NATURE ニュージーランド

ちょっとだけNZの自然に詳しくなれるネイチャーマガジン

ボランティア

Tagged

期待以上の野鳥の楽園!タファラヌイ自然公園のエコロジー・トレイルを歩いてみた
1991

期待以上の野鳥の楽園!タファラヌイ自然公園のエコロジー・トレイルを歩いてみた

オークランド地域には日本でいう県立公園のような保護区「自然公園(Regional Park」)が全部で26もある。その中のいくつかは環境省の指定する鳥類保護区にもなっていて、鳥たちを保護する試みが続けられている。 先日久しぶりにそんな保護区の一つ、オークランドから車で北に1時間半の半島にある「タファラヌイ自然公園(Ta...
総勢200人以上!シェイクスピア(オークランド)での植林イベントがすごかった!
1920

総勢200人以上!シェイクスピア(オークランド)での植林イベントがすごかった!

オークランドから一時間ほど北にいったところにあるシェイクスピア自然公園(shakespear regional park)。ここはオークランド市の自然公園であると同時に、鉄柵で囲われた鳥の保護区でもある。 毎年冬の時期になると、この保護区内で植林活動が行われていて、僕は2016年にやっと参加することができた。その時の様...
オークランド・ノースショアで自然保護ボランティア!カイパティキ・プロジェクトに参加してみた
1744

オークランド・ノースショアで自然保護ボランティア!カイパティキ・プロジェクトに参加してみた

オークランドの自然保護のボランティアを探していて、ノースショア地域に一件ボランティアを募集している団体を見つけた。カイパティキ・プロジェクト Kaipatiki Projectという団体で、ノースショアの森林保護や、各種の環境教育をやっているところだ。 これまで何度かここのボランティアに参加したので、どんな体験ができる...
ロトロア島 ボランティア 植林 オークランド
3209

タカへもウェカもキーウィも見れる!オークランド沖合「ロトロア島」で植林ボランティアと飛べない鳥たち

アウトドアやトレッキングが好きでニュージーランドに移住したような僕にとって、植林などの自然保護ボランティアへの参加は欠かせない。遊んでばかりでなくて、できればその自然を保全する活動も同時にしていきたいからだ。 いくつものボランティアに参加してきた中で、とりわけ面白い体験だったのは、オークランド沖合、ワイヘキ島の右隣にあ...
ランギトト島の隣の島、モトゥタプ島で植林活動に参加しよう!
1996

ランギトト島の隣の島、モトゥタプ島で植林活動に参加しよう!

ランギトト島の隣に、ちょっとだけ陸続きの島がある。 モトゥタプ島 Motutapu Islandと呼ばれるその島は、かつては牧草地だったものの、長年の植林活動の成果が上がって貴重な鳥たちの楽園に変わりつつある。 モツタプ島の自然を支えているのが、毎年何千人と参加するボランティア活動だ。通年参加できるこのボランティアの詳...
モツイヘ島 植林 ボランティア オークランド
2129

モツイヘ島(オークランド)での一泊植林ボランティア体験談

ワイヘキ島とランギトト島の間に、忘れられたようにぽっかりと浮かぶ小さな島、モツイヘ島 Motuihe Island。 ここはもともとあった牧草地に植林をして、森を取り戻そうとしている自然保護区の島だ。今現在(2016年)もボランティアの手によって植林が続けられ、あるべき自然が徐々に回復してきている。植林ボランティアに参...
モツオラ島 植林
1766

モツオラ島(オークランド)で5日間の植林ボランティア体験談

小さな無人島がそのまま自然保護区になっている、オークランド沖合の『モツオラ島 Motuora Island』。もともと羊や馬がいた牧草地に植林して、自然を戻そうとしている島で、冬の時期に定期的にボランティアを募集している。僕は5日間のプログラムに2回参加した。特別にスキルもいらず、だれでもできる自然保護ボランティア。ど...
西オークランドのArk in the Parkで自然保護ボランティア体験!
2426

西オークランドのArk in the Parkで自然保護ボランティア体験!

オークランドの郊外にある、ワイタケレ自然公園。日本で言う県立公園か国定公園みたいな広大な原生林が広がり、自然保護区であると同時に250キロものトレッキングコース が整備されたハイカー天国でもある。 さて、このワイタケレ自然公園の北部一帯は、さらに鳥類保護区になっていて、名前を「Ark in the Park」という。僕...
ティリティリ島の飛べない鳥、タカへ
3663

ティリティリ島(オークランド)で自然保護ボランティアに参加しよう!

「自然保護のボランティアがしたい!」 と思ってニュージーランドにワーホリにやってきた僕が、最初に見つけたボランティアがオークランドの沖合にある島「ティリティリ・マタンギ島」だった。ここは最初こそ知らなかったものの、ニュージーランド随一の鳥の楽園として知られる島だ。ボランティアスタッフとして島に渡ると、無料で、しかも一週...
ニュージーランドで自然保護ボランティアに参加しよう!
7231

ニュージーランドで自然保護ボランティアに参加しよう!

僕が以前ワーキングホリデーでニュージーランドに滞在していたなかで、いちばん思い出深い体験だったのが「自然保護のボランティア」だった。 最初こそなかなか探し当てることができず、「どうやったらボランティアができるんだろう?」と悩んでいたけど、いったん探し方のコツがつかめると、それからトントン拍子にやりがいのあるボランティア...

こんな記事も読まれてます

オスとメスでまったく違うクチバシを持つ鳥「フイア」。彼らが絶滅に追い込まれた理由とは・・

オスとメスでまったく違うクチバシを持つ鳥「フイア」。彼らが絶滅に追い込まれた理由とは・・

いつもは美しくて素晴らしいニュージーランドの自然を紹介する当HPだけど、今日だけはちょっと”負の側面”、つまりすでにいなくなってしまった鳥たちの話をしてみたいと思う。 たった100年ほど前まで、ニュージーランドの北島の森には、世界でも例のな...
メリノウールよりすごいアウトドアウェア新素材。軽くて暖かいNZ産「ポッサム・ファー」って!?

メリノウールよりすごいアウトドアウェア新素材。軽くて暖かいNZ産「ポッサム・ファー」って!?

マックパックやカトマンドゥ、アイスブレーカーなど、数々の良質なアウトドアブランドを世に送り出し続けている国、ニュージーランド。国の代名詞ともいえる羊から採ったメリノウールはその品質の良さでほかの追従を許さず、快適で温かいメリノウール製品はア...
https://www.flickr.com/photos/nationalzoo/6379061997/

ニュージーランドの国鳥・キーウィの鳴き声が聞きたい!おすすめのウェブサイト3選

ニュージーランドの国鳥にもなっている飛べない鳥、キーウィ。 現地のお土産店やガイドブックの写真では頻繁に見かけるほど有名だけど、実のところ数が減っているうえに夜行性なので、ほとんどお目にかかる機会はないと言っていい。NZに住んで3年目の僕で...
タカへはどこに!?鳥の楽園『ティリティリ・マタンギ島』のトレッキング地図

タカへはどこに!?鳥の楽園『ティリティリ・マタンギ島』のトレッキング地図

オークランドで自然を楽しみたいと思ったら真っ先に候補に挙がるのは、沖合の島「ティリティリ・マタンギ島」だ。 ここはニュージーランドで絶滅の危機に瀕する鳥たちを野生の状態で見られる鳥類保護の島。軽いハイキングもできて一日中遊べる、NZ屈指の観...
NZにもいる野生のワラビー。小さなオーストラリア『カワウ島』って!?

NZにもいる野生のワラビー。小さなオーストラリア『カワウ島』って!?

カンガルーやワラビーと言ったらお隣オーストラリアの生き物だけど、実を言うとニュージーランドにもワラビーがいる。しかも、動物園でも放し飼いでもなく、れっきとした野生のワラビーが見られる場所がある。 それは、オークランドからも日帰り圏内で行ける...
ラスプ・ファーン rasp fern

どうしてこんなに赤いの?NZのシダ「ラスプファーン」の赤さのヒミツ

ニュージーランドでトレッキングをしていてよく出会う植物はなんといってもファーン(シダ)だろう。NZの森には木のように生えるシダも多く、上にも下にもシダが茂る森は一度みたら忘れないインパクトがある。 さて、今日はそんなニュージーランドのシダの...
Return Top