NATURE ニュージーランド

ちょっとだけNZの自然に詳しくなれるネイチャーマガジン

どうしてこんなに赤いの?NZのシダ「ラスプファーン」の赤さのヒミツ

どうしてこんなに赤いの?NZのシダ「ラスプファーン」の赤さのヒミツ

ニュージーランドでトレッキングをしていてよく出会う植物はなんといってもファーン(シダ)だろう。NZの森には木のように生えるシダも多く、上にも下にもシダが茂る森は一度みたら忘れないインパクトがある。

さて、今日はそんなニュージーランドのシダの中でも、真っ赤で目立つシダ「ラスプファーン」をみに行ってみよう。その赤さの理由とは何だろう。理由を知れば、きっと思わず「賢い!」と思わずにはいられないはずだ。

NZのシダ、ラスプ・ファーン

ラスプファーン rasp fern
ラスプ・ファーン

低地の森の、ハイキングコース沿いには必ずと言っていいほど生えている「ラスプファーン RASP Fern(Blecnum parrisiae)」。森の中でも、多少開けたところや土手ぞいなんかでよく見かけるから、見たことがある人もきっといるだろう。Raspは「やすり」という意味があり、その名の通り固い葉を持っている。

ラスプファーンのイチバンの特徴は、真っ赤なその色合いだ。新芽は人目を引くビビッドな赤で、成長するにしたがって濃い緑色に変わっていく。これがコース上に切れ目なく続いていると、まるで誰かがガーデニングをしたんじゃないかと錯覚してしまうほどだ。

固い葉っぱに加え、土手にも生える強さのおかげで、割とどこでも育つシダとしてNZでは園芸品種としても使われている。NZではごく普通に見られるシダと言ってもいいだろう。

植物の葉っぱはなぜ赤い?

ラスプ・ファーン rasp fern
ラスプ・ファーン rasp fern

さて、ラスプファーンはどうしてこんなに葉っぱが赤いんだろう?
そういえば日本でも「アカメ(三重カナメ)」など新芽が赤い植物をよく見かける。ラスプファーンも新芽のときだけ赤い葉っぱだ。ということは、植物の葉が赤いのには何か共通の理由があるはず。この答えは、僕が以前オークランド近郊のエコツアーに参加したときにガイドに教わった。

ラスプファーンの”赤色”は、NZでアウトドアをするときに顔に塗るものと役割はおなじ。

つまり・・、

植物の葉が赤い理由は、「UV対策」なのだ。

赤い色素はアントシアニンといって、まるで日焼け止めのように紫外線から新芽を守ることができる。それで、植物の一部は赤くなることで芽を守り、生存競争を優位に進めようと進化をしてきたのだろう。

本来日陰でよく育つシダのなかでも、比較的日当たりのいいところに生えるラスプファーンは、赤くなることでせっせと「UVカット」をしていたというわけだ。

ニュージーランドという紫外線の強い国だからこそ、ラスプファーンは赤色に進化していったのかもしれない。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ABOUT THE AUTHOR

園芸/造園/コラム外山みのる
ニュージーランド在住。20歳でNZワーホリ後、海外自転車旅や山小屋バイト等を経て再びNZへ。お仕事は園芸や造園、コラム執筆等。

コメントはこちら

*

COMMENT ON FACEBOOK

こんな記事も読まれてます

モツタプ島のHome bay キャンプ場

オークランドはやっぱり「島」がイイ!ランギトト島&モトゥタプ島でトレッキング&キャンプ!

オークランド観光で強くおススメしたい場所がある。それは、「島」だ。 ワインで有名なワイヘキ島をはじめとして、オークランド沖合のハウラキ湾には大小さまざまな島が浮かんでいる。トレッキングやバードウォッチング、頂上からの絶景を堪能するには、それ...
ニュージーランド移住希望者が学生ビザから入る理由

ニュージーランド移住希望者が学生ビザから入る理由

海外に出たい、外国で暮らしてみたい、日本がいや、原発から逃れたい・・理由は様々だが、ニュージーランドにはたくさんの日本人が移住を希望してやってくる。 そこで王道というか、移住を希望する人がとる一番多い選択肢が、まず「留学をする」ことだ。 今...
北岳 山小屋アルバイト アルプス 南アルプス

頂上目指す登山はもうやめない?ニュージーランドに学ぶ、山そのものを楽しむ歩き方。

日本で登山をすると言えば、それはほとんど100%山頂に登ることを意味していると思う。 僕もこれまでまったく疑うことなく、登山というのは苦労して汗かいてどれだけ高い山に登るかである、と思ってきた。頂上を踏まない登山は成功とは言わない。登山地図...
Return Top