NATURE ニュージーランド

ちょっとだけNZの自然に詳しくなれるネイチャーマガジン

幹は煙突に、新芽は食料に。先住民マオリが愛用した「キャベッジ・ツリー」とは?

幹は煙突に、新芽は食料に。先住民マオリが愛用した「キャベッジ・ツリー」とは?

古くからほかの大陸から離れていたおかげで独特の生態系を持っているニュージーランド。生き物ではキーウィなどの飛べない鳥たちがよく知られているが、植物もキーウィに負けずNZ固有のものが多く、なんと植物の固有種率(=NZでしか見られない)は80%にものぼっている。

先住民マオリはこの土地に生える植物の特徴をよく把握し、それらを生活に密着させて暮らしてきた。今日紹介するのは、マオリ族が最もよく利用した植物の一つで、「キャベッジ・ツリー」と呼ばれる木だ。
・・キャベツの木!?一体どんな木なんだろう?伝統的な利用方法もあわせて紹介してみよう。

ニュージーランドの植物「キャベッジ・ツリー」

cabbage tree nz 植物 キャベッジツリー
キャベッジツリー

 

以前『トレッキングをするなら覚えておきたい植物10選』の記事でも紹介した、NZ固有の植物「キャベッジツリー(Cabbage Tree、学名はCordyline australis)」。見た目としてはドラセナやユッカ、もしくはヤシのような風貌をしている木だ。

ニュージーランドは山好きには天国のような国だ。豊富な山々を舞台にたくさんのトレッキングコースが設置され、世界遺産地域のトレッキングは世界的にも人気がある。ここでしか見れない動植物が多いのも人気の秘密だろう。特に植物はなんとその80%が固有種、つまりNZにしか繁殖しない植物だとも言われている。僕は移住して丸2年になるが、植物を専門に仕事をしていることや毎週末のようにトレッキングに行くようになったことで、山でみかける植物はたいていは判別が聞くようになってきた。このページでは、そんな僕が思う「これだけ...

.

キャベッジツリーは一回見たら忘れない木だ。森のちょっと開けた場所や海岸沿いなんかにニョキッと生えていてよく目立つ上、細長い幹のてっぺんに細長い葉を茂らせただけの単純で特徴的な姿はかなり人目を引く。

園芸品種としても重宝されるので、森に行かずとも住宅街や公園でも目にする機会も多い。キャベッジツリーは、ニュージーランドの風景によく溶け込んだ、国を代表する植物と言ってもいいだろう。

キャベッジツリーの名の由来は?

僕がであった中でも最も大きなキャベッジツリー
僕がであった中でも最も大きなキャベッジツリー(ファンガレイ・ヘッド)

 

人里に近い環境に育つ木なので、キャベッジツリーは古くから人々に利用されてきた。

「キャベッジツリー」という妙な名前の由来は、新芽の部分がマオリ族やヨーロッパからの初期入植者の食料として利用されていたことに由来する。18世紀にNZを航海したキャプテン・クックの一団がマオリ族をまねてこのキャベッジツリーの新芽を湯がいて食べ、調べてみると栄養素がヨーロッパの野菜(キャベツなど)に近く野菜代わりに食べられることから、「キャベッジ・ツリー」なんて妙な名前がついてしまったのだという。(他の日本語ページでは「キャベツの味に似ているから」となっているが、これは誤り。)この論法だったら、ひょっとしたら「白菜の木」とか「レタスの木」になっていたのかもしれない。

マオリはこの木を積極的に利用し、新芽や根を食べ、葉は編んでカゴなどを作っていたという。
面白いのはヨーロッパからの入植者たちで、この木の幹に耐火性があることを突き止め、幹が空洞化した老木を切ってきては煙突にして使っていたのだそうだ。たしかに原生林にあるキャベッジツリーの老木は空洞がある木が多く、高さもゆうに10mを超えるものも多い。森に生きたブッシュマンならではの発想だと思わずにはいられない。

現代でも重宝されるキャベッジツリー

cabbage tree nz 植物 キャベッジツリー

 

キャベッジツリーはとても強い植物で、直射日光や風にも強く、荒れ地でも育つことができる。この特徴を利用して、現代のニュージーランドでは植林活動でも盛んに植えられている。マヌカやキャベッジツリーと言った荒れ地でも育つ木を先に植えて小さな森を作り、その後に大木になる種類の木の苗を植えれば、牧草地も森に戻すことができるというわけだ。今も昔も変わらず重宝されてきたキャベッジツリー。NZに旅行する機会があったら、ぜひこの木を探してみてほしい。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントはこちら

*

COMMENT ON FACEBOOK

こんな記事も読まれてます

癒しのメロディー。ニュージーランドの美しい鳴き声の鳥ベスト5

癒しのメロディー。ニュージーランドの美しい鳴き声の鳥ベスト5

ニュージーランドの鳥たちは、どういうわけか基本的に地味でシャイな鳥が多いように思う。 それだからだろうか、これまで何度もニュージーランドの森を歩いているうちに、僕はいつの間にか「鳥の鳴き声」に意識を傾けてトレッキングやバードウォッチングを楽...
そのビーチは泳いでも大丈夫?ニュージーランドのビーチの水質汚染度が一目でわかるサイト「Safe Swim」

そのビーチは泳いでも大丈夫?ニュージーランドのビーチの水質汚染度が一目でわかるサイト「Safe Swim」

12月に入ってからというもの、僕の住むオークランドは最高気温25°~前後の日々がつづいている。 NZで「今日の最高気温は25℃!」と言えば日本の感覚でいえば30℃を超えた真夏日のような感覚と言ってよく、ビーチで思い切り泳ぎたくなる夏の季節だ...
タカへはどこに!?鳥の楽園『ティリティリ・マタンギ島』のトレッキング地図

タカへはどこに!?鳥の楽園『ティリティリ・マタンギ島』のトレッキング地図

オークランドで自然を楽しみたいと思ったら真っ先に候補に挙がるのは、沖合の島「ティリティリ・マタンギ島」だ。 ここはニュージーランドで絶滅の危機に瀕する鳥たちを野生の状態で見られる鳥類保護の島。軽いハイキングもできて一日中遊べる、NZ屈指の観...
ニュージーランドでオーロラが見れる!?「サザン・ライツ」を探しに行こう!

ニュージーランドでオーロラが見れる!?「サザン・ライツ」を探しに行こう!

夜空に広がる光のカーテン、オーロラ。 この夜空の神秘はカナダやアラスカのような北極圏に近いエリアで見られるものとしてテレビなどでよく紹介されるけれど、実をいうと北極だけでなく南極でも見らる自然現象だとはあまり知られていない。 北極のそれは「...
tawharanui regional park

オークランド地域でキャンプがしたい!キャンプ場の探し方と予約方法。

ニュージーランドの自然と言えば南島の森や海がイメージされるかもしれないけれど、意外なことに大都市オークランド近郊にもキャンプ場を伴った“宿泊できる自然”がたくさん眠っている。 特にリージョナル・パークと呼ばれる、日本語で県立公園や自然公園と...
観光ビザでNZの銀行口座を開ける方法

観光ビザでNZの銀行口座を開ける方法

ニュージーランドの銀行の金利は世界的に見ても比較的高いことで知られている。 2016年現在でも、一ヶ月定期預金の金利は2.5%~。2年以上のコースともなれば4%を超えている。日本の0.1%さえ下回る金利からすればとても魅力的な数字だ。 でも...
Return Top