NATURE ニュージーランド

ちょっとだけNZの自然に詳しくなれるネイチャーマガジン

生きもの

Tagged

野鳥やお花の判別に超便利!googleの「画像で画像検索」を使いこなそう
7991

野鳥やお花の判別に超便利!googleの「画像で画像検索」を使いこなそう

「生きものやお花、植物の名前を、撮った写真からすぐに判別してくれるアプリってないかなぁ」と、僕はずっと思っていた。実際、生きものを識別してくれる系のアプリは探してみるとあるにはあるのだけど、どれも使用感がいまいちだったり日本国内制限だったりして、ベストなものに出会えずにいた。 でも、つい先日、ついに僕はそれらの生きもの...
オスとメスでまったく違うクチバシを持つ鳥「フイア」。彼らが絶滅に追い込まれた理由とは・・
3158

オスとメスでまったく違うクチバシを持つ鳥「フイア」。彼らが絶滅に追い込まれた理由とは・・

いつもは美しくて素晴らしいニュージーランドの自然を紹介する当HPだけど、今日だけはちょっと”負の側面”、つまりすでにいなくなってしまった鳥たちの話をしてみたいと思う。 たった100年ほど前まで、ニュージーランドの北島の森には、世界でも例のない、オスとメスでクチバシの形がまったく違う、変わった鳥がいた。その鳥の名前は、フ...
48時間の儚い命。NZ最大の蛾「プリリ・モス」を探しに、夜の森へ・・
3993

48時間の儚い命。NZ最大の蛾「プリリ・モス」を探しに、夜の森へ・・

夜の10時。僕はオークランド西に広がる原生林地帯、ワイタケレ・フォレストに向かっていた。 「アラタキ・ビジターセンター」という森の中の観光案内所に車を停めると、20mほど先にある駐車場の街灯の灯りを見つめた。この街灯に、僕が探している生き物がやってくるはずなのだ。すぐそばの木の上でモアポーク(NZアオバズク)が鳴いてい...
ビーチで”何者か”に刺されたダイバーが重傷!犯人はサメではなく、あの魚だった・・
3668

ビーチで”何者か”に刺されたダイバーが重傷!犯人はサメではなく、あの魚だった・・

ちょっとびっくりするようなニュースが、2017年の年末に流れてきた。 NZ北島の田舎のビーチで、浅瀬を歩いていたダイバーが”何者か”に足を刺され、救命ヘリコプターに助けを求めて一命を取り留めるというアクシデントがあったという。 不思議なことにこのニュース、最初こそ「サメの襲撃事件」として取り上げられていたものの、コトの...
ニュージーランドの巨鳥・モアはなぜ絶滅したのか?
30022

ニュージーランドの巨鳥・モアはなぜ絶滅したのか?

ニュージーランドの原生林は、奥深い。苔が木々のあらゆるところからぶら下がり、視界の上から下までやさしい緑で覆われている。それはまるで、架空の生き物たちが暮らす幻想的な世界のようだ。僕はそんなNZの原始の森を歩いているとき、いつもあることを思わずにはいられない。それは、 「この国の森にまだモアがいたら、どんなにおもしろい...
ニュージーランドの生きものを専門家が識別してくれる無料アプリ『クエスタゲーム』って!?
2470

ニュージーランドの生きものを専門家が識別してくれる無料アプリ『クエスタゲーム』って!?

今ニュージーランドで使えるアプリを探していろいろとトライ(&エラー)をしているのだけど、やはり今のところ僕にとってNo.1のアプリは『クエスタゲーム』というアプリだ。 このアプリ、なんと生き物の写メを送ると画面の向こうの専門家が識別してくれるスグレモノ。どんなアプリで、どうやって使うのかを解説してみよう。 無料のNZア...
成長すると形が変わる!?ニュージーランドが生んだ不思議な植物『ランス・ウッド』
5253

成長すると形が変わる!?ニュージーランドが生んだ不思議な植物『ランス・ウッド』

生きものたちが思い思いに進化し、飛べない鳥・キーウィなど、ほかでは見られないユニークな生き物たちが多数誕生したニュージーランド。しかし、面白い進化を遂げたのは何も鳥や昆虫ばかりではない。そう、そこに生きる植物たちも、ずいぶんと面白い進化を遂げてきた。 なかでも、とりわけ奇妙な進化をしたのが『ランスウッド Lancewo...
Q&A ニュージーランドに危険な毒グモはいる?噛まれた時の対処法は?
6478

Q&A ニュージーランドに危険な毒グモはいる?噛まれた時の対処法は?

Q ニュージーランドに危険な生き物はいますか? A  大きな動物や毒ヘビがいないニュージーランドにも、いくつか気を付けるべき危ない生き物たちがいる。森や民家の庭先で遭遇する危険な生き物といえば、まず気を付けるべきは前回紹介した4種類のハチ。そして、レアではあるが3種類の毒グモがいる。さっそく、毒蜘蛛の写真や生息域、そし...
Q&A ニュージーランドにヘビっているの?
5303

Q&A ニュージーランドにヘビっているの?

皆さんから寄せられた素朴な疑問にお答えしていく「ニュージーランドQ&Aコーナー」。 今回のお題は、「ニュージーランドにヘビっているの?」 毒蛇の有無、これは確かに気になるだろう。特に家族づれで旅行するなら、危ない生き物の情報は押さえておきたい。今日はNZのヘビについて、お答えしてみよう。 ニュージーランドにヘビ...
ティリティリ島の飛べない鳥、タカへ
4258

ティリティリ島(オークランド)で自然保護ボランティアに参加しよう!

「自然保護のボランティアがしたい!」 と思ってニュージーランドにワーホリにやってきた僕が、最初に見つけたボランティアがオークランドの沖合にある島「ティリティリ・マタンギ島」だった。ここは最初こそ知らなかったものの、ニュージーランド随一の鳥の楽園として知られる島だ。ボランティアスタッフとして島に渡ると、無料で、しかも一週...

こんな記事も読まれてます

体長20センチの巨大ムカデが足元に・・!NZで起こった奇跡の進化とは?

体長20センチの巨大ムカデが足元に・・!NZで起こった奇跡の進化とは?

先日、コロマンデル半島にある「ピナクルズ(759m)」に登ったときのこと。 霧が立ち込め小雨が降る中、川岸の森で昼食を取っていると、突然、隣でおとなしく食事をしていた妻がびっくりするほどの悲鳴を上げた。指さす方向を恐る恐る見てみると、・・ ...
ブルースプリング

川そのものがミネラルウォーター!北島の『ブルースプリング』を歩く

空気がおいしく、水もおいしい、ここニュージーランド。ミネラルウォーターもお店にいけばたくさん種類が並んでいて、僕もトレッキングに行くときはよく購入して持っていく。 ところで、あるときボトルを手に取って、ふと疑問がわいた。 「このよく売られて...
マックパック製品レビュー。『ステンレス・タンブラー』はお気に入りの一品!

マックパック製品レビュー。『ステンレス・タンブラー』はお気に入りの一品!

ニュージーランドに住むようになってから、身の回りのアウトドアグッズがこれまでモンベル一辺倒からマックパック&カトマンドゥ一辺倒(二返倒!?)になってきた。理由はいろいろあるが、最大の理由はモンベルがNZでは買えない上に、これらの”ご当地ブラ...
デフシッチ カウリ トラック コロマンデル

【コロマンデルでトレッキング】 古老カウリに出会う、デフシッチ・カウリ トラック!

オークランドから日帰りで行けるリゾート地として知られる、コロマンデル半島。 実はこの半島には広大な原生林が残っていて、トレッキングのメッカとしても知られている。 今回はそんなコロマンデルのトレッキングコースの一つ、古老カウリの大木を目指す「...
cabbage tree キャベッジツリー ニュージーランド 植物

幹は煙突に、新芽は食料に。先住民マオリが愛用した「キャベッジ・ツリー」とは?

古くからほかの大陸から離れていたおかげで独特の生態系を持っているニュージーランド。生き物ではキーウィなどの飛べない鳥たちがよく知られているが、植物もキーウィに負けずNZ固有のものが多く、なんと植物の固有種率(=NZでしか見られない)は80%...
Return Top