NATURE ニュージーランド

ちょっとだけNZの自然に詳しくなれるネイチャーマガジン

マオリ族

Tagged

https://www.flickr.com/photos/24023006@N04/2281870583/in/photolist-4tDbCg-9JCM1E-9JD52y-5MMbBJ-9JCLqC-9JCV4u-9JCU8U-9JzYxa-9JCYbu-4Q379i-9JA7BM-9JAahT-9JAaEt-9JCVi1-9JA8FD-9JAhmT-9JAhbF-9JCVHS-9JAh2e-9JD62C-9JDaij-9JzZGV-9JD3c3-UKjScq-bMxpmp-YvRjce-qeA95b-qeA93C-pX5wTE-phTxBZ-5MH4X4-5MGXDX-5MMcTS-Z9dfDS-ddXS-dLiRcT-4Q7imy-4Q35g2-5MH4TR-4Q7oao-dLpnws-4Q7nsh-a1YFh-7tcv8k-7tgmVU-7taK4B-7tcJQc-7tft8u-7tcBHn-7tfS3E
5456

ウルル(エアーズロック)が登山禁止に。NZの聖地「トンガリロ」はどうなる?

長年続いていた論争に、ついに終止符が打たれるようだ。 お隣の国・オーストラリアが誇る世界遺産・ウルル(エアーズロック)。この山の頂への登山が、2019年から禁止になるというニュースが入ってきた。ウルルは「先住民の聖地」としても知られており、土地の権利を持つアボリジニが長い間登頂を禁止してほしいと政府を協議を続けていた。...
cabbage tree キャベッジツリー ニュージーランド 植物
3881

幹は煙突に、新芽は食料に。先住民マオリが愛用した「キャベッジ・ツリー」とは?

古くからほかの大陸から離れていたおかげで独特の生態系を持っているニュージーランド。生き物ではキーウィなどの飛べない鳥たちがよく知られているが、植物もキーウィに負けずNZ固有のものが多く、なんと植物の固有種率(=NZでしか見られない)は80%にものぼっている。 先住民マオリはこの土地に生える植物の特徴をよく把握し、それら...
ニュージーランドのヤシの木「ニカウ」。発見したマオリ族がガッカリした理由とは?
6064

ニュージーランドのヤシの木「ニカウ」。発見したマオリ族がガッカリした理由とは?

北は北端のレインガ岬から、南はクライストチャーチまで。 ニュージーランドにはたった一種類だけ、ヤシの木が生えている。 名前をニカウ(Nikau)といい、ヤシの木と聞いてイメージするようなビーチ沿いではなく、主に森の中で見ることできる。森の中にヤシ。なんだか不思議な光景だ。 さて、このニカウはほかのどの木よりも先住民族マ...
NZの植物・ランギオラ
5192

これがマオリ族のトイレットペーパー・・!? NZの植物『ブッシュマンズ・トイレットペーパー』とは?

ヨーロッパからニュージーランドに白人たちが渡ってくるより、はるか昔からこの地に暮らしてきた先住民族・マオリ族。彼らは深い森だったニュージーランドの植物をうまく利用し、建物に使ったり、医療に用いたり、もちろん食べ物にしたりして、すべてをうまく使って生活を送ってきた。 おもしろいことに、現代でも、東洋の漢方ならぬ「マオリ・...

こんな記事も読まれてます

カレカレビーチ テント キャンプ ハイキング トレッキング 

カレカレビーチでキャンプの夜!テント担いで、「トンネルキャンプサイト」へ

オークランドにはたくさんのビーチがあるけれど、僕がいちばん気に入っているのはカレカレビーチという西海岸のビーチだ。森に囲まれた黒砂のビーチは観光客もおらず、いついっても波と風の音だけが聞こえ、ちょっとしたパワースポットのような気配さえある。...
NZの飛べない鳥・タカへ(無断転載を禁止します)

ニュージーランドの飛べない鳥たちは、なぜ激減してしまったのか?

鳥の楽園として知られるニュージーランド。 はるか昔からほかの大陸と離れていたため哺乳類が存在せず(コウモリをのぞく)、進化の実験場のような孤島で生き物たちは様々な進化を遂げてきた。 ニュージーランドの進化で特に注目すべきは、なんと言っても鳥...
ラスプ・ファーン rasp fern

どうしてこんなに赤いの?NZのシダ「ラスプファーン」の赤さのヒミツ

ニュージーランドでトレッキングをしていてよく出会う植物はなんといってもファーン(シダ)だろう。NZの森には木のように生えるシダも多く、上にも下にもシダが茂る森は一度みたら忘れないインパクトがある。 さて、今日はそんなニュージーランドのシダの...
体長20センチの巨大ムカデが足元に・・!NZで起こった奇跡の進化とは?

体長20センチの巨大ムカデが足元に・・!NZで起こった奇跡の進化とは?

先日、コロマンデル半島にある「ピナクルズ(759m)」に登ったときのこと。 霧が立ち込め小雨が降る中、川岸の森で昼食を取っていると、突然、隣でおとなしく食事をしていた妻がびっくりするほどの悲鳴を上げた。指さす方向を恐る恐る見てみると、・・ ...
Kairuku penguin

現代のペンギンより大きい!体長130cmのペンギンの化石が大学の倉庫で見つかる。

なんだかニュージーランドらしくて面白いネイチャー・ニュース。オークランドで、太古のペンギンの化石が発掘されたというのだ。それも現代のペンギンよりも大きな、身長130センチ以上にもなろうかという巨大ペンギン。そんなすごい発見がどこであったんだ...
Return Top