。 豪快なしぶきをあげる滝が道の先にあるなら足取りも軽くなるし、滝が作りだす川や崖は素晴らしいランドマークになって、単調になりやすいトレッキングコースにメリハリをつけてくれる。 今回僕が足を運んだニュージーランド北島の「ワイレレ・フォールス」は、その点でいえばこれまで...
軟水と硬水はどう違う?ニュージーランドの湧水の川から、水を読み解く。
3608

軟水と硬水はどう違う?ニュージーランドの湧水の川から、水を読み解く。

NZ北島のトレッキングコースの中でも、”湧水の川”に沿って歩けるとても珍しいコース「Blue Springs」。ある日ボトルウォーターの源泉地としても知られるこのコースを知人と歩いていたとき、川を眺めながら「ニュージーランドの水」の話をし始めると、常に水を観ながら歩いたせいか、その日は最初から最後まで「水」の話でもちき...
ダウトフル・サウンドのクルーズの一コマ
4175

景色よし、コスパよし!ミルフォードよりダウトフルサウンド・クルーズを断然勧める5つの理由

「ミルフォード・サウンドのクルーズか、ダウトフル・サウンドのクルーズ。どっちに乗ったらいいんだろう・・!?」 ニュージーランド南島への旅行を計画するとき、世界遺産地域のフィヨルドを巡るクルーズは旅のハイライトになりうる最上級のアクティビティだ。それだけに念入りに計画を立てようとして、ミルフォード・サウンドか、お隣のダウ...

こんな記事も読まれてます

https://www.flickr.com/photos/purecaffeine/8576213554/

【2019最新版】コロマンデル半島に行ったら訪れたい有名観光地トップ3と、行きかた&予約方法

オークランドからも日帰りで十分楽しめる手軽な観光地として人気の「コロマンデル半島」。のんびりした空気、数えきれないほどのビーチを求めて、夏になれば地元の人たちもこぞって足を伸ばすイチオシ・スポットだ。オークランドに住む僕も、自家用車を運転し...
こんな街中で羊の放牧!?オークランド近郊の”穴場”スポット『Mount St John Domain』でのんびり観光

こんな街中で羊の放牧!?オークランド近郊の”穴場”スポット『Mount St John Domain』でのんびり観光

オークランド郊外で、牧草地で草を食む羊の写真が撮れる場所として有名なのは、ガイドブックにも載っている『ワンツリーヒル』だろう。しかし、実は羊が見れるのはワンツリーヒルだけではない。オークランドには約50もの死火山があって、その多くはワンツリ...
「ワイトモ・ケーブス」3つの洞窟を楽しもう!「アラヌイケーブ」と「ルアクリケーブ」はどう違う?

「ワイトモ・ケーブス」3つの洞窟を楽しもう!「アラヌイケーブ」と「ルアクリケーブ」はどう違う?

NZ北島の観光地・ワイトモケーブ。 ここは土ボタルが見られる場所として知られ、洞窟内の小川を小舟で下って「洞窟の星空」を鑑賞するアクティビティーは世界中からの観光客を魅了してやまない。 ただ、このワイトモケーブ、日本語では単に「ワイトモケー...
ロトロア島 ボランティア 植林 オークランド

タカへもウェカもキーウィも見れる!オークランド沖合「ロトロア島」で植林ボランティアと飛べない鳥たち

アウトドアやトレッキングが好きでニュージーランドに移住したような僕にとって、植林などの自然保護ボランティアへの参加は欠かせない。遊んでばかりでなくて、できればその自然を保全する活動も同時にしていきたいからだ。 いくつものボランティアに参加し...
Return Top