NATURE ニュージーランド

ちょっとだけNZの自然に詳しくなれるネイチャーマガジン

オークランド・ドメインはウナギが採れる池だった!?トタラの記念樹から探るドメインの歴史

オークランド・ドメインはウナギが採れる池だった!?トタラの記念樹から探るドメインの歴史

オークランドの中心部にほど近い場所にある同市最大の公園『オークランド・ドメイン』。なだらかな丘に一面の芝が美しく、頂点にはゴシック様式の重厚なオークランド博物館がそびえる風光明媚な観光スポットだ。

博物館のある丘に立てば、クリケットなどに使われる広々としたスポーツグラウンドが見渡せる。
ふと見ると、グラウンドの中央に取り残されたように浮かぶ小さな森があることに気が付くだろう。この森の中心にはひっそりと植えられた、ある『記念樹』がいまも残っている。

看板もサインも何もない、木製の低いフェンスで囲まれただけの記念樹。植えたのは初代マオリ族の王の末裔だった。マオリ族の想いが託されているこの記念樹から、オークランド・ドメインの歴史を紐解いてみよう。

オークランドドメインは、ウナギの採れる池だった!?

Auckland-Domain-4
広々としたオークランド・ドメイン。ここにはかつて大きな池があった。

オークランド・ドメインといえば、丘一面に広がる芝生の公園として知られている。
でもそもそも、どうしてそんなに起伏があるんだろう?

実は、ドメインは火山の噴火口跡だ。何十万年も前の噴火によってできた火口部がいつしかその活動を終え、現在のスポーツグラウンドの低地にはかつて大きな池があったという。

最初にこの地に住み始めたマオリ族はそんなドメインの土地をとても気に入っていたようだ。池には食料となる鴨やウナギが豊富にいて、持ち込んだクマラというイモも良く育つ豊かな土壌。見晴らしのいい丘は格好の見張り台として(Pa=パという。)使うことができた。ドメインはマオリ族にとってなくてはならない素晴らしい場所だったのだ。

ヨーロッパ人の入植者によって現在のドメインができた

オークランド ドメイン ニュージーランド

ドメイン。左手の小高い森に記念樹が植わっている

19世紀に入るとドメインはヨーロッパ人の手にわたり、池はオークランド市民の最初の水がめとしてしばらく利用されたが、のちに市民公園としての利用が決まると埋め立てられ、現在のような芝生の広がる公園が出来上がった。

この新たな公園がのちになって、マオリ族の一つの歴史の舞台になっていく。

ドメインの丘の上にマオリ王が暮らした

19世紀はマオリ族にとっては受難の一世紀だったと言っていい。
銃の流入によってマオリ族同士の戦争が激化したうえ、武装した政府軍に敗北を重ねて住む土地が次々に奪われていった時代だった。

そんな劣勢の中、政府軍と少しでも平等に渡り合うために、マオリ族はそれまでバラバラだった部族を集め、マオリ王を選出するという選択をする。選出された王こそ、ポタタウ(1800年頃-1860年)と呼ばれる人物だった。彼はヨーロッパ人たちと少しでもいい条件を引き出すためにオークランドに滞在することを決め、現在のドメインの丘の上にコテージを立てて交渉に臨んだと言われている。

そう、初代マオリ王ポタタウが政府との交渉の拠点として住んでいた場所こそ、オークランド・ドメインの丘だったのだ。

そして時が経て1940年。その孫にあたるマオリ王の末裔が、19世紀のマオリ戦争のレクイエムとして、またマオリと政府軍の間にかわされたワイタンギ条約の締結の記念として、マオリ族がよく利用してきたトタラというヒノキの一種を、王がかつて住んだこの場所に植樹したのだった。

トタラの記念樹 ワイタンギ ニュージーランド オークランド ドメイン 博物館

 トタラの記念樹

オークランド・ドメインにあるこの一本の記念樹は、マオリ王の末裔の想いにつながり、王が選ばれた背景を探れば、それはニュージーランドの成り立ちの歴史にもつながっていく。

皮肉にも博物館という歴史を学ぶ建物の隣に、ホンモノの歴史の生き証人が植えられているのだ。

皆さんもこのトタラの記念樹を前にして、ニュージーランドの歴史と関わった人たちへ思いを馳せてみてはいかがだろうか。

参考:Wikipedia : Auckland Domain, Te Puea Herangi
wikipedia 日本語- ポタタウ
The Aucklander – Domain’s rich secrets revealed
NZ Herald – Auckland’s Maori heritage

オークランドでも桜を見ることができるスポットがあって、春の季節には日本人をはじめとしたアジア人が待ってましたとばかりに花見を楽しむ光景を目にすることができる。以前にも紹介した、9月上旬ごろに街路に咲く台湾桜に、9月下旬から10月はじめごろに見ごろにな...

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ABOUT THE AUTHOR

園芸/造園/コラム外山みのる
ニュージーランド在住。20歳でNZワーホリ後、海外自転車旅や山小屋バイト等を経て再びNZへ。お仕事は園芸や造園、コラム執筆等。

コメントはこちら

*

COMMENT ON FACEBOOK

こんな記事も読まれてます

https://www.flickr.com/photos/purecaffeine/8576213554/

【2019最新版】コロマンデル半島に行ったら訪れたい有名観光地トップ3と、行きかた&予約方法

オークランドからも日帰りで十分楽しめる手軽な観光地として人気の「コロマンデル半島」。のんびりした空気、数えきれないほどのビーチを求めて、夏になれば地元の人たちもこぞって足を伸ばすイチオシ・スポットだ。オークランドに住む僕も、自家用車を運転し...
美しいルピナスの花が駆除の対象!?NZでルピナスが嫌われている理由とは。

美しいルピナスの花が駆除の対象!?NZでルピナスが嫌われている理由とは。

雪を冠した山々と雪解け水の川、そして平地に咲き乱れるルピナスの花・・・ニュージーランドのガイドブックやパンフレットの表紙には、きまって色とりどりのルピナスが咲き乱れる写真が使われている。きっとルピナスという花を知らなくても、どこかで見たこと...
北岳 山小屋アルバイト アルプス 南アルプス

頂上目指す登山はもうやめない?ニュージーランドに学ぶ、山そのものを楽しむ歩き方。

日本で登山をすると言えば、それはほとんど100%山頂に登ることを意味していると思う。 僕もこれまでまったく疑うことなく、登山というのは苦労して汗かいてどれだけ高い山に登るかである、と思ってきた。頂上を踏まない登山は成功とは言わない。登山地図...
ついに撮れた!モナーク・バタフライの羽化をタイムラプス動画で観てみよう!!

ついに撮れた!モナーク・バタフライの羽化をタイムラプス動画で観てみよう!!

『モナーク・バタフライを自宅に呼ぼう!』のプロジェクトを始めて1年目、これまで様々な視点からモナークバタフライの記事をかいてきた。 オークランドの自宅の庭に餌となる「スワンプラント」を植えるところから始めて、一年目は40匹もの幼虫たちを育て...
デフシッチ カウリ トラック コロマンデル

【コロマンデルでトレッキング】 古老カウリに出会う、デフシッチ・カウリ トラック!

オークランドから日帰りで行けるリゾート地として知られる、コロマンデル半島。 実はこの半島には広大な原生林が残っていて、トレッキングのメッカとしても知られている。 今回はそんなコロマンデルのトレッキングコースの一つ、古老カウリの大木を目指す「...
Return Top