NATURE ニュージーランド

ちょっとだけNZの自然に詳しくなれるネイチャーマガジン

オークランドのタカプナでハイキング!?ププケ湖のネイチャートレイル

所要があってオークランドシティからハーバーブリッジを渡った先の地域・ノースショアへ行ってきた。ここは割と高級な住宅街が並ぶ地域として知られていて、その中心部タカプナともなれば気の利いたビーチもあったりして、夏の盛りになるとちょっとしたリゾートといった雰囲気すらある。

でも、そんなタカプナにも、地図を見てずっと歩いてみたい場所があった。それは、Lake Pupuke(ププケ湖)。なんとも奇妙な名前だけどよくあるマオリ語のひとつだろう。その周辺はハイキング地図では緑地になっていて歩けるようだったので、コトのついでに歩いてみた。街中にある割には、NZ固有の野鳥や植物が数多く見れたので紹介してみよう!

都会に残る自然、タカプナのププケ湖を歩く

タカプナ・ププケ湖を歩く
タカプナ・ププケ湖を歩く

今回は湖の北側の緑地を歩いてみることにした。住宅街の行き止まりの道路の先からボードウォークが伸びていて、歩いて数分もしないうちに湖が見えてくる。そこから湖畔に沿って道が続いている。湖に沿って森が残されているみたいだ。

p_20161109_151709_hdr
タカプナ・ププケ湖の森

道は平たんで、森をしばらくあるくと湖が見渡せる芝生があって、また木々の間を抜けて次の芝生エリアに入っていく・・自然と公園の要素がバランスよく配置されていて、片道20分程度と、息抜きに歩くにはちょうどいいサイズ。まさに都会のオアシスと言いたくなるようなハイキングコースだ。

p_20161109_153153
NZの植物・カワカワ。マオリ族はこれをちょっとした麻酔薬として使っていた。
p_20161109_151440
緑の眩しいNZの植物・カラカ。ちょっと南国感がある大きな葉が特徴的。
タカプナ・ププケ湖
タカプナ・ププケ湖にあったNZのシダ・shining spleenwort。山ではよく見かけるが、まさか街中で出会えるとは!

バードウォッチングもなかなか楽しめるスポットだ。
池のある公園ではおなじみの黒鳥(Black Swan)をはじめ、NZの鳥たち・プケコ、ファンテイル、グレイウォーブラー、ツイなど。およそ街中の小さな湖畔の森にいそうな野鳥は確認することができた。鳥たちにとっても、きっといい森なんだろう。

黒鳥
タカプナ・ププケ湖の黒鳥たち。公園の鳥としてよく見かける。NZの鳥ではなく、人間が持ち込んだ鳥の一つだ。
Fantail bathing
一度会ったら忘れない鳥・ファンテイル。名前の通り大きな扇のような尾が特徴的。公園でも見れる数少ないNZの野鳥だ。

GPSログはこうなった

最後にGPSのデータを貼っておこう。さすがにこのコースならハイキング地図は使わなくて良さそうだけど、もし実際に歩く機会があったら頭の片隅に入れておいてほしい。片道ちょうど1キロ、標高差はたった24m。気持ちのいいウォーキングコースだった。

タカプナビーチで化石発見!?オークランドに眠る「化石の森」へ行ってきた!

オークランドのボタニックガーデンを散策していたら、ちょうど「恐竜展」なるものがやっていた。ニュージーランドの化石についてのパネルもあって何気なく見ていると、何やらオークランド地域でも化石が見られる場所があるらしい。「そんなところ、あったかな?」読…

ABOUT THE AUTHOR

園芸/造園/個人ガイド/コラム外山みのる
ニュージーランド(オークランド)在住。20歳でNZワーホリ後、海外自転車旅や山小屋バイト等を経て再びNZへ。移住を目指して家族で奮闘中。お仕事は園芸や造園、個人ガイド、コラム執筆。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

こんな記事も読まれてます

Return Top