NATURE ニュージーランド

ちょっとだけNZの自然に詳しくなれるネイチャーマガジン

マオリ語との闘い!ニュージーランドの植物は名前がユニークすぎる!!

マオリ語との闘い!ニュージーランドの植物は名前がユニークすぎる!!

僕がニュージーランドに移住して最初にしたことは、専門学校に通うことだった。学部はHorticulture、つまり園芸や造園を学ぶコースで、当然、ニュージーランドの植物(ネイティブ・プランツと言う)を片っ端から覚えることからはじまった。

この名前を覚える作業はまさに地獄のように大変だった。
ナゼかというと、植物の名前が全部マオリ語だから..!!
今日は皆様にも、NZで植物を学ぶ専門学生の苦しみをご紹介してみよう。

オークランド郊外。近所の植物を採集してみると・・

マオリ語のニュージーランドの植物
マオリ語が難しいニュージーランドの植物

 

学校からの帰り道に、道沿いの植物を採集してみたことがある。
上記の写真、名前を手前から挙げてみよう。

マポウマイレリムピュリリファウカラムトタラカワカワレワレワ・・・

もちろん、妙な名前のものばかりを選んだわけではない。道端のネイティブ植物を集めただけでこんな感じなのだ。しかしまだまだこれらは序の口。もっとややこしいのを挙げてみよう。

笑っちゃうほどややこしい、マオリ語の植物名

ニュージーランドの植物の代名詞ともいえる木性シダ。英語ではファーン Fernだけど、これがマオリ語になると・・

wheki ponga ニュージーランド シダ 木
ウェキポンガ。ロトルア周辺の湖畔で撮影。

 

上のシダは、マオリ語では「Whekiponga ウェキポンガ」。ほかにも「ママク」「ポンガ」「ウェキ」などがあって、じつはファーンと一言で言っても種類がたくさんある。ファーンの種類については別の記事で説明しよう。

では次の問題。この植物の名前は?

ミンギミンギ photo by Flicker

 

Mingimingi ミンギミンギ。マオリ語名は、こんな風に繰り返すタイプの名前が多い。

下の写真はマンゲマンゲ(ちょっとエ〇い?)。もう呪文みたいだ。

マンゲマンゲ photo by Flicker

 

お次はニュージーランドの森に欠かせない大木、英語ではWhite Pine(白松)と呼ばれる大木だが・・

カヒカテア photo by Flicker

 

マオリ語ではKahikatea カヒカテア。下を噛みそうで、覚えるのに一番苦労した植物かもしれない。

最後の一枚。英語だと「マーブル・リーフ」というかわいらしい名前だが・・

その名も、プタプタウェタ。面白い名前だ。

 

図鑑を引くとそこ書いてあった名前は「PUTAPUTAWETA プタプタウェタ」・・。真面目に名前を付けてくれよと何度思ったことだろう。

NZの植物は英語・ラテン・マオリの3種を覚えなければならない!

このように、NZで植物の名前を覚えるとなると、英語だけでなく学名のラテン語や、さらにはマオリ語まで覚えることになる。さすがはニュージーランド、なにごとも一筋縄ではいかない国だ。

ちなみに、マオリ語は日本語の発音そのままでOK!
たとえば、rewarewa は「れわれわ」と言えばマオリの人に通じるし、逆に発音が完璧すぎて驚かれてしまう。この辺はマオリ人のルーツに関わってくる話なので、また別の機会に触れてみたい。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントはこちら

*

COMMENT ON FACEBOOK

こんな記事も読まれてます

チャンスは数年に一度!ニュージーランドの飛べないオウム『カカポ』に会いに行ってきた!

チャンスは数年に一度!ニュージーランドの飛べないオウム『カカポ』に会いに行ってきた!

2018年9月28日。この日は僕にとって、ちょっと特別な日になった。 なぜなら、総数148羽しかいない(2018年現在)ニュージーランドの飛べない鳥の一種「カカポ」に、10年以上も想い焦がれた末にようやく会うことができたからだ。 まんまるで...
kidney fern nz キドニー ファーン

な、なんだコレ?トレッキング中に見かけたカワイイ植物『キドニー・ファーン』

原生林を歩いていると、思わず立ち止まって眺めてしまうようなカワイイ植物に出会うことがよくある。というか、多すぎるせいで、いつも一緒にあるく奥さんには置いていかれてしまうくらい(笑)、ニュージーランドの森は面白い植物であふれている。 先日オー...
P8149116 〇 mokoroa falls モコロア滝 オークランド ハイキング トレッキング 滝

できれば教えたくないけれど..!!オークランドの隠れたトレッキング・スポット「モコロア滝」が美しい!

オークランドの近郊にはたくさんの滝がある。 ガイドブックを読めば、きっとオークランド南のフヌア大滝や、ワイタケレにあるキテキテ滝あたりなら載っているのかもしれない。実際、どちらも見ごたえのある素晴らしい滝だ。 でも、僕にはひそかに「その美し...
ラスプ・ファーン rasp fern

どうしてこんなに赤いの?NZのシダ「ラスプファーン」の赤さのヒミツ

ニュージーランドでトレッキングをしていてよく出会う植物はなんといってもファーン(シダ)だろう。NZの森には木のように生えるシダも多く、上にも下にもシダが茂る森は一度みたら忘れないインパクトがある。 さて、今日はそんなニュージーランドのシダの...
カイパラコースト・スカルプチャートレイル(オークランド)

アートを楽しみながらトレッキング!?オークランドから一時間の「カイパラコースト・スカルプチャートレイル」がすごい

先日オークランドから車で北西へ40分のウォータースライダー付き温泉「パラカイ温泉」に遊びに行った際、周辺で何か遊べるところはないかと探してみたら、まるで野外美術館のような、“野外アートも楽しめるトレッキング”ができる場所があった。 野外美術...
Return Top