NATURE ニュージーランド

ちょっとだけNZの自然に詳しくなれるネイチャーマガジン

ニュージーランドで自然保護ボランティアに参加しよう!

ニュージーランドで自然保護ボランティアに参加しよう!

僕が以前ワーキングホリデーでニュージーランドに滞在していたなかで、いちばん思い出深い体験だったのが「自然保護のボランティア」だった。

最初こそなかなか探し当てることができず、「どうやったらボランティアができるんだろう?」と悩んでいたけど、いったん探し方のコツがつかめると、それからトントン拍子にやりがいのあるボランティアをすることができた。

きっと自然に関わったり、動物と関わったりする仕事をニュージーランドでやってみたいという方もたくさんいるだろうから、これから何記事かにわけて、ぼくのNZでのボランティア経験を書いてみたいと思う。ニュージーランド人はとにかく優しい。特に自然を相手にする人たちの優しは底がしれないくらいで、きっとそんな人たちとボランティアで汗を流せば、忘れられない素晴らしい体験になるはず。今日はまずは、『ニュージーランドの自然保護ボランティアの探しかた』から入っていこう。

ボランティアの探し方。~僕の失敗例~

2006年、僕はまだ20歳のとき、「自然保護に関わる仕事がしたい」と思ってニュージーランドにやってきた。

最初は情報がまったくなかったから、大都市に移動してはその地域の「volunteer centre」なるところにいって聞き込み、もしくはForest&Birdなどの大手自然保護NGOの門をたたいてボランティア登録をしてまわっていた。

でも、この方法だとどうしても時間的なロスが多く、名前を登録したところからの連絡は一件も来なかった。今考えたらすごく非効率なことをしていたようだけど、右も左も分からないときはこんな感じだったのだ。

そんな状況が変わったのは、ニュージーランドの環境省(通称DOC=ドック)のボランティア募集のHPを見つけてからだった。

ボランティアの探し方1、NZ環境省のHPから探す

ニュージーランドで自然保護ボランティア photo by Flicker

 

「ニュージーランドで自然保護のボランティアをしてみたい!」と思ったときに、まず見ておきたいのは、ニュージーランド環境省(Department of Conservation=DOC ドック)のボランティア募集ページだ。

 

このページは素晴らしく便利で、NZ全国津々浦々の環境保護団体のボランティア募集要項が載っていて、連絡先も載っているので自分からアプローチをかけることができる。

僕はこのページから、オークランド沖合の鳥の楽園、「ティリティリマタンギ島」の一週間単位のボランティアを得ることができた。ボランティアの最中に地域の自然保護の団体の情報を得たりして、そのあとはトントン拍子にボランティア先を見つけることができた。僕としては、このDOCのページからとにかくまず一つやってみて、感覚をつかんでいくといいと思う。

ボランティアの探し方2、オークランド市のボランティア募集HP

植林ボランティア photo by flicker

オークランド地域でボランティアを探す場合は、DOCとは別にオークランド市の専用HPがある。Volunteering Aucklandというページがそれだ。

Browse volunteering roles from Volunteering Auckland

 

HPトップから入る場合は、[individuals]-[opportunities]とタブをクリックしていくとボランティアを検索できる。自然保護系なら[conservation&gardening]の項目を選ぶ。

DOCのそれよりも、こちらには小さな団体の募集ページも載っているから、都合が合いそうな団体があればEmailをしてみるといい。僕の経験上、メールをすれば、参加可能/不可にかかわらず、必ずどの団体も返事をくれる。

以上の2つのホームページからメールをしてみれば、きっとどこかの団体がいい返事を返してくれるはずだ。島で活動するボランティアは特に長期(1週間~)の募集もおおい。都合がつけば、そういった長めの活動の方が予算的にも優しいと思う。住み込みの場合、多くは滞在費無料か格安で住まわせてくれる。

 

ニュージーランドのボランティアは誰でも気軽に参加できる仕組みが整っている。英語ができなくたって、きっと丁寧に教えてくれるはずだ。この記事を読んで、やってみたいなぁと思っていた人は、だまされたと思ってメールを送ってみよう。きっとニュージーランドライフがいい方向に動き出すはずだ。

団体名仕事内容参加方法と体験談
ティリティリマタンギ島 Tiritiri matangi Islandエサ場や水場の管理、バードカウント、植林etc体験談を読む
アーク・イン・ザ・パーク Ark in the Parkトラップを森に仕掛けて害獣退治、ハイキングコースの整備体験談を読む
モツイヘ島 Motuihe Island植林、苗の管理体験談を読む
モツオラ島 Motuora Island植林、苗の管理体験談を読む
ロトロア島 Rotoroa Island植林体験談を読む
カイパティキ・プロジェクト Kaipatiki Project植林、苗の管理、外来の雑草退治体験談を読む
モツタプ島 Motutapu Island植林、苗の管理、雑草駆除体験談を読む
シェイクスピア自然公園 Shakespear regional park植林体験談を読む

アウトドアやトレッキングが好きでニュージーランドに移住したような僕にとって、植林などの自然保護ボランティアへの参加は欠かせない。遊んでばかりでなくて、できればその自然を保全する活動も同時にしていきたいからだ。いくつものボランティアに参加してきた中で、とりわけ面白い体験だったのは、オークランド沖合、ワイヘキ島の右隣にある「ロトロア島 Rotoroa Island」の植林ボランティアだった。飛べない鳥たちも見れる、素晴らしい景色の島。さっそくどんな場所だったか、写真も使ってレポートしよう。ロトロア島とは?上の地...

オークランドから一時間ほど北にいったところにあるシェイクスピア自然公園(shakespear regional park)。ここはオークランド市の自然公園であると同時に、鉄柵で囲われた鳥の保護区でもある。毎年冬の時期になると、この保護区内で植林活動が行われていて、僕は2016年にやっと参加することができた。その時の様子をお伝えしてみよう。シェイクスピア自然公園って? シェイクスピア自然公園&鳥の保護区。羊もまだいる。 オークランドから見て北側、小さな半島の先にあるShakespear regional park。羊の放牧もいまだに行われてい...

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントはこちら

*

COMMENT ON FACEBOOK

こんな記事も読まれてます

【オークランド・自然公園ハイキング】 貴重な飛べない鳥『タカへ』も見れる!?タハラヌイ自然公園のここがすごい。

【オークランド・自然公園ハイキング】 貴重な飛べない鳥『タカへ』も見れる!?タハラヌイ自然公園のここがすごい。

オークランドには26もの自然公園(Regional Park)がある。それぞれに素晴らしい自然や特色あるハイキングコースがあって、日本人にはまだまだ知られていない場所もたくさん眠っている。それらを実際に歩いてみて、レポートしてみようというの...
オークランドから50分!ムリワイビーチのガネット・コロニーは外せない観光スポット

オークランドから50分!ムリワイビーチのガネット・コロニーは外せない観光スポット

オークランドの隠れた観光スポットと言ったら、僕はまよわず「ムリワイビーチ」を挙げる。「聞いたことがない」という人はこの記事を見たら納得してもらえるだろうし、NZ経験者の多くは「知ってるけど足を運んだことはない」と言う人だと思うので、ぜひこの...
カレカレビーチ テント キャンプ ハイキング トレッキング 

カレカレビーチでキャンプの夜!テント担いで、「トンネルキャンプサイト」へ

オークランドにはたくさんのビーチがあるけれど、僕がいちばん気に入っているのはカレカレビーチという西海岸のビーチだ。森に囲まれた黒砂のビーチは観光客もおらず、いついっても波と風の音だけが聞こえ、ちょっとしたパワースポットのような気配さえある。...
Return Top