NATURE ニュージーランド

ちょっとだけNZの自然に詳しくなれるネイチャーマガジン

まるで野外美術館!?ブリックベイ・ワイナリーの「Sculpture Trail」は隠れた観光スポット!

まるで野外美術館!?ブリックベイ・ワイナリーの「Sculpture Trail」は隠れた観光スポット!

オークランドから北に一時間、毎週土曜のマーケットでも知られる「マタカナ地方」は、ワイナリーの宝庫だ。オークランドからの日帰り観光で「マタカナツアー」を選ぶ人はとても多いし、僕のツアーでも「マタカナのワイナリーを周りたい!」とよく要望が届く。特に近年はワインのレベルも上がって賞も受賞するなど、その評価は上昇する一方だ。

さて、そのマタカナ・ワイナリー群の一つに、『Brick Bay Wines(ブリックベイ・ワインズ)』というワイナリーがある。ここは僕の中では超おススメの「オークランドの隠れた観光スポット」だ。なぜなら、素晴らいワインだけでなく、広い敷地に彫刻を配置したウォーキング・トレイルまで造られていて、ワインにレストランに美術鑑賞と、一石三鳥の素晴らしい体験をすることができるからだ。さっそくどんなところか紹介してみよう。

マタカナ・ワイナリー群の「Brick Bay Wines」

Brick bay Wines by HP

 .

オークランドから車で北に走ること約50分、マタカナよりも少し手前の「snells beach」という海沿いの丘に建つワイナリー、『Brick Bay Wines』。1986年と始まりは比較的最近ながら、200エーカー(約24万坪)の広大な敷地でワイン用のブドウを育て、ワインの味付けに使うハチミツやオリーブも自前で育てるなど、ハンドメイドにとことんこだわったワインを作り続けている。

Brick Bay Wines  –  オンラインショッピングもできる。

 .

ブリックベイ・ワイナリーの面白さは何と言っても広大な敷地を利用した「スカルプチャー・トレイル」だ。地元のアーティストが意を凝らして制作した彫刻が森や芝生、ブドウ畑に点在し、その数はなんと64点(2017年)にも及んでいる。これがザ・彫刻といったものから、意表を突くもの、音がでるもの、クスッと笑ってしまうものなど、大人から子どもまで見飽きない個性あふれる作品ばかり。次項では、ブリックベイでどんな体験ができるか、写真をたくさん使ってみてみよう。

ブリックベイ・ワインの「スカルプチャー・トレイル」

ブリックベイ・ワインズ入口から撮影。ブドウ畑に森。写真には写っていないが羊の牧草地も見えた。
レストランで料金(12ドル)を支払う。マップを貰って出発だ!

.

海を見下ろす丘から未舗装路を降りていくと、ブリックベイ・ワイナリーの真新しいレストランと、それを囲むようにブドウ畑が見えてくる。レストランに入って「スカルプチャー・トレイル」の説明を聞こう。トレイルの入場料は一人12ドル。僕のときはなぜか「ディスカウントしてあげるね」と10ドルになったのだけど・・学生か何かと間違えられたんだろうか(苦笑)?

ちなみに、ここではワインテイスティングも楽しめる。こちらはテイスティング3点セットでお一人8ドル。ボトルを買えばテイスティング代は無料になる。さて、マップを貰ったらさっそく歩き出してみよう。初心者でも子どもでも体力的にはまったく問題なしゆっくり歩いて1時間くらいの、ちょっとした軽いお散歩コースだ。

ブリックベイの野外美術作品。これはDaughter of the swampという名前らしい。
コースはだんだんと森の中へ・・ちょっとしたトレッキングコースだ。野鳥もたくさん!

最初は池やお庭の中を彫刻を観ながら歩いていく。だんだんと周囲は木々に覆われ、コースの奥の方は上の写真みたいにほとんど森の中だ。まるで原生林のトレッキングコースみたいで気持ちがいい。木々の間にひっそりと彫刻作品がぶら下がっていたりして、地図とにらめっこしながら進んでいく。音楽が流れる作品もあったりと、ちょっとした宝探しみたいな気分だ。

トレイル沿いに点々と作品がある。それぞれ趣向が違って面白い。
きっと日本の文化に影響されたアーティストの作品なんだろう
大きな落ち葉!

野外のアート作品も面白いけど、鳥&植物好きの僕としてはどれだけ野鳥やNZ固有の植物が見られるかもひそかに期待していて、歩く前は「でもきっとそんなに野鳥は見れないんだろうな・・」と思っていたけれど・・結果は鳥も植物も大満足!

ワイナリー&牧草地からNZ固有の植物だけの森までが一つの敷地内にあるおかげで、むしろコテコテの原生林にいくより簡単にNZ固有の鳥たちを見ることができた。ニュージーランド鳩(ケレル)、ファンテイル、ツイ、グレイウォーブラーなどなど・・。一時間足らずでいろいろな種類の野鳥が見れるコースって、ありそうでなかなかないものだ。

本当にこのブリックベイ・ワインは、このマタカナ地域の面白いところがすべてセットになった素晴らしい場所だと思う。あまり知られていないのが不思議なくらいだ。

ちょっとしたカウリの森も! Brick bay wines
3月でちょうど収穫間際のブドウたち。brick bay wines

.

のんびり歩いてもトータルで一時間くらいでレストランに戻ってくることができた。
ワインテイスティングと彫刻トレイルをセットに、できればレストランでの食事もするつもりで足を運べば、半日しっかりマタカナ地方を満喫できると思う。brick bay wines、本当におすすめだ。

ちなみに、トレイル上にある彫刻作品はすべて買うこともできる。一つ1万ドルくらいするけど・・貰えるマップの裏に値段が書いてあるので、欲しい作品があったらチェックしてみるといいかもしれない・・。^^;

Brick Bay Wines HPはこちら
場所はこちら!

オークランド地域のそのほかのウォーキング&トレッキングコースはこちら!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントはこちら

*

COMMENT ON FACEBOOK

こんな記事も読まれてます

東の海から西の海まで!オークランド『コースト・トゥ・コースト』で街並みウォーク!

東の海から西の海まで!オークランド『コースト・トゥ・コースト』で街並みウォーク!

ニュージーランドに数あるトレッキングコースと言えど、これほど特色あるコースはそうそうないだろう。 トレッキングとは言っても歩くのはアスファルト。東の海(太平洋)からスタートして、目指すは西側の海、タスマン海。オークランドの都市部を東西に貫く...
マフランギ自然公園

オークランド近郊でキャンプをしよう。【マフランギ自然公園】のテント泊レポ

ぼくがまだ東京で仕事をしていたころ、よく神奈川の丹沢にキャンプをしに出かけていた。仕事がおわってすぐにテント場に向えば、夜の8時には山の中に張ったテントの中で紅茶をすすることができる。その手頃さが良くて、何度もただただテント泊をしたいがため...
ニュージーランドで一番おいしいアイスクリームはどれかって?そんなの、Mr.Whippyに決まってますよ!

ニュージーランドで一番おいしいアイスクリームはどれかって?そんなの、Mr.Whippyに決まってますよ!

ニュージーランド人はアイスクリームやソフトクリームをほんと~うによく食べる国民だと思う。 食後のアイスはもちろん、そこにトッピングまで乗っけちゃうこともしばしば。NZ人は甘いものに目がなく、アイスクリームは毎日のように食べている印象がある。...
北岳 山小屋アルバイト アルプス 南アルプス

頂上目指す登山はもうやめない?ニュージーランドに学ぶ、山そのものを楽しむ歩き方。

日本で登山をすると言えば、それはほとんど100%山頂に登ることを意味していると思う。 僕もこれまでまったく疑うことなく、登山というのは苦労して汗かいてどれだけ高い山に登るかである、と思ってきた。頂上を踏まない登山は成功とは言わない。登山地図...
最大60%オフ!ボクシングデーが一年でも最も割引率が高い日だ。

NZのアウトドアブランド【カトマンドゥ】のオンラインショッピングが便利すぎる

以前からたびたび紹介しているニュージーランドのアウトドアブランド・カトマンドゥ。NZの主要都市の数よりも多い支店数を展開するこの最大手のブランドは、オンライン・ショッピングにも力を入れている。よくよく調べてみると、このオンラインショッピング...
Return Top