NATURE ニュージーランド

ちょっとだけNZの自然に詳しくなれるネイチャーマガジン

NZの象徴と扱われるシダ「シルバーファーン」の見事な生命力

NZの象徴と扱われるシダ「シルバーファーン」の見事な生命力

所要があってオークランドから橋を渡って北側のノースショアと呼ばれる地域に行った。高級住宅街が広がる海沿いの土地がまるまるハイキングコースになっている森林公園があったので、せっかくだからと歩いてみることに。Kauri Point Centennial Parkという森林公園では、意外なほど生命力あふれた植物たちに出会えので、少し紹介してみよう。

オークランドのカウリポイント・センテニアル・パーク

オークランド カウリ 公園

今回歩いてみたのはこの森林公園。Centennial というのは100周年とかそういった意味があるから、オークランド市の成り立ちにちなんでできた公園なのだろう。高級住宅街の隅っこにある森なので、こぎれいな”公園”なのかなと思っていたけど、小さいながらしっかり原生林。ニュージーランドの自然公園というか森のある公園は、こういう「自然を残すところはしっかり残す」とはっきり自然との境界線をつくる発想のものが多いように思う。だからここのように「住宅街に原生林」といった場所が忽然と現れる。

ラッキーなシルバーファーン

シルバーファーン 芽吹き
シルバーファーン

しばらく海岸に向かって森を歩いていると、谷間になった山肌に面白いものを見つけた。シルバーファーン、木性シダと呼ばれる木のように大きく育つNZ固有のシダだ。

背丈は2メートルほどのまだ小さなシルバーファーンなのだけど、こんなに一斉に芽吹いているのはとても珍しい。周りを見ると、谷間でやや湿った環境、大きな木の日蔭という木性シダにとって最高の生育条件。いいところに着地して芽吹けた幸運なやつだ。なんともラッキーなファーンに出会えたなぁと嬉しくなって何枚も写真を撮った。

マオリも利用したシルバーファーン

夜道に置いたシルバーファーン
夜道に置いたシルバーファーン

このシルバーファーンにはニュージーランド人なら誰もが知っている逸話がある。シルバーファーンという名前の由来は、葉を裏返すと緑ではなく銀色をしているからなのだけど、これをかつてのマオリ族(先住民族)は巧みに利用していた。

マオリ族は部族同士の戦闘が夜間に行われる際、仲間同士のやりとりに松明やかけ声を使うことをしなかった。そうすると敵に場所を悟られてしまうからだ。そこで、彼らは森の植物をうまく利用した。シルバーファーンを裏返して地面におけば、ちょうど月光に反射する天然の矢印と化す。そうして自分の向かった先を仲間に示すことで、無言のうちに敵陣に近づき戦闘を行うことができたという。

そんな逸話は転じて現代では「前進」や「躍動」の象徴となり、有名なラグビーの「オールブラックス」もこのシルバーファーンをエンブレムに使っているほどだ。日本で桜を知らない人はいないように、シルバーファーンはおそらくニュージーランドで一番知られた植物なんじゃないだろうか。

all-blacks-logo-vector-image
オールブラックスのエンブレム(ElaKiri.com)

そんなシルバーファーンが新たな”躍動”をめいいっぱい伸ばそうとしている姿というのは、なんて縁起のいい光景だろう。力強く芽吹くシルバーファンは、ニュージーランド版四葉のクローバーと言ってもいいのかもしれない。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ABOUT THE AUTHOR

園芸/造園/コラム外山みのる
ニュージーランド在住。20歳でNZワーホリ後、海外自転車旅や山小屋バイト等を経て再びNZへ。お仕事は園芸や造園、コラム執筆等。

コメントはこちら

*

COMMENT ON FACEBOOK

こんな記事も読まれてます

運がよければ街中でも!?ニュージーランドでいちばんド派手な野鳥を探そう!

運がよければ街中でも!?ニュージーランドでいちばんド派手な野鳥を探そう!

ここニュージーランドの鳥たちと言うのは、おしゃれに気を使わないというか、はっきり言うと地味な鳥が多い。『NZの鳥たち』と言う名の塗り絵がもしあれば、おそらく茶色を基本として、白と黒、たまに緑色でほとんどの鳥の色は塗れてしまうのではないだろう...
今月の人気記事トップ10 [2017年1月]

今月の人気記事トップ10 [2017年1月]

今年から「今月読まれた人気記事」をPV(ページビュー)ごとにランキング形式にして、毎月末にお届けしてみたいと思う。 さて、第一回は2017年1月のランキング。見逃した記事があれば目を通してみよう! 人気記事10位:成長すると形が変わる!?ニ...
「ワイトモ・ケーブス」3つの洞窟を楽しもう!「アラヌイケーブ」と「ルアクリケーブ」はどう違う?

「ワイトモ・ケーブス」3つの洞窟を楽しもう!「アラヌイケーブ」と「ルアクリケーブ」はどう違う?

NZ北島の観光地・ワイトモケーブ。 ここは土ボタルが見られる場所として知られ、洞窟内の小川を小舟で下って「洞窟の星空」を鑑賞するアクティビティーは世界中からの観光客を魅了してやまない。 ただ、このワイトモケーブ、日本語では単に「ワイトモケー...
日本で買うよりも安い!?マックパック(Macpac)の個人輸入でセール品をゲットしよう!

日本で買うよりも安い!?マックパック(Macpac)の個人輸入でセール品をゲットしよう!

アウトドア天国・ニュージーランドのアウトドアブランドと言えば、真っ先に名前が挙がるのはマックパックだろう。 カトマンドゥも有名だが厳密にはNZ発祥ではないし、しかも日本には代理店がないのであまり名前が知られていない。それに比べてマックパック...
https://www.flickr.com/photos/ahockley/32716002165/in/photolist-RR14CR-TmmyR9-T238c3-RJcWmo-SR5qZo-RBYJX3-Shiouj-qexpfb-RFEuQA-QVqpvb-S3kKcU-ScW8QR-SD9Zdk-QziRFS-TpbJSo-SbCUKy-R1i1Zc-S4Ev7s-R1h9ee-RToyjb-QVqcGS-RiL9uy-SA3qLr-RY2bGd-REWqZH-RNtaJZ-SupWxV-Sh5yrK-RFEuqs-qKvfbJ-RNe6T5-RXdVXg-SQuf35-RzSn3q-TadzEV-QVqqnS-ryr8QY-RNtbN2-RNtbcH-RBYL91-RzSoQo-SbCCXi-rjnXKF-RNtaP8-Ta3gSr-n7n361-RBSLCq-RPLLAL-mwpxht-RNtaUt

オーロラが見れる日を調べるには?「オーロラ天気予報」を活用しよう!

「オーロラがみたい!」 と、写真や映像を観て多くの人が思い立つのだけど、オーロラというのは自然現象だからどうしても当日のオーロラの規模や天気に左右されてしまうところがある。それ込みで神秘的な現象なんだと言えなくもないけど・・しかし、できれば...
Return Top