NATURE ニュージーランド

ちょっとだけNZの自然に詳しくなれるネイチャーマガジン

世界に残った、たった5羽のブラック・ロビン。一種の鳥を絶滅から救った「オールドブルー」の物語

世界に残った、たった5羽のブラック・ロビン。一種の鳥を絶滅から救った「オールドブルー」の物語

ニュージーランドの自然保全を語ろうと思ったら、どうしても外すことのできない一羽の小さな鳥の物語がある。
そのお話の主人公の名は『オールドブルー』。たった5羽だけ残された種「ブラックロビン」の、最後の母と呼ばれた鳥の物語だ。

1980年、絶滅の縁にあったブラックロビンは、たった一羽の繁殖できるメス=「オールドブルー」のおかげで絶滅をまぬがれ、奇跡とも呼べる復活を果たした。この成功はその後のNZの自然保全活動に大きな影響を与え、数十年たった今でも、NZの熱心なナチュラリストの間では語り草となっているほどだ。

どうしてわずか残り5羽という絶滅の縁から、ブラックロビンは復活できたのだろう?
なぜ、オールドブルーは21世紀のNZでも語り継がれているのだろう?
1980年代、NZ本島から遠く離れたチャタム島で起こった、自然保全の奇跡のサクセス・ストーリーを追ってみよう。

NZ全土を襲った絶滅の波が、遠く離島にも・・1970年代、残り18羽に。

話の舞台は、NZ本島から東に遠く離れた「チャタム島 Chatham Island」という島だ。

NZ本島から約800キロも離れたチャタム諸島に外敵が入り込んだのは、おそらく18世紀の後半ごろだっただろう。そのころ、イタチや野良猫、大型のネズミと言った外来の哺乳類たちは、すでにNZ全土で猛威をふるっていた。逃げ方を知らない鳥たちの多くは絶滅し、外敵はいよいよ離島にまで侵入してきたのだ。

チャタム島とその離島
チャタム島とその離島 by The Travel Warehouse.

20世紀後半になって、事態を重く見た政府機関ワイルドライフ・サービス(環境保全省の前身)はようやく調査に乗り出した。この島だけに生息するNZ固有種「チャタムアイランド・ブラック・ロビン」はしかし、この時点ですでに18羽しか確認できなかった。外敵の侵入をまともに受けて、すでにチャタム諸島の最も大きな島では絶滅し、さらに離島の小さな島に、かろうじて生き残るだけになっていたのだ。

1980年、残り5羽。残った母親はわずか1羽の「オールドブルー」・・

Chatham Island black robin nest building
black robin

毎年のように数を減らしていくブラック・ロビン。
残り7羽になった時点で、すべてのブラックロビンは捕獲され、別の(もう少しだけ大きな)島に移されることになった。でも、新たな環境は助けにはならなかった。1980年に残ったブラックロビンは、世界にたったの5羽となってしまう。しかも、ちゃんと繁殖できるメスは一羽のみ。―――絶滅への扉が、いよいよ開こうとしていた。

ブラックロビンの最後の母は、足輪の色から「オールドブルー」と名付けられる。一縷の望みを託して、NZの自然保全史に残る保護活動が始まった。

嵐が呼んだ奇跡、托卵という新たな光

Black Robin
Black Robin   by alexandrawilsonblackrobin.blogspot.com

.

後にブラックロビンの繁殖プログラムリーダーとしてその名を知られることになるワイルドライフサービス職員・ドン・マートンは、年々減っていくブラックロビンをどうすれば救えるのか、答えを見つけられずにいた。その年も、健気にオールドブルーは巣をこしらえ、卵を産んでくれている。でも・・

「オールドブルーはヒナを毎年育ててくれる。でも、年に一羽増えても、自然に(老死などで)死んでいってしまう数の方が多いのが問題なのだ・・。」このままでは、じり貧なのは明らかだった。

そんなドン・マートンとブラックロビンを救ったのは、皮肉なことに島を襲った「嵐」だった。
島を襲った大型の嵐が、オールドブルーの巣と卵をダメにしてしまったのだ。ところが、それを見たオールドブルーは、すぐに別の巣をつくって新たに営巣をしようとするではないか。「これだ!!」とドンは思った。産んだ卵をすぐに別の鳥の巣に移せば、きっと彼女は新たな卵を産んでくれる。ヒナは他の鳥に育ててもらえばいいはずだ。そうすれば、倍の速さで数を増やせる!!

つまり、ここに「托卵」の試みが始まった。まず、同じ島に生息するグレイ・ウォーブラという小鳥の巣に、オールドブルーの生んだ卵を預けてみる。これは一応の成功を見た。ヒナは孵り、親鳥がせっせと餌を運ぶ光景が見られるようになったのだ。

ニュージーランド・ヒタキへの托卵で、ついに繁殖に成功!

ブラックロビンの托卵先に選ばれた、tomtit。
ブラックロビンの托卵先に選ばれた、tomtit。

.

しかし、10日ほどで、貴重なオールドブルーのヒナは托卵先の巣で死んでしまった。どうやら、ブラックロビンよりも一回り小さいグレイウォーブラでは、十分な餌を与えることができなったようだ。

それでもドンは諦めなかった。
「托卵自体は素晴らしいアイデアだ。きっと托卵先の鳥が小さ過ぎたに違いない・・。」

こうして、今度は背丈が同じくらいのトムティット(Tomtit = ニュージーランドヒタキ)に托卵をしてみる。卵からは無事にヒナが孵った。さあ、問題の10日目。これも無事に通過し、ヒナは元気いっぱい・・そしてついに、ついに、成鳥となって巣立つことに成功したのだった。

わずか残り5羽、繁殖できるメスは1羽という崖っぷちに立たされたブラックロビンは、こうして絶滅の縁から這い上がり、悲しい歴史となることを免れることができた。ドンの考案した托卵作戦に応えてせっせと卵を産んでくれたオールドブルーは、ロビンとしては奇跡ともいえるほど長い14年間を生き、その間にたくさんの子どもたちを巣立たせてくれた。それはまるで、自分が最後の1羽だと知っていたかのような振る舞いだった。今現在も残るすべてのブラックロビンは、この1羽の母「オールドブルー」の子孫だ。現在は140羽以上がチャタム諸島に暮らし、ブラックロビンは今なお順調に数を増やしている。

ニュージーランドが体験したこの劇的な”成功体験”が、後世に与えた影響は計り知れない。
”外来種が定着してしまった以上、NZの貴重な鳥たちは私たちの手で守らなければならない”――多くのNZ人がそんな想いを共有し、いつしかNZはConservation(自然保全)の先進国とまで言われるようになっていった。

語り継がれるサクセス・ストーリー。オールドブルーを観てみよう

嬉しいことに、今回紹介したブラックロビンのサクセス・ストーリーは、テレビ番組として詳細に放送されたものが、番組の公式ページからアーカイブとして観ることができるようになっている。英語だけれど、解説は聞き取りやすいのでぜひ観てみよう。1980年代当時の映像や、ドンの姿も見ることができる。(下の動画をクリック!)



また、絵本(Old Blue)にもなっているので、もし興味があったら図書館などで借りてみよう。きっといい学びになるはずだ。

ニュージーランドの絵本「オールドブルー」
ニュージーランドの絵本「オールドブルー」

参考記事:
NZonScreen – The Black Robin
DOC – Chathan island black robin
stuff – Black Robin – Story of Hope

そのほか、NZの自然保全のストーリーはこちら!

50年間絶滅していた!?NZの飛べない鳥、タカへの再発見物語

飛べない鳥が多く生息することで知られるニュージーランド。その中でも奇跡のような復活を遂げた鳥がいる。クイナ科で飛べない鳥、TAKAHE(タカへ)だ。 takahe @ tiritiri matangi island実はこのタカへは、50年もの間、記録上は絶滅した鳥だった。しかし”絶滅”から…

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントはこちら

*

COMMENT ON FACEBOOK

こんな記事も読まれてます

Return Top