NATURE ニュージーランド

ちょっとだけNZの自然に詳しくなれるネイチャーマガジン

体重は一円玉2枚分!「世界最小の鳥」はこんなに小さい

以前『ニュージーランド最大の鳥と最小の鳥』という記事の中で、「ライフルマン」という変わった名の鳥を紹介した。

鳥の楽園・ニュージーランドにはさまざまな鳥が生息している。国内で確認された鳥類は300種類以上にのぼり、そのうち約70種類ほどが「固有種」つまりキーウィやタカへなど世界でもニュージーランドにしかいない鳥たちだ。そんなユニークなニュージーランドの鳥たちは...

ニュージーランド固有の鳥「ライフルマン」はNZ最小の鳥で、体重わずか6g、体長は10センチにも満たない(7~9cm)。僕も実際に見たことがあるが、スズメより2周りくらい小さい、本当~に小さな鳥だ。

さて、ライフルマンの記事を書いているとき、ふと
「世界にはライフルマンより小さな鳥っているんだろうか?」
と疑問がわいてきた。さっそく調べてみると、世界にはどうやら信じられないくらい衝撃的なサイズの鳥がいるらしい。その鳥は皆さんも一度は聞いたことがある、あの鳥の仲間だった。今日は「世界最小の鳥」をレポートしてみよう。

まずは、NZ最小の鳥「ライフルマン」

Rifleman - Tītipounamu

世界最小に行く前に、まずはニュージーランドの鳥から。先ほどから名前が挙がっているライフルマンは、和名をミドリイワサザイと言って、ニュージーランド最小サイズの鳥だ。6gというのはティースプーン一杯ちょっとしかなく、想像してみるとこれがいかに小さいかお分かりになるだろう。

その小ささゆえに数が減っていて、一昔前まではNZ全土で見れたが現在では割と標高の高い原生林に追いやられるようにして生息している。北島のトンガリロやタラナキ山、南島の西側の山々でトレッキングをすれば、運がよければライフルマンに出会えるかもしれない。

世界最小の鳥「マメハチドリ)」

では、ライフルマンの体長7~9センチ、体重6gを下回る鳥とはいったいどんな鳥なんだろう?

答えは、きっと誰もが一度は聞いたことがある、ホバリングして蜜を吸うことで知られる「ハチドリ」の仲間だ。

Mellisuga helenae

中米のキューバに生息するハチドリの仲間、その名も
「マメハチドリ」(英語ではbee humming-bird)。
世界最小の鳥として知られ、体調は4~6センチ、体重はなんとたったの2gしかない
2gと言ったら一円玉2枚分!!ライフルマンのさらに半分ちかい極小サイズの鳥がいるなんて本当に驚きだ。

ちなみに、こんな小さな体のどこにそんな力があるのか、マメハチドリは一秒間に約80回も羽ばたくそうだ。さらに、求愛ディスプレーのときは驚異の秒間200回にもなるという。短命かと思いきや平均寿命も8年と比較的長い。きっとエサとなる豊富な花の蜜があるからこそこのような独特な進化をすることができたんだろう。

ちなみに、動画でみるとその大きさがよく分かる。うーん、なんて小さい!鳥と言うより昆虫のようだ。

ちなみに、日本の最小の鳥は・・

 

sid_mixさん(@sid_mix)がシェアした投稿


ついでに日本の最小の鳥も調べてみると、「キクイタダキ」と言う鳥が最も小さい鳥として知られているようだ。キクイタダキは体長10センチ、重さは5g程度。カタカナにすると分かりにくいが、漢字にすると「菊戴」、つまり頭の上が黄色い小鳥という意味がある。

こうして調べてみるといろいろと面白い事実も分かってくるし、ニュージーランドの生き物たちの立ち位置もよく分かってくる。今後もニュージーランドの自然で疑問に思うことがあれば記事にしていきたいと思う。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ABOUT THE AUTHOR

園芸/造園/コラム外山みのる
ニュージーランド在住。20歳でNZワーホリ後、海外自転車旅や山小屋バイト等を経て再びNZへ。お仕事は園芸や造園、コラム執筆等。

コメントはこちら

*

COMMENT ON FACEBOOK

こんな記事も読まれてます

真っ白でかわいい鳥のヒナたち!11~12月はムリワイビーチのベスト・シーズン

真っ白でかわいい鳥のヒナたち!11~12月はムリワイビーチのベスト・シーズン

ガネット(カツオドリ)のコロニーが見られる、オークランド近郊の観光スポット「ムリワイビーチ」。冬の間をオーストラリアで過ごしたガネットたちは毎年春になるとNZに戻ってくる。つがいをつくるのがだいたい10月~11月くらい。首を重ね合わせるよう...
NZ北島で山小屋一泊のトレッキング!ワイカト最高峰「マウント・ピロンギア」

NZ北島で山小屋一泊のトレッキング!ワイカト最高峰「マウント・ピロンギア」

ここ最近NZ北島の各地域の最高峰を登ろうとテーマを持ってトレッキングをしている。 前回までに「オークランド最高峰」と「ノースランド最高峰」にのぼったので(後者は敗退したが苦笑)、今回はハミルトンや土ボタルのワイトモケーブのある「ワイカト地域...
い・・痛い!ニュージーランドの毒草・イラクサに触れてみた結果・・

い・・痛い!ニュージーランドの毒草・イラクサに触れてみた結果・・

ヘビも大型哺乳類もいないニュージーランドにはさぞかし危険のない平和な森が広がっているものだと思っていたけれど、調べていくうちに実はそうではないことが分かってきた。 特に植物には死亡例もあるほど、誤って触ったり食べたりすると毒になるものも結構...
決死のディスプレー”擬傷”に感動・・ニュージーランド・チドリは子育てシーズン!

決死のディスプレー”擬傷”に感動・・ニュージーランド・チドリは子育てシーズン!

もう10年も前になるけれど、僕はニュージーランドで鳥の「擬傷(ぎしょう)」という行動を観たことがある。 「擬傷」というのはその言葉通り、鳥が傷をついたふりをするディスプレーのことで、チドリという種類の鳥たちが時折行う行動として知られている。...
Return Top