NATURE ニュージーランド

ちょっとだけNZの自然に詳しくなれるネイチャーマガジン

バードウォッチング

Tagged

かつては賞金首!?なぜNZの山岳オウム・ケアは羊飼いに撃たれていたのか?
3181

かつては賞金首!?なぜNZの山岳オウム・ケアは羊飼いに撃たれていたのか?

マウント・クックやミルフォードサウンドなど、ニュージーランド南島の高山地帯を旅行していて大きなオウムに出くわした、という人も多いだろう。そう、NZ南島には、山岳地帯に住むオウム、ケア(Kea=ミヤマオウム)という珍しい鳥がいる。 世界で唯一、森林限界以降に住む、NZ固有種のオウム・ケア。彼らはオウムだけに賢く、また好奇...
ウェスタン・スプリングス
1970

野鳥観察にもってこい!オークランドの「ウェスタン・スプリングス」はイチオシ観光スポット

こういうHPを書いていると、僕のもとにはよく野鳥関連の質問が寄せられる。 その中でも特に多いのは、 「オークランドでバードウォッチングをするには、どこに行くのがいいんでしょう?」 という質問だ。 これに対しては僕には明確な答えがあって、 まず、まる一日時間が取れる場合は、オークランド沖合の島「ティリティリ・マタンギ島」...
赤い嘴に青い羽。ニュージーランドの鳥「プケコ」の面白い小話7選
6940

赤い嘴に青い羽。ニュージーランドの鳥「プケコ」の面白い小話7選

レンタカーやバスの車窓から、あるいは郊外の公園を散歩をしていて、青っぽい羽と赤いくちばしをもった鳥を目にしたことはないだろうか?ニュージーランドが初めての人にとっては、なんとなくNZらしい生きものに出会えてうれしくなる鳥であり、またNZをよく知る者にとっては、逆に見慣れすぎて「またいるね」くらい生活の一部と化している鳥...
くらべて納得!ニュージーランド・ファルコンとハリアー(チュウヒ)の見分け方
2676

くらべて納得!ニュージーランド・ファルコンとハリアー(チュウヒ)の見分け方

ニュージーランドには2種類の猛禽がいる。 固有種の「New Zealand Falcon :ニュージーランドハヤブサ(以下、ファルコン)」と、在来種の「Australasian Harrier :ウスユキチュウヒ(以下、ハリアー)」がそれだ。同じ猛禽ということで混同しがちなこの2種類は、どうやって見分けたらいいんだろう...
【保存版】ニュージーランドの鳥の名前。英語、マオリ語、日本語リスト
4390

【保存版】ニュージーランドの鳥の名前。英語、マオリ語、日本語リスト

ニュージーランドの鳥は種類こそ多くないものの、ほとんどすべての鳥に英語名だけでなくマオリ語名もついており、現地人によるガイドウォークなどに参加するとマオリ語名が普通に登場する。日本人はさらに和名も気になってくるところなので、鳥一種類とっても「英語名」「マオリ語名」「和名」の3種類を覚えなければならず、これは慣れていない...
ひらひら、まるで蝶ちょみたい。愛らしいNZの野鳥「ファンテイル」
4599

ひらひら、まるで蝶ちょみたい。愛らしいNZの野鳥「ファンテイル」

ニュージーランドでトレッキングをしているとき、目の前を大きな蝶ちょみたいな鳥がひらひら・・と思ったら、大きな扇のしっぽがパッと開いて目が釘づけになってしまった・・・なんて、そんな経験をお持ちの方はいないだろうか? ひらひらとまるで蝶か落ち葉のように空中を舞い、ひとの後をついてくる、とっても人懐っこいニュージーランドの小...
みんな個性的!オークランドの渡り鳥観察会で出会った海鳥7種類
3850

みんな個性的!オークランドの渡り鳥観察会で出会った海鳥7種類

オークランド市が主催する無料の「渡り鳥の観察会」があるというので行ってみた。 観察会が行われたのは、オークランド国際空港にも近い、海沿いにあるアンバリー自然公園(Ambury Regional Park)。ここは遠浅の内湾のようになっていて、たくさんの野鳥や海鳥を見ることができる。特に今回の観察会の目玉となっていたのは...
PB126404 Mt.Eden マウント イーデン
7562

マウント・イーデンのハイキング案内!野鳥と草花を思う存分楽しもう。

言わずと知れたオークランドの観光名所、標高196mのマウント・イーデン(Mt.Eden)。 山の頂上からはシティの街並みが間近に見下ろせるとあって、週末は特にたくさんの人でにぎわっている。 都市と住宅街に囲まれたマウント・イーデンは実は意外なほど野鳥や草花が見られるスポットでもあり、僕は以前近くに住んでいたこともあって...
ティリティリ・マタンギ島
2113

新着!ティリティリ・マタンギ島の美しさが分かるおすすめ動画5選!

以前からたびたび紹介しているオークランド沖合の鳥の楽園『ティリティリ・マタンギ島』。 NZを代表する鳥の保護区でもあるティリティリ島は、ほかでは見られない貴重な鳥たちが数多く生息している。タカへやペンギンなどを一目見ようと、夏のシーズンは定員150人のフェリーの予約が取りにくくなるほど人気の島だ。 そんな人気急上昇中の...
癒しのメロディー。ニュージーランドの美しい鳴き声の鳥ベスト5
6467

癒しのメロディー。ニュージーランドの美しい鳴き声の鳥ベスト5

ニュージーランドの鳥たちは、どういうわけか基本的に地味でシャイな鳥が多いように思う。 それだからだろうか、これまで何度もニュージーランドの森を歩いているうちに、僕はいつの間にか「鳥の鳴き声」に意識を傾けてトレッキングやバードウォッチングを楽しむようになってきた。声だけを聞いていると、ニュージーランドの鳥たちは独特でメロ...

こんな記事も読まれてます

真っ白でかわいい鳥のヒナたち!11~12月はムリワイビーチのベスト・シーズン

真っ白でかわいい鳥のヒナたち!11~12月はムリワイビーチのベスト・シーズン

ガネット(カツオドリ)のコロニーが見られる、オークランド近郊の観光スポット「ムリワイビーチ」。冬の間をオーストラリアで過ごしたガネットたちは毎年春になるとNZに戻ってくる。つがいをつくるのがだいたい10月~11月くらい。首を重ね合わせるよう...
メリノウールよりすごいアウトドアウェア新素材。軽くて暖かいNZ産「ポッサム・ファー」って!?

メリノウールよりすごいアウトドアウェア新素材。軽くて暖かいNZ産「ポッサム・ファー」って!?

マックパックやカトマンドゥ、アイスブレーカーなど、数々の良質なアウトドアブランドを世に送り出し続けている国、ニュージーランド。国の代名詞ともいえる羊から採ったメリノウールはその品質の良さでほかの追従を許さず、快適で温かいメリノウール製品はア...
ニュージーランドの”飛べない鳥”全5種類を写真で紹介。世界でここだけのユニークな鳥たち

ニュージーランドの”飛べない鳥”全5種類を写真で紹介。世界でここだけのユニークな鳥たち

人間がやってくるまで哺乳類がおらず、”鳥の楽園”だったニュージーランド。長きにわたって天敵がいなかったおかげで多くの鳥たちは飛ぶことをやめ、あるいはほとんど飛ばなくなり、まるで進化の実験場のように思い思いの進化を遂げてきた。 現代のNZの鳥...
コファイ ニュージーランド 国花

ニュージーランドの国花『コファイ』ってどんな花?いつ&どこで見られる?

日本で桜を知らない人はいないように、ニュージーランド人で「コファイ」という単語をしらない人はいないんじゃないだろうか。コファイ(Kowhai)とは、ニュージーランドの国花になっているお花が咲く木で、春を告げる身近な木として昔から親しまれてい...
Return Top