NATURE ニュージーランド

ちょっとだけNZの自然に詳しくなれるネイチャーマガジン

自然

Tagged

https://www.flickr.com/photos/beauconsidine/48828194316/in/photolist-2hoMg2f-2hsvq7n-27eMDFy-26qmWzy-YVAkhe-8qmJjD-H8uJYb-XNogjC-24U2ERt-2gQYmhf-LWs6sE-PvHC7P-2hCg2tw-2gssDFb-QM2gdd-2i5gmqo-NzhJVL-21CoL8s-2a3dTAV-C1yGVy-2hb85JX-T7H9Vh-L8AmG3-247wq8Z-2hqf7rE-2hb2Awt-25gnk5t-2htneMz-quayPB-2h16nHP-PxWA1D-2hjixb5-2h4efLV-2gSh2RM-2aTaNQN-22nLFAn-MBBVL5-PgdFcZ-2gQvyER-2gEfUev-2h7uYX4-z5gaH9-zU5v7h-2h6UtuK-QvpXdp-MqF68b-sZMiQL-2e23zB6-NRyeN1-2hJkfXA
511

NZ最大の蝶・オオカバマダラが激減中!?原因はいったい何?

大きなオレンジ色の蝶が青空を舞う姿は、夏のニュージーランドの風物詩とも言っていいくらいよく見かける光景だろう。オレンジの蝶とは、ニュージーランド最大の蝶として知られるモナーク・バタフライ Monarch Butterfly(和名はオオカバマダラ)。色が派手なおかげで遠くからでも見つけられる、NZで最もポピュラーな生きも...
世界に残った、たった5羽のブラック・ロビン。一種の鳥を絶滅から救った「オールドブルー」の物語
11506

世界に残った、たった5羽のブラック・ロビン。一種の鳥を絶滅から救った「オールドブルー」の物語

ニュージーランドの自然保全を語ろうと思ったら、どうしても外すことのできない一羽の小さな鳥の物語がある。 そのお話の主人公の名は『オールドブルー』。たった5羽だけ残された種「ブラックロビン」の、最後の母と呼ばれた鳥の物語だ。 1980年、絶滅の縁にあったブラックロビンは、たった一羽の繁殖できるメス=「オールドブルー」のお...
ビーチで”何者か”に刺されたダイバーが重傷!犯人はサメではなく、あの魚だった・・
2456

ビーチで”何者か”に刺されたダイバーが重傷!犯人はサメではなく、あの魚だった・・

ちょっとびっくりするようなニュースが、2017年の年末に流れてきた。 NZ北島の田舎のビーチで、浅瀬を歩いていたダイバーが”何者か”に足を刺され、救命ヘリコプターに助けを求めて一命を取り留めるというアクシデントがあったという。 不思議なことにこのニュース、最初こそ「サメの襲撃事件」として取り上げられていたものの、コトの...
期待以上の野鳥の楽園!タファラヌイ自然公園のエコロジー・トレイルを歩いてみた
1687

期待以上の野鳥の楽園!タファラヌイ自然公園のエコロジー・トレイルを歩いてみた

オークランド地域には日本でいう県立公園のような保護区「自然公園(Regional Park」)が全部で26もある。その中のいくつかは環境省の指定する鳥類保護区にもなっていて、鳥たちを保護する試みが続けられている。 先日久しぶりにそんな保護区の一つ、オークランドから車で北に1時間半の半島にある「タファラヌイ自然公園(Ta...
美しいルピナスの花が駆除の対象!?NZでルピナスが嫌われている理由とは。
11665

美しいルピナスの花が駆除の対象!?NZでルピナスが嫌われている理由とは。

雪を冠した山々と雪解け水の川、そして平地に咲き乱れるルピナスの花・・・ニュージーランドのガイドブックやパンフレットの表紙には、きまって色とりどりのルピナスが咲き乱れる写真が使われている。きっとルピナスという花を知らなくても、どこかで見たことがある方も多いだろう。 . でも、実のところ――ちょっと意外で、残念なニュースで...
リトルバリア島
1868

”ニュージーランドの箱舟”・リトルバリア島って!?島の最新映像が生き物の宝庫!

ニュージーランドには、ガイドブックにも載らず、一般の観光客どころかキーウィ(NZ人)にさえほとんど知られていない大きな島がある。 それは、北島北部にある「リトルバリアー島」という島だ。 ここは特別な許可証をもった研究者や環境省の職員しか立ち入ることができない、完全に隔離された自然保護区。 キーウィなど、絶滅にひんする貴...
実は火山の真っただ中のオークランドシティー。次の噴火はいつ!?
6725

実は火山の真っただ中のオークランドシティー。次の噴火はいつ!?

抱える人口は150万人と、ニュージーランド最大の都市として知られる北島のオークランド・シティー。 日本のように地震も少なく、オーストラリアのように山火事も少ない。夏は30度に届かず冬は氷点下を下回ることも少ない。こうして挙げてみるととても過ごしやすい都市だけど、実は大小50もの噴火口を抱える火山地帯のど真ん中に作られて...
落差20m!ファンガレイの名所「ピロア大滝」で滝行体験
1733

落差20m!ファンガレイの名所「ピロア大滝」で滝行体験

これまで数々の滝を訪ねて歩いた僕は、いよいよオークランド地域から抜け出してファンガレイにも足を伸ばすことになった。 今回行ってみたのは、ファンガレイの街から車で約40分、ダートの道の先にある隠れた名所「ピロア大滝」。 滝行の写真も撮れたので合わせてご紹介してみよう! ファンガレイのPiroa Fallsへ! オークラン...
【オークランド・自然公園ハイキング】 貴重な飛べない鳥『タカへ』も見れる!?タハラヌイ自然公園のここがすごい。
1663

【オークランド・自然公園ハイキング】 貴重な飛べない鳥『タカへ』も見れる!?タハラヌイ自然公園のここがすごい。

オークランドには26もの自然公園(Regional Park)がある。それぞれに素晴らしい自然や特色あるハイキングコースがあって、日本人にはまだまだ知られていない場所もたくさん眠っている。それらを実際に歩いてみて、レポートしてみようというのがこの【オークランド・自然公園ハイキング】シリーズ。 今回は、北に1時間半ほど車...
批判続出!NZ政府、河川の水質基準引き下げ「90%の川を泳げるように」
1821

批判続出!NZ政府、河川の水質基準引き下げ「90%の川を泳げるように」

ここ数日、ニュージーランドの各メディアはこの話題で持ちきりとなっている。 ニュージーランド政府はこの度、河川や湖の水質改善に関する新たな政策を発表した。 それは、河川環境改善のために、この先23年間で20億ドル(ドル/80円として1600億円)を搬出して河川環境を整備するなどし、2040年までに「90%の河川を泳げる川...

こんな記事も読まれてます

運がよければ街中でも!?ニュージーランドでいちばんド派手な野鳥を探そう!

運がよければ街中でも!?ニュージーランドでいちばんド派手な野鳥を探そう!

ここニュージーランドの鳥たちと言うのは、おしゃれに気を使わないというか、はっきり言うと地味な鳥が多い。『NZの鳥たち』と言う名の塗り絵がもしあれば、おそらく茶色を基本として、白と黒、たまに緑色でほとんどの鳥の色は塗れてしまうのではないだろう...
NZの有名アウトドアショップ3店舗がワンフロアに!NZで登山用品を買うならココに行け!

NZの有名アウトドアショップ3店舗がワンフロアに!NZで登山用品を買うならココに行け!

ニュージーランドと言えば豊かな自然をフィールドにしたアウトドア・アクティビティがあまりにも有名だ。ニュージーランドに行ったことがなくても、世界自然遺産に名を連ねる『ミルフォード・サウンド』や『トンガリロ山』などはどこかで見聞きしたことがきっ...
ニュージーランドの生きものを専門家が識別してくれる無料アプリ『クエスタゲーム』って!?

ニュージーランドの生きものを専門家が識別してくれる無料アプリ『クエスタゲーム』って!?

今ニュージーランドで使えるアプリを探していろいろとトライ(&エラー)をしているのだけど、やはり今のところ僕にとってNo.1のアプリは『クエスタゲーム』というアプリだ。 このアプリ、なんと生き物の写メを送ると画面の向こうの専門家が識別してくれ...
ニュージーランドの”飛べない鳥”全5種類を写真で紹介。世界でここだけのユニークな鳥たち

ニュージーランドの”飛べない鳥”全5種類を写真で紹介。世界でここだけのユニークな鳥たち

人間がやってくるまで哺乳類がおらず、”鳥の楽園”だったニュージーランド。長きにわたって天敵がいなかったおかげで多くの鳥たちは飛ぶことをやめ、あるいはほとんど飛ばなくなり、まるで進化の実験場のように思い思いの進化を遂げてきた。 現代のNZの鳥...
Return Top